これからさらに寒くなってくると冬支度を始めてくる頃ですね!10月ともなれば北海道ではすでに積雪もあるようです。富士山も初冠雪を記録しています。冬がそこまでやって来ている感じがとてもウズウズしているという人も多いと思います!

 

僕もその一人なのは間違いないですがそろそろいろいろ準備していかないと!と感じている今日この頃です。今年はスノボーウェアを買おうかな!と思っていたので今年の流行などをチェックしていこうと思います。

 

スノーボードウェアにも、もちろんトレンド流行があります!服にはトレンドカラーやどんな形の、、、というようにウェアにもトレンドカラーやデザインなどがあります!やっぱり通な人はそのあたりも見ていますね!

 

ここでは人気ブランドも意識して、僕が勝手にランキングしていきますwもちろん、アンケートも少し取っているのでその意見も加味しながらですが、僕の主観が多いかもしれませんねwそれではよろしくお願いします!!

10th.DAKINE – SMYTH 2L JACKET

DAKINE(ダカイン)のウェアはとても高品質です。口コミ、レビューを見てみてもかなり支持を得られています。このウェアの特徴としては、軽量・速乾性があり機能性が高いです。その点を高い評価を受けているようです。

9th.SESSIONS – LITHIUM JACKET

8th.STRIPE JAM – HARUMAKI JACKET

7th.686 – JAPAN Limited Karma JACKET

このKramaJacketですが、世界で活躍するストリートアーティストのDRAGON76とのコラボ商品となっています。完全オリジナルで686のためだけに描かれているために、とても希少性が高いウェアとなっています。

6th.Hein – ID JACKET

5th.REW – STRIDER JACKET

4th.AA Hardwear – BARLY JACKET

3rd.HOLDEN – OUTPOST JACKET

個人的に大好きなHOLDEN。おしゃれウェアの代表格として長年にわたってスノーボードウェア業界に君臨しています。デザインはオードソックスですが、その快適さは抜群です。

 

デザイン的にも私服として使っても問題ないレベルだと思います。真冬の雪国でアウターとしても使えるのでとても便利なウェアですね!違和感なく着ることができるでしょう。

2nd.BURTON – DUNMORE JACKET

なんといってもパイオニアなBURTONですから、そのデザイン性やカリスマ性をウェアから感じるのは僕だけでしょうか?wという主観的なことは置いておいて、昔からあるモデルでとても人気があります。僕も何度かこのウェアを買ったことがあります。

 

シーズン前にはサイズ・カラーによっては在庫がないショップも多いようです。ウェアは、シーズン中にはかなり在庫がないために欲しいモノが買えないこともよくあることなので買い求めはお早めに!

1st.Volocom -TDS INF GORETEX JKT

*YouTubeで日本語字幕表示させれば解説をみることができます!

ボルコム中でもハイエンドモデルとなっているウェアなので、とても高価です。ゴアテックスも使用していることから性能は間違いないく保証できます。そのため、人気になっているウェアではりますが、、、何回も言いますが高いですw

 

しかしながら、僕もこのウェアを持っています(モデルは古いですが)。もう3シーズン使っていますが全く問題なく使用できています。毎年新しいウェア30,000円くらいを買っているのであれば、こういったウェアを長く使うのも良いかもしれませんねw中古で出しても割と値段が付いたりします^^

さいごに。

ウェアに関してはかなり多くのブランドが存在しています。日本ではマイナーだけど海外に行くとメジャーだったり、その反対もありますね!

 

まだまだ紹介しきれいていないために、こちらではウェア関係なく、スノーボードブランドを挙げてみました。かなりの量がありますので、ぜひご覧ください!

スノーボードブランド(全102)を紹介!板の選び方や人気ブランドは?

この記事も読まれています。

スノーボード用品が安く買える時期と狙い目は?安いブランドも紹介!

グラトリ板の人気ランキングは?2018-19売れ筋の板をチェック!

フラックスでグラトリにおすすめビンディングは?DSやXFの評判は?