【ブーツ】

【K2】ENDER(エンダー)評価はフリースタイルが得意な少し硬めなブーツ!型落ちでも十分満足!

ENDERの評価
まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

この記事では、K2の数あるブーツの中でも「ENDER(エンダー)」を取り上げています。

K2といえばスキー・スノーボードを中心に事業を展開しているウインタースポーツ総合商社です。アメリカ発のブランドで傘下にはRIDEも所属しています。

そのため、製品の品質は高くファンも多いメーカーですね。それでは早速「ENDER(エンダー)」を紹介していきます。また、K2のスノーボードブーツをすべてまとめた記事もあるため気になる方はご確認ください。

sponsored

【K2】ENDER

サイズ感 フレックス(1柔⇔10硬)
普通 7
WEIGHT(1軽⇒10重) 締め付け力(弱⇒強)
6 6
サイズ
25.0-31.0(5mmピッチ)

Enderはオールマウンテンフリースタイルのスノーボードブーツで、ミッドからスティフなフレックスと伝統的なシェルのシューレースが特徴です。

Curtis Ciszekとの協力で調整され、次世代の機能が追加されました。レースロックやMobility Conda™とBOA®フィットシステムにより優れたフィット感があります。

Vibram® RollSole™アウトソールはグリップ力があり、耐久性もあることで長く使うことができます。

さらにarshmellow™振動吸収技術やEndo™ 2.0構造は快適さと一貫したフレックスを提供し、Intuition® Pro Foam 3Dライナーは足を包み込み履きやすいブーツに仕上がっています。

【K2】ENDERのジャンル適正

適応ジャンル:オールラウンダー

カービング
フリーラン
パウダー
グラトリ
キッカー(小~中)
キッカー(中~大)
ジブ
ハーフパイプ
管理人:まさやん
管理人:まさやん
エンダーのメリットとして、BOAフィットシステムのヒールリテンション付きモビリティコンダと組み合わせることで、比類ないフィット感を実現します。とにかくかかとが浮かないブーツです。

【K2】ENDERの型落ち

ENDERの型落ち

ENDERの定価は55,000円(税込)ですが、型落ちモデルになると40,000円前後になります。あまり数量もないため見つけた場合は早めの購入を検討してください。以下より、最安値を探すことができます。

まとめ

この記事ではK2「ENDER」について取り上げました。ENDERはやや硬めなオールラウンドなボードだということが分かりました。

特にパークでもビックキッカーでの安定感が抜群に良いです。HOLGATEというK2ブーツも似たジャンルを得意としています。

なかなかコアなユーザーにしか適しませんが、売れ行きは良いようでよく在庫切れになっているショップを見かけます。検討されている方はお早めにお買い求めください。

それでは、あなたのスノーボードライフがより充実したものになりますように!

sponsored
ABOUT ME
まさやん
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
記事URLをコピーしました