スノーボード

【初心者必見】スノーボードの始め方!立ち方や木の葉滑りのコツは?

スノーボードに挑戦したいけど、どう始めたらいいか分からない。少しでも上達を早めてみんなのようにスイスイ滑りたいと思いますよね。

 

そこで、スノーボード初日にどのようなことを練習すれば良いかまとめました。この記事では以下のことを書いています。

 

  • 斜面での立ち方
  • 木の葉滑り

 

これができないとコースを滑ることもできないために、しっかりとできるようになる必要があります。それでは、早速見ていきましょう!

スノーボードの始め方!

スノーボードの始め方一言に言っても、いろいろなことを思い浮かべるかと思います。スノーボードを買うところから想像する方もいれば、ゲレンデでどんな練習するのか?と考える人もいます。ここでは、スノーボードの滑りの始め方でまとめます!

 

まず、初心者スノーボーダーが初日は初心者レーンもしくは初心者コースでも横に広い見通しが良い場所を選択しましょう。周りにあまり迷惑がかからない広さがあれば十分です。

立ち方のコツは?

まず、「斜面での立ち方」を知る必要があります。よくコース上で立ち上がるのに苦労している初心者スノーボーダーを見かけます。これも、カンタンに楽に立ち上がる方法があるので知っておきましょう。

 

立ち方を知っているだけで、疲れ具合も変わってきます。

斜面で立ち上がる

立ち方のコツで「斜面に向かって立ち上がる」です。要するに、これから滑っていく方向に背を向けて立ち上がるです。すると膝を雪面に付けることができるのでカンタンに立ち上がることができます。

 

よく初心者スノーボーダーで進行方向を向てい立ち上がろうとして、お尻を持ち上げることができなくて、立てない方がいます。脚力があまりない女性は特にこの立ち方はしんどいことでしょう。

進行方向を向いて立ち上がる

とはいえ、いつも後ろを向いて立ち上がるシチュエーションばかりではないでしょう。進行方向を向いてる場合でもラクに立つ方法はあります。それは「トゥーエッジを持って立ち上がる」です。

 

要するに、スノーボードのつま先側を持って立ち上がることです。そうすることにより重心がボード上に移動することから、カンタンに立ち上がれます。

 

はじめは難しいかもしれませんが、慣れると何も問題なくできます。つまり上に立とうとすると立ち上がれないです。こちら参考動画を掲載しておきます。

木の葉滑りのコツは?

「木の葉滑り」とは、木の葉っぱが雪面を滑っていく様子に似ていることから言われ始めた用語です。この木の葉滑りは、スノーボード初日は誰もが経験する滑り方でしょう。基礎中の基礎です。

斜面を真っすぐ木の葉すべり

木の葉滑りにはいくつかコツと順序があります。コツに関しては「膝を曲げること」です。膝が棒のように真っすぐな状態では上手く木の葉はできません。屈伸するようにしゃがみ込むイメージです。

 

しゃがみ込むときにはお尻を突き出すのではなくて、体の重心を板上に残した状態でしゃがんでみましょう。すると自然と前に進んでいきます。はじめはカクカクするかもしれませんが、慣れるとスムースに滑ることができます。

木の葉で左右に滑る

直進することができたら、左右に木の葉で滑っていきましょう。木の葉の状態で左足だけをずらすと左方向へ滑ることができます。右足を少し前にずらせば右へ移動していきます。

 

木の葉で右に進んでいる最中に停止するためには、左足を前に出します。すると板のエッジが強く雪面にかかるため減速していきます。この動作をコースの端から端までできるようになると良いですね!

 

参考動画を掲載しています。始めてスノーボードにチャレンジするようですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?このことを知るだけでもスノーボードの上達は変わってきます。

 

  • 立ち方のコツは、重心の位置をボードの上に
  • 木の葉のコツは、膝を曲げること

 

ちょっとしたことで大きな違いとなりますので、しっかりと理解しておきましょう!

ABOUT ME
まさやん
年間滑走回数30-50日程度。冬は雪山に篭もりがち。雪解けからはスケボーやSUPに取り組んでいます!