スノーボードゴーグルのレンズ

ゴーグルのレンズには

可視光線透過率

というものが表記されています。

 

この可視光線とは、

人間の目で見える光のことです。

 

可視光線透過率(VLT)とは、

人の目で見える光の量が、

レンズの外側から内側に

どれくらい通過するかの

割合を示しています。

 

簡単に言えばレンズの明るさです。

数値が0であれば暗くなり、

高ければ明るくなります。

スノーボードゴーグルのレンズ

VLTをレンズの選ぶ基準

するのも良いと思います。

自動車のフィルムの画像ですが、

これくらい光が遮られます。

ミラーレンズの種類

スノーボードゴーグルのレンズ

ミラーレンズは、2枚レンズの

ゴーグルに用いられることが多いです。

 

内側のレンズにベースの色のレンズがあり、

外側のレンズにコーティングをしてある物が

一般的です。

 

たとえば、見た目がゴールドコーティングを

してあっても内側のレンズがピンクのレンズで

あれば視界はピンクになります。

 

ミラーレンズは、晴天の時に効果を発揮します。

デコボコもはっきり見えるブルーライトを遮断します。

 

ただ、ナイター等の暗いところでは、

視界が真っ暗になります。

見た目がかっこいいのでウェアとの合わせ方を

考えるのも楽しいことですね!

 

ゴーグルはどんな色があるの?

天候に合わせてレンズの色を

使い分けることが必要ですが

資金に余裕がある人はサブの

ゴーグルを持つことをおすすめです。

 

スキー場では天候がコロッと

変わることがあります。

そのため、ゴーグル越しに

見える明るさも様々です。

 

その時の状況に合わせて

ゴーグルを使い分けるのが

理想的ですね。

 

しかし、そのようにできないことも

多々ありますね。

ですが、

ここでは、レンズカラーの特徴と

選び方について見ていきましょう。

レンズカラーの種類

オレンジ系

オールマイティーに使えるレンズです。

晴天でも曇でもOKです。

迷ったら、とりあえず

オレンジをオススメします。

 

イエロー系

オレンジより暗いシュチュエーションで

効果を発揮します。

 

悪天候、曇り、ナイターに向いていて、

晴天の日は眩しく感じます。

 

ブルー系

コントラストがはっきりして、

デコボコが見えやすくなります。

眩しさもある程度は軽減してくれますが、

イエローと同じで曇りや夕暮れに向いています。

 

ピンク系

オレンジと同じで万能タイプです。

コントラストが強いので

デコボコがよく見えます。

悪天候時は、

視界を明るくしてくれます。

 

グレー系

色が入っていないので、

自然の視界に近いです。

そのため、目が疲れにくいです。

オレンジ系、ピンク系よりも

さらに光をカットします。

悪天候時は視界が暗くなります。

 

クリアレンズ

ナイターや室内ゲレンデ向けです。

光が限りなく少ない状態で、

裸眼と変わらない視界を確保します。

日中の天候では、ほぼ眩しいと感じます。

おすすめゴーグル

SMITH(スミス) I/OX

スノーボードゴーグルのレンズ

このゴーグルは、ミラーレンズでは

定番のゴーグルです。

レンズの交換がとても簡単で、

スペアレンズを携帯する人もいます。

管理人は、このゴーグルを

使用していますが間違いないですね!!

 

OAKLEY(オークリー)

airbrakexl-prizm

こちらも度定番!!

ゴーグルといえばOAKLEY!!

というくらい有名なブランドですね。

スノーゴーグルだけでなく、

サングラスでも有名な老舗ブランドです!!

 

IS eyewear(アイエス アイウェアー)

スノーボードゴーグルのレンズ

カナダの老舗ゴーグルブランドです。

日本ではまだ馴染みがないようですが、

これから人気が出てくると思います。

 

このゴーグルを持っていたら、

マニアックなスノーボーダーと

思われることは間違いないですね。

コスパも品質もいいのでおすすめします。