スノーボード

スノーボード初心者はプロテクターを上半身・下半身も付けた方がいい?おすすめの製品も!

 

スノーボードは危険なスポーツだという認識がありますか?どんなに上手い人でも転倒することはあります。初心者に至ってはさらにケガする可能性は高くなることでしょう。

 

そこで考えることは、怪我の対策として「プロテクター」をつけた方が良いのか?ということです。

 

ここでは、プロテクターをつけた方が良い理由やおすすめのプロテクターについても紹介していきます。

スノーボード初心者がプロテクターをつけた方良い理由

スノーボード初心者に限ったことではありませんが、プロテクターは装着した方が安全にスノーボードを楽しむことができます。

 

スノーボードは常に転倒のリスクがあります。初心者スノーボーダーであれば、板のコントロールを失って立ち木にぶつかったり、コースを外れることもあるかもしれません。

 

そういった際にプロテクターを装着していると衝撃や怪我を軽減してくれます。

 

また、僕自身もプロテクターは装着しています。その理由として、パークのジブに入るからです。アイテムに体を強打するようなこともありますから、骨が折れる可能性もあります。

 

僕のスノーボーダー友達は、アイスバーンで両手をついて両手首を骨折したこともあります。そういうことからも、特に初心者スノーボーダーにはプロテクターを検討してほしいですね。

プロテクターは上半身・下半身にも必要か?

プロテクターの必要性は理解してもらえたと思いますが、プロテクターにも上半身と下半身のモノがあります。これはどちらも必要なのでしょうか?

 

結果、できるなら上半身・下半身の両方を装着するべきです。

 

最小限に済ませるとしても、膝、お尻のプロテクターは絶対に装着すべきだと考えています。膝・お尻は雪面で打ち付ける可能性が高いからです。

 

通常の雪であれば問題ないのですが、アイスバーンなどの硬い雪質だった時には大きな衝撃となります。初心者であれば、プラスして手首のプロテクターもおすすめします。

おすすめのプロテクター紹介

それでは、スノーボード用のおすすめするプロテクターを紹介していきます。スノーボード用のプロテクターは専門メーカーがあったりもします。それだけ、プロテクターを重視しているスノーボーダーが多いということですね。

Yoroiというメーカーはプロテクターを専門で制作しています。スノーボードだけでなく、バイク、BMX、モービルなど幅広いスポーツなどにおいて利用されています。

 

他にもメーカーはいろいろあるので探してみると良いですね。「ARK」というメーカーも有名ですね。

YoroiよりもARKの方が費用的にもお手頃です。どちらでも大丈夫ですが、僕はYoroi製品を愛用しています。

まとめ

スノーボード初心者はプロテクターを装着するべきか?ですが、装着するべきです。その理由としては、転倒するリスクが常にあるスポーツで怪我が多いためです。

 

特に初心者であれば「手首プロテクター」は必須です。

 

両手首を骨折することもあり得ますので、事前にプロテクターで防ぐことができます。おそらくですが、スノーボードの怪我で最も多いのは手首関係だと思います。

 

安全にスノーボードを楽しむためにしっかりと怪我の対策は施しておきましょう!

ABOUT ME
まさやん
年間滑走回数30-50日程度。冬は雪山に篭もりがち。雪解けからはスケボーやSUPに取り組んでいます!