【FLOW】NX2-CARBONはハードでタフなシーンで大活躍するハイスペックモデル!

まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

この記事では、FLOWのビンディング「NX2-CARBON(エヌエックスツー カーボン)」についてまとめています。FLOWには、さまざまなビンディングがありますがその中でも人気なモデルです。

 

その中でも、NX2-CARBONがどのジャンルに適正があるかもまとめています。さらにユーザーレビューなども紹介しています。

NX2-CARBONを一言で!

FLOW「NX2-CARBON」は同ブランドで最も剛性があるレスポンス抜群なモデルです!

さらに詳しいことは以下にまとめられています。3分程度で読むことができますので、ぜひ最後までご覧ください!それでは、NX2-CARBONについて詳しい評価やレビューを見ていきましょう。

sponsored

NX2-CARBONのスペック

FUSIONとHYBRIDの2種類がありますが、ブーツを固定する方式が異なるだけで、ビンディング自体の性能は変わりありません。別の記事でFUSIONとHYBRIDの違いを解説しています。

対象 メンズ(サイズが合えば女性も可)
フレックス全体 10段階中10(とても硬い)
フレックス横方向 10段階中10(とても硬い)
つま先・かかとの剛性 10段階中10(とても硬い)
ウエイト 10段階中4(やや軽い)
ビスホール
2×4
4×4
3D
CHANNEL
サイズ
S
M 22.5 – 26.5
L 26.0 – 29.5
XL 29.0 – 32.5

NX2-CARBONのジャンル適正評価

オールマウンテン

適性ジャンル:フリーライド・カービング

フリーラン
カービング
パウダー
グラトリ(弾き系)
グラトリ(乗り系)
ラントリ
キッカー
ジブ

FLOW「NX2-CARBON」はカーボンを使用した軽量で強靭な設計が特徴です。また、独自のハイバック設計により、スノーボーダーにとって理想的なレスポンスを提供します。

エアクッションを備えたベースプレートが搭載ことで、より衝撃を吸収し、スノーボーダーに快適な乗り心地を提供します。

FLOW NX2-CARBONは、プロのスノーボーダーからも支持されている、高性能なバインディングです。

オールマウンテンやフリーライドのジャンルにおいて高いパフォーマンスを発揮しますが、パークやジブ、フリースタイルにおいても優れた操作性を持っています。

NX2-CARBONのレビュー

NX2-CARBONのレビュー

30代男性
30代男性
軽くて強いので長時間の滑走でも疲れにくく足のフィット感がとても良いです。。NASTYシステムの着脱が簡単で操作性も良かったです。ゲレンデだけでなく未整地のサイドカントリーでも快適に滑ることができました。
30代男性
30代男性
ハイバックの設計が素晴らしく、足にフィットしました。エアクッションを備えたベースプレートは、衝撃を吸収することで快適な乗り心地でした。パークやジブでも操作性が良く、様々なトリックを安定してこなすことができます。
30代男性
30代男性
カーボンを使用した軽量で強靭な設計により、高いパフォーマンスを感じられます。NASTYシステムでハイバックの調整も簡単にできます。パークでは、ストレートエアやスピンのトリックにおいても、安定感が抜群に良かったです。以前よりもメイク率が上がった気がしています。

NX2-CARBONの型落ちモデル

NX2-CARBONの型落ち

NX2-CARBONの型落ちですが、割りと見かける分類です。ただ、あなたに合うサイズがあるかは運次第なところがあります。もし、NX2-CARBONの型落ちモデルを探していて見かけたら早めに購入しておくことをおすすめします。

人気があるモデルのため次に見たときには売り切れていることもありますよ。以下より型落ちモデルの最安値を探せるようにしています。

まとめ

FLOW「NX2-CARBON」について評価や適正ジャンルなど紹介しました。NX2-CARBONはソフトなビンディングで使いやすさを重視したビンディングだということが分かりました。

 

FLOWの多種多様なビンディングを紹介している記事もあるため参考にしてくださいね。それではあなたのスノーボードライフがより良いものになりますように!

sponsored
ABOUT ME
まさやん
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
記事URLをコピーしました