【SALOMON】RHYTHMの評価は男女兼用で初心者・グラトリ適性あり!

RHYTHMの評価
まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

この記事では、SALOMONのビンディング「RHYTHM(リズム)」についてまとめています。SALOMONには、さまざまなビンディングがありますがその中でも人気なモデルです。

 

その中でも、RHYTHMがどのジャンルに適正があるかもまとめています。さらにユーザーレビューなども紹介しています。

RHYTHMを一言で!

SALOMON「RHYTHM」は男女兼用モデルでソフトなフレックス。同メーカーでもエントリーモデルのため初心者にもおすすめです!

さらに詳しいことは以下にまとめられています。3分程度で読むことができますので、ぜひ最後までご覧ください!それでは、RHYTHMについて詳しい評価やレビューを見ていきましょう。

SALOMON「RHYTHM」スペック評価レビュー

flex(1柔⇔5硬) Weight(1軽⇔10重)
1 5
ビズホール
2*4 4*4 3D CHANNEL
別売りディスク
ブーツサイズ
S:22-25.5 M:25.0-28.5 L:28.0-31.0 XL:ー

【ビズホールについて】

ビズホールは4種類あります。BURTONに特殊な「CHANNEL」という構造があるため、BURTONの板を使用している人は確認してくださいね。

BURTONのEST・The Cannel・Re:Flexとは?

SALOMON「RHYTHM」のジャンル適正

適性ジャンル:グラトリ・ジブ

フリーラン
カービング
パウダー
グラトリ(弾き系)
グラトリ(乗り系)
ラントリ
キッカー
ジブ

SALOMON「RHYTHM」は、ソフトなフレックスと非対称のデザインで上達しやすく、サポートと寛容さのバランスでスムーズなライディングを可能にします。

ベースプレートは、アルミニウムよりも耐久性と快適性に優れたコンポジット素材を使用し、最大限のパフォーマンスを発揮します。

まとめ

SALOMON「RHYTHM」について評価や適正ジャンルなど紹介しました。RHYTHMは初心者にもおすすめなソフトフレックスのビンディングだと分かりました。

 

SALOMONの多種多様なビンディングを紹介している記事もあるため参考にしてくださいね。それではあなたのスノーボードライフがより良いものになりますように!

ABOUT ME
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました