【その他】

スノーボードにおすすめなイヤホン・ヘッドホンは?骨伝導の使用感【Bluetooth対応】

スノーボードで自分が好きな音楽を聴くことができたら、とてもテンションが上がりますよね?ただ、どんなイヤホンやヘッドホンが良いのか分からない人も多いと思います。そこで、この記事ではおすすめなイヤホン・ヘッドホンを紹介していきます。


スノーボードに使うイヤホンの選び方

スノーボードに使うイヤホンの選び方
  1. イヤホン or ヘッドホン
  2. 防水性
  3. 有線 or 無線
  4. 再生時間
  5. 着脱のカンタンさ
  6. 価格面
  7. 音質

個人的なスノーボードで使用するイヤホン・ヘッドホンの選び方です。普段使い用とは分けています。

イヤホン or ヘッドホン

まず、イヤホンかヘッドホンのどちらにするか決める必要があります。どちらもメリットがありますが、基本的にはイヤホンを選ぶ人が多いです。

ヘッドホンだと転倒時に吹っ飛ぶ可能性がとても高くなります。そのため故障するリスクも大きいですからね。有線を選択する人も少なくないです。

有線ヘッドホンだと断線もあり得ます。無線ヘッドホンだとしても、どこかに吹っ飛んでぶつけて壊れるリスクがあります。

そのため、大抵の場合は一体型イヤホンを選ぶことになります。たとえば、以下のような形態をしているイヤホンです。

防水性能は必須

スノーボードするときに水に濡れる、蒸気に晒されることがあります。そのため、防水性能は欠かすことができない項目です。スポーツ系イヤホン・ヘッドホンは基本的には防水機能があります。

有線 or 無線

イヤホン・ヘッドホンには、無線と有線があります。スノーボードは転倒することがあるため、イヤホン・ヘッドホンが吹っ飛ばないため有線を好む傾向があります。

無線でも外れずらい製品もあるため、このあたりは好みです。個人的には無線イヤホンを使っています。ただし、無線ということはスマホを持ち歩くことになります。

スマホを持ち歩きたくない人は、イヤホンに曲データを保存できるプレーヤー一体型を選ぶことになります。

再生時間

スノーボードしている間、音楽をずっと聴いていた場合は再生時間が長いほど良いです。寒さがあるため、通常の再生時間よりも短くなる可能性があります。

選ぶ上で、再生時間がどれくらいあるのかも確認しておきましょう。最近は12時間以上再生するようなイヤホンもリリースされています。

着脱のカンタンさ

スノーボードで音楽を聴いていたとしても、友人と会話することもあります。そのため、着脱のカンタンさも重要になります。

ビーニーなどを被っていることもが多いため、そのあたりも考慮して着脱の容易さを確認しておきましょう。

また、骨伝導イヤホンについては装着していても外の音を聞くことができるため会話等で着脱しなくても問題ありません。

価格面

個人的には故障することを前提に購入しています。吹っ飛ぶこともあるし、浸水することもあるため、高価なものだと壊れたときにショックが大きいかもしれません。

ただ、これまでスノボで利用してイヤホンが壊れたことはありません。個人的には10,000円前後で探すことが多いですが、あなたのご予算に合わせてください。

普段遣いを兼ねる場合は音質が良いイヤホンも検討しても良いかもしれませんね。

音質

音楽を聴くときにこだわりたい音質。ただ、スノーボードしているときには音楽が流れていますが、滑りながらだとかなり意識して聞かないと聞こえていません(笑)それだけ集中しているということですね。

そのため、この項目は個人的には最も重要視していない項目です。ただ、音質も求めたい方はそれなりの予算が必要になるのは普段使いのイヤホンと同じだと考えてください。

スノボ向けなおすすめイヤホン・ヘッドホンのブランドは?

スノボ向けなおすすめイヤホン

スノーボード向けなイヤホン・ヘッドホンをお伝えしてきます。スマホと接続して使用するものをメインに紹介していますが、本体に曲データを保存して再生できるプレイヤー機能もある製品も紹介しています。個性的なものも紹介しています。

【bONE】IceBRKR2.0


>>>IceBRK2.0の詳細はコチラ<<<

bONE「IceBRKR2.0」はゴーグルと骨伝導イヤホンが一体となっているスノーボードゴーグル兼イヤホンです。そのため、別売りの製品を購入するよりも設計がしっかりとされているため、イヤホンが邪魔になること、外れて紛失することがありません。

ゴーグルと骨伝導イヤホンがセットになっていることを考えるとかなりお買い得だと思います。なによりも、その利便性を考えるとベストな選択だと個人的には考えています。

また、グループインカムとして最大16台(推奨4-6台)を連結してお互い会話ができます。ゲレンデに出かけてさまざまなシチュエーションでコミュニケーションを取ることができるため、さまざまな場面で活躍が期待できます。

防水性あり
有線 or 無線無線
最大再生時間12時間
着脱の容易さ簡単
価格面高い
音質良い
購入先コチラ

【BOCO】PEACE SS-1

 

BOCO「PEACE SS-1」は2022年にグッドデザインアワードを受賞している骨伝導イヤホンです。他の骨伝導イヤホンとは音域の周波数が豊かなため、音質も向上しています。

個人的に使用している骨伝導イヤホンですが、これまで使っていたものより明らかに音が良くなりました。

音楽が流れていてもしっかりと外部音も聞こえます。普通に友人と会話できます。価格が高めな点以外はかなり高評価です。ただ、転倒したときに1度外れたことがあります。

防水性あり
有線 or 無線無線
最大再生時間24時間
着脱の容易さ簡単
価格面高い
音質とても良い
購入先コチラ

【HACRAY】SeaHorse

「HACRAY」SeaHorseは骨伝導イヤホンで完全防水性能があります。耐水性がある製品は多いですが完全防水はなかなかありません。

また、首周りを一周して繋がっているため転倒時にすっ飛ぶことが少ないです。

このSeaHorseは本体に曲データを内蔵してから再生することができます(8Gで約2000曲収録可能)そのため、スマホをゲレンデで持ち歩きたくない方にはおすすめです。

再生時間やカンタンな操作方法などスノーボードには申し分ない性能を持っています。

防水性完全防水
有線 or 無線有線
最大再生時間12時間
着脱の容易さ容易
価格面普通
音質普通
販売先コチラ

【Hubble】maskphone

Hubble「maskphone」ですがとてもユニークな製品ですね。マスクとイヤホンが一体化しています。フェイスマスク替わりや新型コロナが気になる方はマスク一体型のイヤホンもありです。

着脱も容易なため使い勝手も良いです。しかも、洗濯することができるためマスクとして衛生面も問題ありません。

防水性あり
有線 or 無線無線
最大再生時間12時間
着脱の容易さ容易
価格面リーズナブル
音質普通
販売先コチラ

【VERTEX】VTH-IC026BCG

>>>詳細はコチラ<<<

VERTEX「VTH-IC043WH」はオーソドックスなBluetoothイヤホンです。特徴としては連続再生が6時間できるため、スノーボードでも十分に使用することができます。

音質も悪くなくスノーボードで使うなら十分な範囲です。外部音取り入れ機能はないため、会話するときは都度外す手間がありますが、この価格帯で音質の良さを考慮すると個人的におすすめです。

防水性あり
有線 or 無線無線
最大再生時間6時間
着脱の容易さ普通
価格面普通
音質良い
販売先コチラ

【HUAWEI】FreeLace

オーソドックスなHUAWEIのイヤホンです。スポーツ使用を前提に制作れているため耐水性は申し分ありません。

9.2 mmダイナミック型ドライバーを搭載しているため、力強い低音を提供しながらもクリアな高音を実現しています。

普段使いからスノボまで使用することを考えると、とてもコスパ・品質も良いイヤホンですね。

防水性あり
有線 or 無線無線
最大再生時間8時間
着脱の容易さ普通
価格面普通
音質普通
販売先コチラ

d-a0063

耳掛け式のイヤホンです。そのため、物理的に外れずらい構造のためスノボで滑走中に転倒しても外れることはありません。価格的にも安価なため万が一壊れたとしても惜しくないですね。

再生時間も8時間あることから1日滑る分には十分ですね。骨伝導イヤホンのため、付けたまま周りの音が聞こえるため友人と会話しながらリフト時間をつぶすことができます。

防水性あり
有線 or 無線無線
最大再生時間8時間
着脱の容易さ普通
価格面安価
音質普通
販売先コチラ

スノーボードでなぜイヤホンをするの?

スノーボーダーがイヤホン・ヘッドホンをしている姿はよく見かけると思います。特に、冬季オリンピックではイヤホンしている選手も多くいたと思います。

なぜイヤホンをするのか?ということですが、これは集中するためです。平野歩夢選手はハーフパイプの怖さを紛らわすために音楽を聴いていると話したこともあります。

人それぞれですが、音楽でテンションを上げたり、リラックスしたりする効果があります。もちろん、たくさん人がいるゲレンデでイヤホンをしていると周りの音が聞こえないため危険性が上がることもあります。

ただ、危険を音で回避するよりも視覚で察知する方が大切なため個人的にはイヤホンしていることで怪我を誘発することはかなり低確率だと考えています。

また、外部音を取り入れる「アンビエントモード」「トークスルー」「集音モード」と呼ばれるシステムがあるためイヤホンしているから周囲の音が聞こえない人ばかりではないでしょう。

ちなみに、平野歩夢選手が使用しているイヤホンは「beats by dr.dre」の製品です。

まとめ

スノーボードで使用するイヤホンの選び方からおすすめ製品を取り上げました。どのイヤホンも特徴がありますが、いかがだったでしょうか?タイプに被りがないようにさまざま複数の種類を選んでみました。

費用面でも買いやすモノもあるため検討してみてくださいね。それではあなたのスノーボードライフがより充実しますように!

スノーボードの選び方
ビンディングの選び方
スノーボードブーツの選び方
スノーボードヘルメットの選び方
おすすめゴーグル
初心者におすすめスノーボード
中上級者向けのスノーボード
グラトリにおすすめなスノーボード
グラトリにおすすめなビンディング一覧
グラトリ
グラトリのおすすめブーツ
オールラウンダーなスノーボード
キッカー・ワンメイクにおすすめなスノーボード
カービングにおすすめなスノーボード