スノーボードのヘルメットはダサい:必要・不要のどちら?デザインが良いブランドも増加!

まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

「スノーボードのヘルメットはダサい」と感じる人は少なくありません。しかし、その背景にはさまざまな要因が絡んでいます。

デザインやファッション性の観点からヘルメットを選ぶライダーも多い一方で、安全性を最優先に考える人も増えてきました。

この記事では、スノーボードヘルメットの必要性や、デザインが良いブランドの増加について詳しく解説します。

ヘルメットの選び方一つで、スノーボードの楽しみ方や安全性が大きく変わるかもしれません。是非、最後までお読みください。

sponsored

スノーボードヘルメットはダサいとの認識の背景

スノーボードヘルメットはダサい

スノーボードのヘルメットに対する認識は人それぞれ異なります。一部のライダーはデザインやファッション性を重視し、「ダサい」と感じることも。しかし、その背景にはいくつかの理由が存在します。

西洋諸国と日本のヘルメットの意識

西洋諸国のスキーヤーやスノーボーダーの間でのヘルメットの使用率は非常に高いとされています。

特にヨーロッパや北米では、多くのスキーリゾートがヘルメットの着用を推奨することで文化として根付いています。

このような背景から、西洋諸国のライダーは安全性を最優先に考える傾向があります。

一方、日本ではヘルメットの使用率はまだ低く、デザインやファッション性が重視されることが多いです。

しかし、安全性を確保するためには、ヘルメットの適切な選択と使用が不可欠です。

ヘルメットをダサいと感じる理由

多くのスノーボーダーがヘルメットを「ダサい」と感じる背景には、そのデザインや色、形状に対する一般的な認識が影響しています。

特に、流行のファッションやアクセサリーとの相性を重視する若い世代にとって、ヘルメットのデザインは大きな要因となります。

しかし、ヘルメットの主要な目的は安全性を確保することです。そのため、衝撃吸収や通気性を向上させるためのデザインが採用されており、これが一部の人々には独特で違和感を持たれることがある。

安全性とデザインのバランスを理解することで、ヘルメットの真の価値を再評価するきっかけとなるでしょう。

スノボにヘルメットは必要・不要?

おすすめヘルメット

スノーボードを楽しむ上で、ヘルメットの必要性は非常に高いと言えます。特に初心者や高速での滑走を好むライダーにとっては、頭部を守るための重要なアイテムです。

スキー場でのヘルメットの重要性

スキー場は多くのリスクが潜んでおり、特に他のスキーやスノーボードとの接触、急な斜面での転倒などの事故が発生する可能性が高まります。

年間で数多くのケガが報告されており、中でも頭部へのダメージは非常に深刻な結果を招くことが知られています。

死亡するケースも毎年のように報告がありヘルメットを着用していれば助かったような事例も多くあります。例えば逆エッジの衝撃で頭部をアイスバーンに打ちクモ膜下出血で亡くなっています。

ヘルメットは、これらのリスクから頭部を守る最も効果的な手段として認識されています。そのため、安全なスキーやスノーボードを楽しむためには、ヘルメットの着用は不可欠であり、多くのスキー場や専門家からも強く推奨されています。

日本国内のスキー場ヘルメット義務化の動向

近年、スキー場での重大な事故や怪我の発生が社会問題となっており、その対策として多くのスキー場がヘルメットの着用を義務付ける方針を打ち出しています。

実際に、国内外の一部スキー場では、ヘルメット未着用者のリフト利用を制限するなど、具体的な取り組みが始まっています。

この動きは、スキーやスノーボードの安全文化の向上を目指すものであり、参加者の安全を最優先に考える現代のスキー場経営の姿勢を反映しています。

ただ、現状の多くはヘルメットの着用すらアナウンスすることはなくスキー場自体もヘルメットの着用についてしっかりと対策しているわけではありません。

スノーボードヘルメットが似合わないと感じる人へ

おすすめヘルメット

ヘルメットのデザインや形状にこだわる人は少なくありません。しかし、安全性や機能性を考慮すると、見た目よりもその他の要因を重視することが大切です。

恥ずかしいとの声

かつては「ヘルメットを着用すると恥ずかしい」という意見が一部のライダーから聞かれることもありました。

特に、若い世代や初心者の中には、ヘルメットのデザインや見た目に対する抵抗感を持つ人もいました。

しかし、近年では事故防止の意識の高まりや、ヘルメットデザインの多様化、さらにはプロライダーや有名人もヘルメットを着用する姿がメディアで取り上げられることが増えたことから、ヘルメットの着用が一般的となりつつあります。

現在では、安全性を最優先に考える多くのライダーが、恥ずかしさを乗り越えてヘルメットの着用を選択しています。

かっこいいデザインも多い

スキーやスノーボードのヘルメットのデザインは、近年、多様性を増しており、ブランドやモデルによってさまざまなスタイルが展開されています。

特に、従来の単調なデザインから一新し、つば付きやレンズ一体型などのオシャレなデザインが増加しています。

これにより、ユーザーは自分の好みやスタイルに合わせて、機能性とデザイン性を兼ね備えたヘルメットを選ぶことができるようになりました。

また、一部のヘルメットはバイザー付きとして発売されており、特撮ヒーローのような斬新なデザインが注目を集めています。

これらの進化により、安全性を確保するだけでなく、ファッション性も高めることができるヘルメットが増えてきており、多くのライダーに支持されています。

おしゃれで安全なヘルメットのブランド紹介

現在、多くのブランドがおしゃれで安全なヘルメットを提供しています。例えば、「anon.」や「bern」など、信頼性の高いブランドのヘルメットは、デザイン性と安全性を兼ね備えています。

デザイン性と安全性を兼ね備えたヘルメットを提供しています。最新の技術とトレンドを取り入れたヘルメット選びは、スキーやスノーボードの楽しみを一層高める要素となるでしょう。

別の記事では、スノーボードのヘルメットの選び方やおすすめブランドを詳細に解説しています。

まとめ:スノーボードヘルメットはダサい?必要・不要どちら?

この記事で伝えたかったことをまとめていきます。

  • スノーボードのヘルメットに対する認識は人それぞれ異なる
  • 一部のライダーはデザインやファッション性を重視し、「ダサい」と感じることもある
  • ヘルメットのデザインや色、形状に対する一般的な認識が影響している
  • 若い世代は流行のファッションやアクセサリーとの相性を重視する
  • ヘルメットの主要な目的は安全性を確保すること
  • 衝撃吸収や通気性を向上させるためのデザインが採用されている
  • 安全性とデザインのバランスを理解することで、ヘルメットの真の価値を再評価するきっかけとなるでしょう
  • かつては「ヘルメットを着用すると恥ずかしい」という意見が一部のライダーから聞かれることもあった

スノーボードのヘルメットに対する認識は人それぞれ異なりますが、一部のライダーからは「ダサい」との声も上がっています。

しかし、ヘルメットの主要な役割は安全性を確保することであり、その重要性は非常に高いです。

デザインやファッション性を重視するライダーも多い中、最近ではおしゃれで安全性も確保されたヘルメットを提供するブランドも増えてきました。

ヘルメット選びの際は、安全性はもちろん、自分の好みやスタイルに合ったデザインを選ぶことが大切です。

安全とファッション、両方を兼ね備えたヘルメットで、スノーボードをより楽しみましょう。

sponsored
ABOUT ME
まさやん
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
記事URLをコピーしました