MENU
グラトリ

グラトリやスノボー初心者のスタンス幅とビンディング角度(アングル)は?プロのセッティングも!

グラトリを初めたばかりの時に悩むことがあります。それは、ボードのセッティングです!具体的にいうと、スタンス(両足の幅)、アングルまたはアングル(ビンディング角度)のことです。

 

初心者の中には、これをを全く気にせずに滑っている人がいます。そもそも、そんなこと知らないよ!っていう人も多いのではと思うこともありますが!

 

特に教えてもらわずに我流でやっている人の中によく見かけます。スタンス、アングルが違うだけでグラトリの上達も変わってきます。ここでしっかり知識を身につけて頂ければ幸いです!

 

そして、プロがどれくらいのスタンス幅やアングルなのか見ていきましょう!

グラトリのアングル(角度)について

上記画像がなにか分かりますか?これは「ディスクプレート」というビンディングとボードを固定する部品になります。メーカーによって止め方や素材が異なったりしますが、このような見た目をしています。

 

ディスクプレートには溝があり、それをベースプレートの溝にはめこみ噛み合わせます。そしてビズで固定していきます。

 

このディスクプレートで固定したときの傾きの角度のことをアングル(ビンディング角度)と呼びます。右足、左足で細かく角度の調整を行えます。

 

アングルに関しては奥が深くて、どんな滑りをメインにするのか?キッカー・ジブ・グラトリ・カービングなどで傾き方を変えるのが一般的です。

アングル(ビンディング角度)が違うと?

さらにアングルについて話を深めていきましょう!アングルの角度が違うと、どうのような変化が起きるのか知っているとセッティングするときいに想像しやすくなります。

 

両足アングルの角度が外側に開いていけば行くほど、先行動作を入れやすくなります。

 

体が開いている分、先行動作が板に伝わる速度が遅くなり粘ることができますね。逆に、ターンのときには板を踏みずらくなる傾向があります。

 

グラトリのときには、絶対にしないセッティングですが、つま先がどちらも進行方向に向いているアングルはレースやカービングなどで使われます。このセッティングは板を踏みやすくとてもターンしやすいです。

グラトリ向きのアングルは?

グラトリに向いているのはダックスタンスです。両足のつま先が外に向いてハの字になるアングルを言います。

 

グラトリのアングルは『12°、-9°』『9°、-9°』などです。これといって決まりはないために自分に合った角度を探っていくことが必要です。

初心者向けの一般的なアングルは?

初心者のアングルとしては、進行方向に対して『前足21~30度』『後足0~-12度』です。後ろ脚の開き加減は始めは0度が扱いやすいと思います。慣れてくれば徐々に開いていくで良いでしょう。

 

一般的な初心者のアングルに関しては『前足6~25°』『後足-3~-20°』の間で組み合わせていきます。たとえば「前12度、後ろ0度」などです。

スノーボードのスタンス幅は?

アングルの角度が決まると次に考えるべきことがあります。それは、スタンス幅です。スタンス幅とは、ビンディングを取り付ける位置をどうするか?ということです。

グラトリのスタンス幅は?

グラトリのスタンス幅はかなり好みがあるのでいろいろとお試しすることをおすすめします。一般的に言えることはグラトリにおていは『肩幅より少し広めにすること』が多いです。

 

グラトリのスタンス幅は個人差がありますので、具体的な数値を挙げますが参考にして頂ければ、というぐらいで聞いておいてください。体格によって違いますが男性は58cm程度、女性は52cm程度と考えてもらえればと思います。

 

これは通常のスタンス幅よりも若干広めになります。肩幅より少し広めなイメージです。スタンス幅を広くとることで、どっしりと板を踏むことができるので安定感が増します。

 

さらに、スタイルが出しやすくなることやアンディー系、スピン系のトリックを行いやすくなる傾向があります。しかし、プレス系は若干やりずらく感じる人もいるようです。

 

そして、スタンス幅が広くなればなるほどオーリーがかけづらくなることは覚えておきましょう。このあたりは個人差があるところなので、滑りながら試していって自分に合ったスタンス幅を探していきましょう。

初心者のスタンス幅は?

まず、初心者や一般的な考え方ですがスタンス幅は『おおよそ肩幅より少し狭め』です。スタンス幅が広くなるとボードのコントロールが難しくなります。グラトリの場合はスタンス幅を広げることがありますが、初心者に関しては肩幅よりも少し狭いくらいで設定しておきましょう。

スタンス幅で注意することは?

スタンス幅で注意することですが、幅が広すぎると重心が低くなります。ボードは身体の重心が下にあった方が性能を発揮しやすいです。そのため、あまりにスタンスが広いと重心が外側に分散して性能が低下することがあります。そのため、おおよそ肩幅をおすすめします。

 

そしてボードの中心から左右に同じ位置でセッティングしましょう。前より、後ろよりにセットすることはやめておきましょう。パウダーを滑るときは後ろ目にセットバックを入れることがありますが、基本的には均等にしておく方がバランスが取れて良いです。

プロスノーボーダーのスタンス幅やアングルは?

スノーボードにはプロという存在がいますが、グラトリでプロになれるわけではありません。スノーボードのプロというのは、全日本スキー連盟(SAJ)や日本スノーボード協会(JSBA)が定める大会で上位に進出するなどの条件を見えたせばライセンスが与えられます。

 

そのライセンスがいわゆるプロライセンスです。そのため、サッカーとか野球とかのプロとは違います。ライセンス制なのでスノボーダーとして滑りだけで生計建てている日本人は片手いれば良い方です。

 

・・・と、関係ないことですがwグラトリのプロはいないので、ハーフパイプ・フリースタイルなどのプロ選手のスタンス幅やアングルを見ていきましょう!参考になるか分かりませんが、目安にはなると思います!

平野歩夢

身長:165㎝

スタンス幅:52㎝

アングル:前足15度・後足-6度

平野歩夢の仕様ギア

角野 友基

身長:165㎝

スタンス幅:52㎝

アングル:前足9度・後足-9度

角野友基の仕様ギア

国母 和宏

出典:https://backside.jp/interview-001/

身長:162㎝

スタンス幅:22インチ(55.88cm)

アングル:前21度、後-15度

平岡卓

身長:170㎝

スンタンス幅:54㎝

アングル:前足15度・後足-9度

ショーン・ホワイト

出典:写真:Getty Images

身長:175㎝

スタンス幅:23インチ(58.42cm)

アングル:前足12度・後足-3度

マーク・マクモリス

身長:178㎝

スタンス幅:59.5㎝

アングル:前足13度・後足-12度

ダニー・デイビス

身長:175㎝

スタンス幅:58.5㎝

アングル:前足15度・後足-12度

ジェレミー・ジョーンズ

出典:adventuresportsnetwork.com

身長:173㎝

スタンス幅:24.5インチ(62.23cm)

アングル:前15度、後-9度

ジェイミー・アンダーソン

身長:160㎝

スタンス幅:56㎝

アングル:前21度、後-15度

さいごに。

ここでは、スノーボードで重要とスタンス幅とアングル(ビンディング角度)について見てきました。基本的には、肩幅前後ということでした。初心者の方であれば肩幅より若干狭くすることでボードの操作性を向上させます。

 

グラトリにおいては、人それぞれですが肩幅から少し広めで設定することが多いです。それもグラトリのスタイルによって異なりますので、いろいろと試していきましょう!

ABOUT ME
まさやん
年間滑走回数30-50日程度。冬は雪山に篭もりがち。雪解けからはスケボーやSUPに取り組んでいます!