スノーボード初心者のスタンス幅

スノーボード初心者が知っておいた方が

いいことのひとつとして

スタンスの幅が挙げられます。

 

なぜかというと滑りやすさが激変する

可能性があります。なにも知らずに

滑っていると変な癖がついてしまい

後々、矯正が大変だったりします。

 

それでは、初心者が知っておくべき

スタンスについて見ていきましょう。

スノーボード初心者が知っておくべきスタンス。

スノーボード初心者のスタンス幅

まず、そもそもですが両足の

ビンディングの間の距離を

スタンス幅といいます。

 

初心者が設定すべきスタンス幅は

肩幅がベストだと言われています。

 

スタンスの知識として知っておいた方が

良いことは以下のこと。

  • 幅が狭いと板のコントロールしやすい。
  • 幅が広いと板のコントロールが難しくなる。

もちろん初心者であればボードが

コントロールしやすい方がいいに

決まっていますね。

 

初心者がスタンス幅が狭い方がボードを

コントロールしやすいのですが、

肩幅よりも若干狭い方がいいでしょう。

 

幅が広い方がかっこよく見えたりしますが、

膝への負担が高まります。

つまりグラトリは膝に負担がかかります。

 

初心者であれば、まず板を操れるように

なることが重要でコントロールしやすさを

重視してくださいね。

 

ただし、狭ければ良いってモノでもないです。

足元が窮屈で逆に扱いづらいことにもなります。

その調整は滑るたびに変えていくほうが

いいでしょう。

 参考までに管理人のスタンス

身長:170cm 体重:64kg

ランディングスタイル:フリーラン、ジャンプ、たまにグラトリ

レギュラースタンス、スタンス幅57cm、アングル前足12度、後足マイナス12度