ウェア

スノーボードウェアのインナーの選び方!あの製品は間違えです!

スノーボードに行くときにはどのような服装をしていますか?ウェアを着るに決まっているだろう、、、というのは当たりまえですが、ウェアの下にはどのような服装していますでしょうか?

 

特にどうしたら良いのか悩むのが「肌着(インナー)」ですね!ユニクロのヒートテックに決まっているだろう!と思っている人は注意した方が良いですよ!

 

ヒートテックは個人的に大好きなインナーですが、雪山においては性能的によろしくない場合もありますから。そのあたりの理由、どんなインナーが良いのか?ということをまとめていきます。

肌着がヒートテックはダメな理由は?

ユニクロのヒートテックといえば、誰がも持っているインナーではないでしょうか?普段使いにはぴったりと毎日着ている人も多いことでしょう。ですが、ヒートテックが雪山の肌着として向いていない理由は、その素材からなる性能です。

 

ヒートテックの素材

  • 34%ポリエステル
  • 34%レーヨン
  • 27%アクリル
  • 5%ポリウレタン

 

この4種類の素材の中で注目するべきは、レーヨンという素材です。このレーヨンという素材の特徴は「肌触りが良く感じられる」という大きな利点があります。あの独特な触り心地の良さはレーヨンによるところ大きいです。

 

その特徴としては、高い吸水性を兼ね備えているために大量の汗をかいた場合には吸水しなくなります。どうして、そのようなことになるかというと、要するに乾くのが遅いという特徴があります。

 

つまり、日本のゲレンデでは早々ないですが遭難したときや怪我をして動けないといったことになれば体温の低下が致命的になることがありえます。あくまでもヒートテックは普段の生活を想定したインナーのため雪山のような寒冷地で運動する場合はやめた方が良いでしょう。

 

特に冬山登山・バックカントリーなどにトライする方はヒートテックは控えた方がいいでしょう。それだと、どのようなインナーを着たら良いのでしょうか?

インナーの選び方や注意点は?おすすめも紹介!

それではどんなインナーが良いのか?ということですが、それは「レーヨンが使われていないインナー」が良いです。この点を注意すれば問題ありません。たとえば、「ポリエステル系繊維」が使われているインナーです。

こちらのインナーですが、ポリエステル89%・ポリアクリレート系繊維11%という素材で構成されています。「汗をスムーズに拡散し、ウェア内部の蒸れを防ぎ、身体を冷やしにくくする効果もあります」というキャッチフレーズで売り出しています。

 

ヒートテックですが、全く性能はことなりますね。さらに、僕が使っている肌着はジオラインというモンベルが商品開発した製品を着用しています。

僕の場合は、ハイクアップでバックカントリーに挑戦することもあるので、その予定がなかったとしても着るようにしています。つまり山登りしている人でヒートテックを着ているというのはかなり素人感を丸出しだです。いまは山登りの話はしていませんがw

 

あとはゲレンデで長いコースを滑ると汗をかく人もヒートテックはやめた方がいいですね。リフトに乗っている間、体を冷やす原因となりますので!

さいごに。

スノーボードウェアを着る時にインナーのことまで考えたことがある方はいましたか?人によってはインナー一枚で生死を分ける場合もあるくらいに重要なアイテムとなります。

 

ゲレンデを滑る場合にはあまり気にしなくても良いかもしれませんが、備えあれば患いなしというのでスノーボードに何度もいくことがある方は1枚くらいは持っていても良いでしょう。

スノーボードウェアのメンズおすすめトレンド31選【2020-21】この記事ではスノーボードウェアでもメンズにおすすめする製品を紹介しています。有名ブランドウェアからマニアックなものまで取り上げています。まだ、これ!というウェアに出会えていない方は参考にしてくださいね!...
スノーボードウェアのレディースおすすめ18選【2020-21】この記事ではレディース用のスノーボードウェアを紹介しています。デザイン重視でおすすめを紹介しています。 やっぱりレンタルシ...
ABOUT ME
まさやん
年間滑走回数30-50日程度。冬は雪山に篭もりがち。雪解けからはスケボーやSUPに取り組んでいます!
お困りならコチラを参考にしてください!
スノーボードのビンディングの選び方 スノーボード板の選び方スノーボードブーツの選び方
RELATED POST