【その他】

スノーボードの板を飛行機で運ぶ際の注意点と持ち込み方法

まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

冬のシーズンが到来し、多くのスノーボード愛好者が待ちに待った雪山への旅行を計画していることでしょう。

そんな中、「スノーボードの板を飛行機でどのように運べばいいのか?」という疑問を抱えている方も多いはずです。

飛行機での移動は便利で速い一方、スノーボードの板の持ち込みには特有の注意点が存在します。

この記事では、そんなスノーボードの板を飛行機で運ぶ際の具体的な注意点や持ち込み方法について詳しく解説しています。

目的地までの移動をよりスムーズにし、トラブルを避けるためのポイントをしっかりと押さえて、安心して旅行を楽しんでください。

この記事の要点
  1. スノーボードの板を飛行機に持ち込む際の注意点が詳述されている
  2. 持ち込み時のサイズや重さの制限について触れられている
  3. 各航空会社の規定や料金についての情報が提供されている
  4. スノーボードケースはキャスター付きがおすすめ(コスパ最強はコレ)

スノーボードの板を飛行機で運ぶ際の注意点

現在の私はスノーボード愛好者として、飛行機での移動時のスノーボードの持ち運びについての知識を持っています。このセクションでは、その知識を共有いたします。

飛行機でのスノーボードの持ち込み方法

まず、飛行機でスノーボードを持ち込む際の基本的な方法を説明します。多くの航空会社は、スノーボードをスポーツ用具として扱い、特別な手続きや料金が発生することがあります。しかし、その料金は一般的に3,000円から5,000円程度となっています。このため、事前に航空会社の公式サイトやカスタマーサポートに問い合わせ、正確な情報を得ることが大切です。

スノーボードの板のサイズと重量制限

次に、スノーボードの板のサイズと重量に関する制限を考慮する必要があります。一般的に、長さが160cm以下、重さが10kg以下であれば、追加料金なしで持ち込むことができます。ただし、これらの制限を超える場合、追加料金が発生することがあります。

飛行機内でのスノーボードの保管場所

飛行機内でのスノーボードの保管場所についても注意が必要です。多くの場合、オーバーヘッドビンには収納できないため、機内の特別なスペースに保管することになります。このような場合、事前に搭乗ゲートのスタッフに相談することで、スムーズに搭乗できるでしょう。

航空会社の運搬ガイドライン

ANAは日本の主要な航空会社の一つであり、スノーボード愛好者にとっても重要な選択肢となっています。

ANAの手続きと料金について

ANAでは、スノーボードはスポーツ用具として扱います。無料荷物として預けることができますが、3辺の合計が203㎝を超える場合には事前にANAへ連絡しておく必要があります。

具体的には、予約時やチェックイン時にスポーツ用具としての持ち込みを申告する必要があります。また機体によっては長さ制限があるため、念のため確認しておくことをおすすめします。ANAの機種ごとの最長辺をご覧ください。

LINEアプリを利用したANAメッセージサービス(期間限定サービス)にてサイズと重量を伝えることができます。詳しくはANA公式情報を確認しましょう。

JALの手続きと料金について

JALでは、スノーボードの持ち込みに関するルールが設けられています。具体的には、スノーボードの長さが200cm以下、重さが10kg以下であれば、追加料金なしで持ち込むことができます。ただし、これを超える場合は、追加料金が発生します。

peachの手続きと料金について

pearchについてはスノーボードの預け入れは別途料金が発生します。受託手荷物料金スポーツ用品(スキー、ゴルフ/各1組あたり)が適用されいるため2,200円~5,000円が必要となります。

ハッキリとした料金については運行区間によって異なります。料金は変動することもあるためpeach各種料金・手数料をご確認ください。

まさやん
まさやん

格安航空会社としてPeachを取り上げましたが、他の格安航空会社も同じように別途料金が基本です。各会社のWEBを確認しましょう。

飛行機移動で活躍するスノーボードケース

飛行機での移動時、スノーボードを安全に運ぶためには、適切なケースの使用が欠かせません。

飛行機の荷物室では、他の荷物との衝突や圧迫が考えられますが、ケースを使用することでこれらのリスクを大幅に軽減することができます。

また、ケースには防水性や耐久性が備わっているため、雪や水分からスノーボードを守ることも可能です。そのことを考えると専用ケースを購入することがベターです。

ここでは、おすすめのスノーボードケースを紹介してきます。

おすすめのスノーボードケースの選び方

スノーボードケースを選ぶ際のポイントは、まずサイズと重量です。自身のスノーボードのサイズに合わせて、適切なケースを選ぶことが大切です。

また、軽量で持ち運びやすいケースを選ぶことで、移動時の負担を軽減することができます。

さらに、ケースの内部にクッション材が付いているものや、複数の板を収納できるものもおすすめです。

僕が飛行機移動用のスノボケースで注意すること
  • ハードケース(ボードをケース内に収納できるもの)
  • ウィール付き(ウィールなしより高い)
  • 収納力が高いこと(ウェア・ブーツなど小物も丸っと収納できる)
まさやん
まさやん

個人的に飛行機移動は疲労度が高いため、移動するときに少しでも負担を減らしたいからキャスター付き(コロコロ)は欠かせません!

【VAXPOT】スノーボードケースキャスター付きオールインワン

VAXPOTのスノーボードボードケースには、バスツアーや長距離の移動に便利なスノーボード、ボードケース、キャスター付きスノーボード、スノーボードウェア、ゴーグル、グローブ、ブーツなどの荷物をまとめて収納することができます。

スノーボードボードケースキャスター付きは、従来の3WAYタイプ(ショルダー、リュック、手提げ)にキャスターを加えた4WAYタイプで、さまざまな持ち方ができます。

使用している素材等はBURTONものと比較すると劣っていますが何と言ってもコスパ最強です!

【BURTON】ウィーリー フライトアテンダント スノーボードバッグ

【BURTON】ウィーリー フライトアテンダント スノーボードバッグ

このスノーボードバックはボードを安全に収納し、移動中の損傷リスクを最小限に抑えることができます。

特に、パッド入りの間仕切り付きコンパートメントが特徴で、ストラップを使用して荷物をしっかりと固定することができます。

また、キャスターが付いているため、移動が非常にスムーズに行えます。BURTONの中でも最も容量が大きなバックでウェア・ブーツなどさまざまなものを収納することができます。

【BURTON】ウィーリー ギグ スノーボードバッグ

ウィーリー ギグ スノーボードバッグは、スノーボードを安全かつ効率的に移動させるためのアイテムとして、多くのスノーボーダーに支持されています。

このバッグの最大の特徴は、パッド入りの収納スペースと丈夫なスケートホイールを備えている点です。

ボードをしっかりと保護しながら、スムーズに移動することができます。また、ロック可能なジップが装備されているため、セキュリティ面でも安心です。

これらの機能により、移動中のストレスを軽減し、目的地に到着した後のアクティビティに集中することができます。容量は先程のフライトアテンダントよりも少なくなります。

【eb’s】THE ONE WHEEL

3つの個室でボードを分別収納できる大容量のボックス型ウィール付きスノーボードケースです。背面と底面はパッド入りでボードをしっかりと保護します。

背面には収納式の背負いベルトが内蔵されており、内側には2本のストラップでボードを固定することができます。

このスノーボードケースはオールインワンで、持ち運びがとても便利です。

楽天市場・AMAZONでキャリー付きのスノーボードケースを探す

楽天市場・AMAZONでもキャリー付きのスノーボードケースを探すことができます。ブランドのものを少々高めですが、VAXPOTのような格安アイテムをリリースしているところもあります。そのため、こだわりがなければ安いものでも問題ないでしょう。

キャスター付きスノーボードケースを探してみよう!
キャスター付き最安値9.999円
キャスター付き最安値9.999円

まとめ:飛行機でスノーボードの板を持っていくには?

  1. スノーボードの板は飛行機の荷物として持ち込むことができる(手荷物不可)
  2. 一部の航空会社では、スノーボードの板の持ち込みに追加料金が発生する場合がある(特に格安航空会社はマスト)
  3. スノーボードの板を飛行機に持ち込む際は、専用のケースやバッグを使用することが必要
  4. ケースやバッグには、板以外のアクセサリーも収納できるものが多い
  5. 事前に航空会社の規定やポリシーを確認して、サイズや重量の制限を遵守することが必要である
  6. 搭乗前にスノーボードの板を検査される場合があるため、早めのチェックインが推奨される
  7. 保険に加入している場合、スノーボードの板の損害や紛失に対する補償が受けられる可能性がある
  8. 国際線の場合、持ち込みの際の規定が異なることがあるため注意が必要である
  9. スノーボードの板の取り扱いに関して、航空会社のスタッフに事前に相談することが有効である

スノーボードの板を飛行機で運ぶ際の注意点と持ち込み方法をテーマにした本記事では、スノーボードを安全かつ確実に目的地まで持ち込むためのポイントを詳しく解説しました。

飛行機での持ち込みは一見難しそうに思えますが、適切な準備と手順を踏めばスムーズに運べます。

特に、スノーボードのサイズや重さ、梱包方法などの基本的なルールをしっかりと把握しておくことが大切です。

また、航空会社ごとの規定や料金も確認しておくと、予期せぬトラブルを避けることができます。

スノーボードを持っての旅行は楽しみが増える一方で、持ち込みに関する知識も必要です。

この記事を参考に、安心してスノーボードを飛行機に持ち込むことができるようになります。安全な旅行をお祈りします。

ABOUT ME
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
記事URLをコピーしました