スノーボード

初心者がスノーボードをネット通販で買うべき?店舗で買うべきか?どちらが良いの?

 

今シーズンこそ、レンタルボードから卒業したいというスノーボーダーも多いと思います。そう考えたときに、最初に考えることは、費用感だと思います。

 

そうなると少しでも安くお得に買いたいな!と考えることでしょう。購入先としてはネット通販(オンラインショップ)などのインターネットで買うことを検討するでしょう。

 

ここでは、そんなスノーボーダーに「ネットショップで買うべきか」「実店舗で買うべきなのか」というテーマで書いていきます。スノーボードをネット通販で買う場合、実店舗で買う場合に気を付ける点をまとめていきます。

初心者がスノーボードを結果どちらが良いの?

結果からいうと、どちらにもメリット・デメリットがあるため一概にいうことができません。ですが、考え方は2パターンあります。

  • 費用を抑える
  • 自分に完全フィットのモノを買う

それぞれ見ていきましょう。

店舗で買うべき?

まず、スノーボードを店舗で買うメリットを確認しましょう。

 

  • 実際のモノが見れる、試着できる
  • 店員に相談できる

 

逆にデメリットも確認しましょう。

 

  • 値段が高い
  • 店舗で推しの商品を勧められる

 

大きくメリット・デメリットを挙げてみました。実店舗で買うときには、実際の製品を観ることができます。ブーツ、ウェアなどは着てみないと分からないことも多いと思います。その面では圧倒的にネット通販で買うよりも納得いく用具を買うことができます。

 

しかしながら、店舗を構えていることでテナント料・人件費などがかかりその分が商品に上乗せされています。それがないネット通販よりもお値段が高めになってしまいます。

ネット通販で買うべき?

ネット通販で買うメリットを確認します。

 

  • 安い
  • 型落ちが多い

 

デメリットも見ていきましょう。

 

  • 実物を確認できない
  • 相談する人がいない

 

基本的には、実店舗と逆になりますね。ネット通販で買うと分かるのですが、とても安いです。シーズンに入って少し時間が経過すると割引されていく板が増えていきます。服と同じように季節ものなので、シーズンに入っていくと売り切りたいため値下げしていきます。

 

その値下げ幅、実店舗よりも大きいです。さらに昨シーズンの型落ちのスノーボードであればさらに安く買うことができます。基本的に実店舗には新作しか置いていません。型落ちの選択肢だと断然ネット通販となります。

 

ネット通販最大の問題は現物を見ることができないことです。この点は、クーリングオフ制度があるためどうしても合わない場合には購入先へ連絡して相談されると良いでしょう。サイス変更などができることが殆どです。

結局はどうするべきなのか?

個人的な意見としては「ネット通販」をおすすめします。

 

その理由としては、やはり費用面です。スノーボード用品はゼロから揃えるとかなり負担になります。さらには、ゲレンデに行く交通費・リフト券など馬鹿になりませんよね。そうなると少しでも良いので抑えらえるものは抑えておきたいのが本音です。

 

「スノーボードの知識がない」という声もあると思いますが、当ブログを参考にしていただければ幸いです。他にも、すでにスノーボードに取り組んでいる人に相談する方法もあるでしょう。

 

板・ビンディング・ブーツについてはある程度の情報・知識を得てから選ぶことをおすすめします。どうしても分からない場合は、オンラインショップでも電話番号があるショップもあります。直接電話して聞いてみるのもいいですね!

 

僕は大半がネット通販を利用していますが「失敗した」ということはありません。日本人向けのモノですからある程度はフィットしますからね。

 

おすすめのネット通販のオンラインショップは「スノーボードのおすすめ通販サイト!安い型落ちをセールするショップは?」でまとめています。

さいごに

ここでは「初心者はスノーボードを買うときに実店舗orネット?」ということで見てきました。

 

実店舗は実物を見ることができるけど、高いめ!

ネット通販は実物が見れないけど、安い!

 

どちらが良いとも言えないですが、自分がどうしたいのかで選択が変わっていきます。スノーボードは奥が深いために勉強しながら知識を貯めて自分でネットで選ぶでも良いですねー!ぼくは、その方がおすすめです!

ABOUT ME
まさやん
年間滑走回数30-50日程度。冬は雪山に篭もりがち。雪解けからはスケボーやSUPに取り組んでいます!