【その他】

ドラグダケの効果と特徴!メリット・デメリットは?口コミも気になる!

まさやん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

OJKスペシャルスノーボードは、高度なスノーボーディングテクニックとパフォーマンスを追求するライダー向けに設計されたスノーボードを開発しているブランド。

そのクオリティーは特別な素材と先進的なテクノロジーを組み合わせており、滑走性能、操作性、耐久性に優れています。

そんなOJKがボードと併せて開発しているものが「プレート」です。その中でも最近話題になっているのは「DRAG DAKE(ドラグダケ)」です。

この記事では、ドラグダケの効果や種類など気になることをまとめています。ドラグダケを検討されている方の参考になれば幸いです。

ドラグダケはこんな人におすすめ!
  • ドラグを防ぎたい・改善したい
  • エッジング強化、振動抑制を抑えたい
  • ラントリしたい人
  • ブーツサイズが大きい人
sponsored

ドラグダケの基本知識

ドラグダケとはOJK PLATEが開発したスノーボードで使用される樹脂プレートのことです。このプレートはビンディングを取り付けるときにボードとビンディングの間に挟むことで滑走性能を高めることができます。

主に、プロスノーボーダーが使用することが多いですが、最近では一般ライダーにも広まっています。後述していきますが、ブーツと雪面の摩擦、振動抑制、エッジング強化などの効果があります。

またOJKでは「OJKプレート(01/0.8/02)の3種類」と「DRAG DAKE/DRAG DAKE FREE RIDE MODELの種類」がラインナップされています。

効果・特徴やメリット・デメリット

ドラグダケの最大の特徴は、滑走速度の向上にあります。この滑走速度の向上は、革新的な素材と独自の設計技術によって実現されています。

この技術により、滑走速度は従来のモデルに比べて向上しています。操作性においても、ドラグダケは一歩進んでおり、プロスノーボーダーも満足するレベルのパフォーマンスを発揮します。

特に、カービングの際のエッジングの安定性、グラトリ時の応答性が高まっており、これにより技術の幅が広がります。

メリット

ドラグダケを使用することで操作性が格段に向上し、初心者でも扱いやすくなります。最大のメリットはドラグを軽減できることです。また、使用前と使用後で違和感なく滑ることができ、カービングやラントリにも問題ありません。さらに、エッジグリップ力が少し上がり、反発も少し強くなります。グラトリにも慣れてくると問題ありません。取り付けも簡単です。

デメリット

グラトリを続けると、プレートの角で板が陥没する可能性がある。また、トーションがやや硬く感じられ、多少重くなります。最初は低速でのグラトリが少しやりづらく感じられましたが、操作性は向上しました。ただし、価格が少々高いです。初心者でも扱いやすいです。

ドラグダケの主な利点は、明らかにドラグ(摩擦)の軽減です。これが一見単純に見えるかもしれませんが、その影響は非常に大きいです。

特に「ラントリ」スタイルのスノーボーダーは、トリックを楽しみながらもカービングもしたいという人々にとって、この機能は非常に役立ちます。

通常、ラントリスタイルのスノーボーダーは、カービングをメインにする人々よりも前振りをあまりしない傾向があります。

つまり、前振りを大きくしたくなりけどドラグを減らしたいスノーボーダーにとって、この特性は非常に価値があります。さらに、ボードの操作感をそのままに、ドラグだけを解消したいという人々にも、この製品は効果的です。

ドラグ解消

ドラグダケは、その名の通り、ドラグ(摩擦)を軽減することを主目的としています。特に、「大きな足でカービングする際に摩擦が発生する」といった問題を抱えるユーザーに対して有効です。

以前のOJKプレート01もドラグ軽減には一定の効果がありますが、それはエッジング(切り込み)を強化する要素が多く、足元の感触が硬くなる傾向があります。

このような変化は、操作感の一貫性を重視する多くの人々にとっては好ましくありません。

ドラグダケは、このようなユーザーのニーズに応えるために設計されており、操作感を大きく変えずに摩擦だけを軽減することが可能です。

1cmほど雪面より高くなるため大半の方のドラグを解決することができます。

振動抑制

OJKプレートシリーズ全体、そしてドラグダケも、振動を減少させる機能が備わっています。この特性により、少々状態の悪い斜面でもスムーズに滑行可能です。

さらに、膝への負荷も軽減されるため、体への影響も少ないです。振動が少ないというメリットは、滑走中の集中力を高める効果もあり、これがカービング性能の向上にも影響していきます。

エッジング強化

エッジングの向上は、プレートそのものよりも、ユーザーの重心位置が高まることで生じます。

これは、カービング時に重心が遠ざかるほど、グリップ力が強まるためです。

ただし、ドラグダケにおいては、01モデルと比較してプレート由来のエッジング効果は限定的であり、その影響は比較的小さいです。

ドラグダケの種類

ドラグダケの種類
  • DRAG DAKE PLATE
  • DRAG DAKE FREE RIDE MODEL

DRAG DAKE PLATE(ドラグダケ)

ドラグダケは、ビンディングの下に取り付けることで、滑走中の摩擦を抑制しながらボードの性能を維持します。この新しいギアは、操作性とパフォーマンスを高める目的で設計されています。

軽量な樹脂製プレート(1枚あたり168g)を使用することで、カービング時のグリップ力を高め、パウダーでの浮遊感も向上させます。さらに、11mmのプレート高さと独特のリブ構造により、パワーバランスまで考慮されています。

カラーBLACK / PINK / YELLOW / GREEN / CLEAR WHITE
素材高密度ポリエチレン抗菌対応樹脂
サイズ全幅:235mm / トゥーサイド:165mm / ヒールサイド:152mm
オプション真鍮製ジョイントボルト×8 / 六角平スパナ
20代男性
20代男性

カービングに力を入れたかったので、ドラグダケは本当に頼もしい味方になってくれました。特に、ブーツが大きいためにドラグが気になっていましたが、それがほぼ解消され、もう滑るのが楽しくなりました!

30代男性
30代男性

色はブラックにしましたが、これがまた素敵にマッチしてくれて、外見も全く目立たないため気に入っています。デザインもシンプルで、初めてプレートを買う自分にはちょうど良かったです。

30代女性
30代女性

付属の工具で簡単に取り付けられ、一度装着してしまえばずれる心配もありませんので、安心して滑ることができます。エッジもしっかりと噛むようになり、カービングがさらに楽しくなりました!もう一度言いますが、本当に買って良かったです。

DRAG DAKE FREE RIDE MODEL(ドラグダケフリーライドモデル)


「ドラグダケ」の新しいフリーライド版が登場しました。このアップグレード版の新作はカービング時の安定性とグリップ、さらにパウダーでの浮遊感も一段と高めます。

円形のリブデザインで柔軟性が増して角度も自由に調整できるため、多様なライディングスタイルに対応します。

ビンディングとボードの間にこの特別なプレートを取り付けるだけで、摩擦を減らし、操作性を高めます。OJKブランド独自のジョイントボルトを採用しているので、設置も簡単です。

さらに、新たに大型のワイドバージョンもラインナップ。Lサイズのビンディングやワイドボードにも適応し、その性能を最大限に活かします。通常のドラグダケでは物足りない方は是非検討してみましょう。

カラーPASTEL PURPLE / PASTEL YELLOW / PASTEL BLUE / BLACK
素材高密度ポリエチレン抗菌対応樹脂
サイズ全幅:235mm / トゥーサイド:165mm / ヒールサイド:152mm
オプション真鍮製ジョイントボルト×8 / 六角平スパナ

まとめ:ドラグダケの新作やメリット・デメリット

ドラグダケのポイント
  • OJKスペシャルスノーボードが開発した製品である
  • ビンディングとボードの間に挟む樹脂製プレート
  • 滑走性能と操作性を高める目的で設計
  • カービング時のグリップ力とパウダーでの浮遊感を向上
  • プレート高さは11mm、特有のリブ構造でパワーバランスも考慮
  • プロスノーボーダーから一般ライダーまで広く使用されている
  • ドラグ(摩擦)を軽減し、エッジングや振動も抑制
  • カービングやラントリにも適用可能、違和感なく滑れる
  • 設置が簡単で、特別なジョイントボルトを使用
  • 価格は少々高いが、その価値がある性能を提供
  • フリーライドモデルもあり、さらに性能を高める
sponsored
ABOUT ME
まさやん
まさやん
フリーランス歴5年の横乗りライダー。ブログ運営・コンサルティングを生業として活動中。冬はスノーボード、夏はスケートボードたまにSUPを楽しんでいます。スノーボードは年間30~50日ほど滑走。ホームは中国地方。冬には数週間単位で長野・北海道に生息。SnowboardHack運営者。
記事URLをコピーしました