スノーボード

スノーボードが安い時期と狙い目は?ネットショップと実店舗はどちら?

この記事ではスノーボード用品が安く買うことができる時期、さらにはショップについて紹介しています。きっとこの記事をご覧になっている方は「スノボーって高いよな~」と思っていることでしょう、僕もそう思います!

 

そのまま、友達に進められるまま買ってしまうと30万円くらい一式揃えるために使ってしまうかも?初心者であればそんな大金スノボーにかけられませんよね?それを少しでも解決するためにスノーボードが安く手に入る時期について知っておくべきですね!

スノーボードが安い時期

①シーズン前の早期予約のタイミング(6~10月)
②シーズン終了間際から終了後(3~5月)

基本的には、この2つの時期が安く買うことができます。さらに、安さを求めるならインターネットショップ(楽天市場がおすすめ)で探すと最安値を探すこともできますよ!

 

この記事を読むことで数万円~十数万円単位でスノーボード初期費用を抑えられる可能性があります。さらに注意したい点もあるので、サクッと4分ぐらいで読める内容ですから参考にしていただけたら嬉しいです!

【簡単なプロフィール】

  • スノーボード歴は13年
  • 長野で住み込み篭り経験あり
  • ある大会で受賞歴あり(エアー部門3位)

スノーボードが安い時期と狙い目は?

スノーボードを安く買うための時期は決まっています!「新品」と「新品でも型落ち」で異なりますので、その点は間違わないでくださいね!

新作のスノーボード用品を安く買うには?

まずは、スノーボード用品が安く買える『時期』ですが新品であれば早期割予約ができるタイミングです。ですが、大抵10~15%OFFです。早いメーカーであれば1月から受付開始しています!

 

しかし大抵が6~10月頃の間に予約ができます。秋口まで予約できる状態のモノは、そのショップが仕入れる予定があるために早期割ができるということです。その早期割が終わればあとは定価になります。大きな値下げはここでは絶対に起きません。

 

ですが、冬に入ってくるとスノーボードの準備ができている人が多いため売れ行きは少しづつ悪くなります。そのため、早ければ1月頃から当シーズンのスノーボード用品でも値引きが始まります。

実店舗

実店舗はシーズンが進めば進むだけ安くなります。板だと最大で定価より半額くらいまでは落ちる板もあります。

それは仕入れの値段によりけりな部分もあるため、どこまで下げてくるからはお店次第となります。汎用板で制作枚数が多いものほど仕入単価が安いため値引き幅も低くなる傾向があります。

ネットショップ

スノーボードを取り扱うショップはネットにたくさんありますね。実店舗と並行してお店を出店しているところもあります。基本的にはネットショップは店舗型のように人件費・テナント料を低く抑えることができるため、実店舗よりも値下げ幅が大きくなる傾向にあります。

 

ネットショップが互いに値下げ合戦を行って切り下がっていくことも珍しくありません。たとえば、楽天市場に出店している商品であれば「お気に入り」に入れておけば値下がると通知をうけとることができる仕組みもあります。そういったところで値下げを察知すると良いでしょう。

 

界隈では有名なスノーボードネットショップは「スノーボードのおすすめ通販サイト!」でまとめているので、こまめにチェックしておくと良いですよ!

激安型落ちのスノーボード用品を買うには?

最も知りたいのは『型落ち』の買い時だと思いますw型落ちが最も安くなる時期は2つあります。それぞれを見ていきましょう!

シーズン終了間近 3-4月

スノーボードのハイシーズンが南から終わってくると、売れていないスノーボード用品は在庫になる可能性が高まります。3月になると上信越方面のゲレンデもどんどんシーズン終了していきますね。

 

そうなると全く売れなくなるスノーボード用品。特にですが、春口になるとスノーボードウェアは特に価格崩壊が起きます。アパレル商品なので流行り廃りがありますから余計です。

 

アパレル系に言えることですがデザインが流行っていないモノは売れづらいのは当たり前ですよね。スノーボードウェアは特にアパレル要素が強いです!

 

ウェアの狙い目はこの3~4月になります。まだ、在庫も多く種類が豊富に揃っていることが多いです。ウェアだけでなく、スノーボード用品全体に言えることです。とくに板・ビンディング・ブーツのように来期に商品が新しく販売される商品は安くなります。

シーズン開始前 10-11月末

スノーボード用品ですが、大体8月頃にそのシーズンの新作が並び始めてきます。そうなるとお客さんの視線は新作へ移っていきます。そうなると、そこで型落ちは値引きして売り払いたい!となります。

 

新作があるなかに旧作が並んでいる状態ですね。このタイミングで売ることができないと売れない可能性が高まります。もしくはかなり下げないと売ることができなくないます。たたき売り状態になることもありますね。半額以下とか。赤を出しても良いので丸々売れないよりはマシですよね!

 

なんでもそうですが、次のモデルが出ると前の型は安くなりますよね?家電も自動車も同じようにスノーボード用品も全く同じことが言えます。運が良いと前々季モデルがあったりすると破格になります!

 

僕がムラサキスポーツでSP-Bindingの最上位モデルを買った時は、定価38,000程度が10,000円で売られていたこともあります。なぜこれがこの値段!というようなお宝品を見つけることができるのがこの時期です。ただ、サイズがなかったり、種類が少なかったりするため、買いたい物があるかは別問題です。

ネットショップと実店舗はどちらが安い?

ネットショップと実店舗はどちらが安いか?ということですが、これについては基本的にはネットショップの方が安くなると考えて良いでしょう。ネットショップは固定費がかからないために割引率もよくなります。

 

実店舗とネットショップの両方のところよりも、ネットショップだけの方が安くなりやすいですね。ただ実店舗はお宝品と出会うことも稀にありますので、スノーボードショップの近くを通るときにはチェックしておくといいですよ~!

 

さらに実店舗よりもネットショップの方が種類があります。実店舗だとその店だけにあるモノになるため、選べる種類が限られてくるのは分かりますね。型落ちを探しているならなおさらです。

 

ただ、実店舗の方が店員にいろいろと聞くことができるため、相談等ができるので知識がない方が利用するのは良いと思います。どんな板でもいいや!安ければ!という方もインターネットで買うのが良いでしょう。

さいごに

スノーボードが安い時期

①シーズン前の早期予約のタイミング(6~10月)
②シーズン終了間際から終了後(3~5月)

スノーボード用品が安く買える時期や狙い目をまとめました。型落ちとなるとやっぱり種類がないために欲しいモノが買えない可能性が高いです。どうしても確実に手に入れるには早期割の予約が間違いないです。

 

スノーボード用品が安く買えるイベントとしてスノーボード天国がありますが、そういった在庫処分セールに行くのもありでしょう!今シーズンのスノ天の開催地や日時はこちらでまとめました。行ってみるのもいいかもです!

 

あなたのスノーボードライフがさらに充実したものになることを願っています!ありがとうございました!

ABOUT ME
まさやん
年間滑走回数30-50日程度。冬は雪山に篭もりがち。雪解けからはスケボーやSUPに取り組んでいます!
RELATED POST