【ウェア】

ワークマンのインナーダウン(防寒ベスト)はスキー・スノボに使えるかレビューしてみた!

・ワークマンのインナーダウン(防寒ベスト)はスキー・スノボーでも使える?

・ワークマンのベストのインナーダウンって温かいの?

・ユニクロのインナーダウンと比較してどっちが良いの?

厳寒地になればなるほど、アウターの下に着るインナーはとても重要になります。とくにインナーダウン(ベスト型)はかさばりも抑えられて、とても温かいため着ている人も少なくないと思います。

インナーダウンもベスト型もあったりと各ブランドがさまざまな製品をリリースしていますね。そこで、ここではワークマンのインナーダウンについて取り上げていきます。

スキー・スノーボードでのセカンドレイヤーとしても活躍してくれるんでしょうか?ユニクロのダウンとどちらが良いんでしょうか?そのあたりも比較していきます。


ワークマンのインナーダウン

ワークマンのインナーダウン

ワークマンのインナーダウン(ベスト型)は「防寒ベスト」は10種類以上があります。その中でも人気でおすすめなインナーダウンを紹介してきます。

WindCoreヒーターインナーベスト

ワークマンのインナーダウン
WindCore(ウィンドコア)ヒーターインナーベスト(3,900円)は、とても話題性が高く人気があるインナーベストです。

特徴的な点がヒーターを搭載していることです。別売りバッテリーを購入してスイッチを入れることで、じんわりと温かさを感じることができます。

「着る炬燵(コタツ)」と書いているだけあって、その温かさはピカイチですね。オンライン販売は行われず店舗のみの販売となっています。

ただ、スキー・スノボーで使うには暑すぎることがあります。雪が降って吹雪いて気温が低いときにはとても心強いですが、晴れているなど天気が良いときにはヒーターがあると暑すぎます。

そのため、時折電源を切るなどして温度調整する必要がありますね。そのたありは仕方がないでしょう。

類似する商品も多数あるため、そちらを検討されても良いと思います。個人的にも使用している以下の製品はとても温かくていいですよ。バッテリーも付いているのでトータルでは、電熱ベストの方がコスパは良いです。

管理人:まさやん
管理人:まさやん
個人的に使用していますが、とても温かくて快適です。価格もワークマンのWindCore(ウィンドコア)ヒーターインナーベストよりも安くてお手頃価格です。

REPAIR-TECH(洗えるフュージョンダウンライトベスト)

REPAIR-TECHはワークマンのインナーダウンの中でもとても人気のあるダウンライトベストです。ポケット袋布に納めることができてコンパクトに収納することもできます。

ダウンの保温力と、吸湿発熱わたの発熱性で体を芯から温めるFUSION DOWN+を使用することで通常のダウンよりも温かさが違います。

さらに、裏地はブラックアルミ仕様で、通常のシルバープリント1.5倍の保温性があるため本当に快適です。スキー・スノボーでも十分に使用できる製品でアウトドアなどにも適切なライトダウンベストです。

ただ、こちらもオンライン販売はしていません。店舗のみの販売となっているためお近くのワークマンへ行ってみましょう。類似品として、個人的におすすめな製品も紹介しておきます。

管理人:まさやん
管理人:まさやん
TAIONというダウンを専門に取り扱うアパレルブランド。個人的にも普段使いしているベストです。保温性が高くてデザイン性も良いため重宝しています。

AERO(エアロ)ポンプウォームベスト

AERO(エアロ)ポンプウォームベストは、空気を入れることで層を作って防寒効果を持たせている製品です。

縫い目のないシームレス溶着加工のため冷気が隙間から入りにくい構造になっています。防風フリースのため防寒性も高いですね。

ポンプで空気を調整できますが、空気を抜くとかなりコンパクトにまとまります。とても軽くて着心地が良いベストです。

スキー・スノボーでも十分使うことができます。エアーを入れすぎると着ぶくれしますが、そこそこであれば問題なく切ることができます。グラトリしても丁度いい温度感で体温をキープできます。

こちらもオンラインストアでの販売は行っていません。そのため店舗に出向くしかありませんね。類似品として以下の製品も検討の余地ありです。

ユニクロのインナーダウンと比較

ユニクロのインナーダウン

ユニクロにもダウンベストは複数種類ありますが、この「ウルトラライトダウンベスト」が最も人気がある製品です。

これまで挙げたワークマンの製品と比較対象になるものは「REPAIR-TECH」「ポンプウォームベスト」になると思います。

「WindCoreヒーターインナーベスト」はバッテーリーで温めるためひとつ規格が違いますので。

このWindCoreヒーターインナーベストを除く3つを比較した時の個人的な温かさを比較しました。

ウルトラライトダウンベスト>REPAIR-TECH>ポンプウォームベスト

ちなみにWindCoreヒーターインナーベストのヒーターOFFしている状態であれば、ウルトラライトダウンベストの次くらいの温かさです。

ただ、こちらはあくまでも僕が着てみての感想ですから、参考程度にしてくださいね。

ウルトラライトダウンベストはスキー・スノボーのセカンドレイヤーとしては暑すぎることもあるので、天候によって判断する必要があります。

まとめ

この記事ではワークマンのおすすめベストダウンを紹介しました。

ワークマンの製品のクオリティーには驚きますね。年々進化しているところがとても信頼できます。

それではあなたのスノーボードライフがより充実しますように!

スノーボードの選び方
ビンディングの選び方
スノーボードブーツの選び方
スノーボードヘルメットの選び方
おすすめゴーグル
初心者におすすめスノーボード
中上級者向けのスノーボード
グラトリにおすすめなスノーボード
グラトリにおすすめなビンディング一覧
グラトリ
グラトリのおすすめブーツ
オールラウンダーなスノーボード
キッカー・ワンメイクにおすすめなスノーボード
カービングにおすすめなスノーボード