【その他】

スノーボードの雨対策や服装は?快適に滑るためのワックスや準備!

この記事ではスノーボードの雨対策についてまとめています。雨の中で滑るときの服装についてや快適に滑るための準備などを紹介しています。

 

折角、休みの日にゲレンデについても雨が降っていると残念な気持ちになりますが、やっぱり滑らないと気がすまないと思います。雨の中で滑るとウェア、ブーツは雨に浸かります。

 

そのためにもしっかりと雨対策しておくことをおすすめします。これまで雨の中でも滑ってきた経験からお伝えしていきますね!

スノーボードの雨対策や服装はウェアで良い?

最近は暖冬になっているため真冬でも気温が上がることがあります。その影響で雨が降る事も珍しくありませんね。

 

雨が降ると言っても気温はそこまで高くないこともあります。そのため、濡れたままだと体温が下がり風邪を引いてしまうこともあります。雨の中でスノーボードで滑る時には、しっかりと雨対策を施しましょう。

雨に強いスノーボードウェアはあるのか?

スノーボードウェアには撥水・防水性能があります。そのため、多少の雨であれば凌ぐことができます。ただ、スノーボードウェアに使われている素材によっては撥水性能が著しく低いものがあります。

 

GORE-TEX(ゴアテックス:高防水・撥水性能)素材を使っているウェアであれば雨の日でも、比較的濡れづらいです。ゴアテックスで制作された超高級なスノーボードウェアを雨の日には着たくないですが(笑)

 

ただ、ゴアテックスといえども経年劣化で撥水・防水性能が下がると雨水が染みてくることもあります。そもそもスノーボードウェアは基本的に雨の中で着用することを想定していません。個人的な考えですがスノーボードウェアで雨対策を施すことはおすすめしません。

スノーボードゴーグルは雨でも必要?

雨の日のスノーボードですが、ゴーグルは必要になるか?という問いに対しては力強く「YES」と言います(笑)というのも、ゴーグルがないと雨粒が目にダイレクトに当たることで視覚を確保できなくなります。

 

スノーボードはある程度のスピードで滑走していますから、雨粒といえど目に当たると痛いですし視界が相当悪くなります。他の利用者と接触事故につながる可能性もあるため、必ずゴーグルを着けて滑ってくださいね。

 

またゴーグルを着けるにしても視界が暗いものだと視野が悪くなるため、クリアレンズ・イエローもしくはピンク系の天候が悪くても視界が確保できるレンズ色を使用しましょう。

雨に強いワークマンのレインスーツやユニクロ

スノーボードウェアよりもとてもお手軽で雨対策できるウェア代わりにになるものとしては、ワークマンのレインスーツです。完全防水素材を使用した作業着がかなりコスパが良いですよ!

 

防水性能を表す基準として耐水圧10,000mm以上のレインスーツを選ぶと良いです。完全に生地部分からの浸水を防ぐことができます。ただ、ZIPの隙間から徐々に濡れてくることもあります。

 

レインスーツを買うのはちょっと、、、と思う人は100均一のカッパをウェアの上から着るといいですね。まだ濡れることを防いでくれます。

 

その他にもユニクロでも完全防水仕様のブロックテックパーカがあるためおすすめです。ユニクロでスノーボードウェアの代用品についてまとめた記事もあります。

レインスーツの下にビニール製ヤッケ

雨が激しく降る場合は、レインスーツといえどもZIPの隙間から雨水が入ってくることがあります。その場合は、下に着ているインナーやパーカーなどが徐々に濡れていくことになります。初めは気にもなりませんが、お昼ごろには濡れて寒くなるかもしれません。

 

そういった場合には、ビニール製のヤッケ(かっぱ)を着ると良いです。おすすめは、膝丈ぐらいまである長いカッパです。100均のものでも構いません。

 

腰から下の長い部分は、レインスーツにinして、お尻の下に敷くようにすると良いです。レインスーツ(スノーボードウェアでも可)のパンツにビニール製ヤッケで完全防水できます。

雨から浸水を防ぐスノーボードブーツソックス

雨の中で滑るときにはウェアだけ気にする人もいるかもしれませんが、実はスノーボードブーツも浸水していきます。そのため、準備をしっかりと施しておきましょう。スノーボードブーツの浸水を防ぐにあるグッツを使うことで防ぐことができます。

Eb’s(エビス)からリリースされているBOOTS INNER SOCKSです。ポリエチレン製のインナーソックスを履かせることで防水性が格段にUPします。そのため、ブーツが浸水したときの気持ち悪さから開放されること間違いなしです!

雨から浸水を防ぐスノーボードグローブ

スノーボードグローブについてはゴアテックス素材を使用したグローブが手っ取り早いです。水に浸けても浸水しませんからね。

 

ただ、使用していくことで劣化してグローブの縫い目から浸水してきます。新品に近い状態が良いものであれば、それを利用すると良いでしょう(ただし高い)。

ゴアテックス製のスノーボードグローブを買えられない場合は、もっとカンタンに完全防水ができます。それは、ゴム手袋もしくはビニール手袋を着用してスノーボードグローブを付けましょう。ただ、デメリットとしてご想像どおり着脱は面倒ですよね。

雨の日はゴーグル必須でクリアレンズ

雨の日でもゴーグルは必須になります。仮にゴーグルがないと目に雨粒が当たることで痛くてしっかりと前方を見ることができません。本当に雨の日だからこそゴーグルがないとしんどいです!

 

ただ注意点があります。それは、ゴーグルレンズの色をクリアもしくはナイター用のものにしておくことです。雨が降っていると晴れているときよりも視界が暗くなります。そのため、晴れ用のレンズを着用していると視界がしっかりと確保できません。

 

有名ブランドのゴーグルであればスペアレンズが販売されているため、雨の日でも滑ると覚悟できている人はクリアレンズをもっていても良いと思います。ナイターにも使えるため1枚は持っておきたいですね!

雨におすすめなワックス

雨の日のスノーボードとして起きる事態としては板が滑らないという状態です。基本的には、通常通りワックスをかけておけば水分を弾くため滑走しても問題ありません。

 

ただ、メンテナンス不足で板の走りが悪いときには簡易ワックスで対応するといいですね。おすすめの雨の日対策ワックスとして、中フッ素配合のサーモアクティブシステムワックスが良いですね。生塗でもOK!

 

春雪のベチャベチャな雪面でも滑りが安定しているためオールシーズンを通して役立つワックスになりますが、若干高め。ただ、春のジャバ雪でもよく滑ることを考えるとコアスパ良いでしょう!

スノーボードの雨でも楽しい?

スノーボードですが雨でも楽しいか?は個人的に違うと思います。スノーボードが好きで好きで仕方ない方は雨でもスノーボードは楽しいですね。また、雨の日となるとゲレンデに人が少なくなります。

 

そのため、休日でも空いていることが多いです。雨によって雪が緩むためコケても痛くない状態になります。そういうことを考えると雨の日は初心者でも安心して楽しめるかもしれません。

 

ただ、ここまで紹介した雨の日の対策してもビチャビチャになることは覚悟しておきましょう(笑)個人的には多少の雨では楽しいですが、土砂降りとなると滑るのは諦めますw

 

土砂降りでも楽しんで滑っている人もいますけどね(笑)さすがに雷がなっているときは屋内に退避してくださいね!

スノーボードの雨対策や服装のまとめ

この記事では、スノーボードを雨の日でも快適に滑るための服装についてまとめました。結局のところ、いかにして濡れないか!この点に尽きると思います。普段、僕が雨の日対策として行っていることを紹介しました。参考になれば幸いです!

 

それでは素晴らしいスノーボードライフを!

スノーボードの選び方
ビンディングの選び方
スノーボードブーツの選び方
スノーボードヘルメットの選び方
おすすめゴーグル
初心者におすすめスノーボード
中上級者向けのスノーボード
グラトリにおすすめなスノーボード
グラトリにおすすめなビンディング一覧
グラトリのおすすめブーツ
オールラウンダーなスノーボード
キッカー・ワンメイクにおすすめなスノーボード
カービングにおすすめなスノーボード
BURTONのビンディング一覧
FLUXのビンディング一覧
UNIONのビンディング一覧