今年ことはマイスノーボードが欲しいと考えている人も多いと思います!平野歩夢選手の登場で若い世代でスノーボードする人が増えたはず!スノーボードですが、板・ビンディング・ブーツ・ウェアなど色々なアイテムを揃える必要性があります。

 

初心者であればどれでも良いのか?やっぱり初心者向けといったものがスノーボードにも存在しています。特に板に関しては、違いを理解しておいた方が良いですね。そのことについては別記事にて解説しています。

 

ここでは、板に取り付ける「ビンディング」について見ていきましょう!それでは、スノーボードのビンディングブランドとおすすめする商品をチェックしていきましょう!

おすすめビンディングを紹介する前に!

おすすめビンディングを紹介する前に、どういった点を重視してビンディングを選んだらいいか?ということも少し触れておきましょう。ビンディングを選ぶ際には、自分がどういったスタイルで選んでいくのかハッキリ決めた方がいいですね。

 

たとえば、車選びの時には「家族が多いからファミリーカー」「かっこいい車がほしいから2シーターのスポーツカー」「安くていいので中古の軽四」というように、それぞれの人の考え方で車を選ぶと思います。適当には選びませんよねw

 

そのため、ビンディングにおていもどういった考えで選ぶかが重要です。たとえば、「グラトリやりたいからグラトリ向き」「キッカー飛びたいからキッカー向き」「グラトリもキッカーもやりたいな」「オールマイティ滑りたいな」などいろいろとあります。それによって重視してくる機能が異なってきます。その点をしっかりさせて選びましょう!

 

ここでは、「オールマイティ」に活躍できるビンディングを紹介しています!そのため、どれを選んでも大抵包括できるために困ることはないでしょう。ブランドをチェックしてから、それぞれ製品を具体的にピックアップしています。それでは見ていきましょう!

FLUX

FLUX(フラックス)は国内発のビンディングメーカーとして登場しました。現在では、ビンディングだけでなく、板、ブーツなども手掛けているスノーボード総合ブランドとして幅広く事業を展開しています。ビンディングのクオリティが高く愛用者も多いメーカーですね。

FLUXの定番といえば「DS」です。このDSはブランドの中でもハイエンドモデルです。オールマイティにも使えるため愛用者が多いモデルです。高速・低速での滑りをカバーできるビンディングで多様性があります。FLUXの中で最も人気があります。

DSWの特徴といえばハイバックです。ハイバックが他のモデルより大きいためにホールド感があります。とても操作性が良いですね。グラトリやジブには最適のビンディングとなっています。

FLUXのビンディング一覧

UNION

UNION(ユニオン)はビンディング専門メーカーです。そのビンディングの人気はクオリティもさることながらシンプルなデザイン性も高く評価されています。ビンディングといえば、UNIONかFLUXかで意見が分かれるくらいですね!

FORCEは、オールラウンドに使用することができるビンディングです。軽く柔らかく、グラトリ・ジブはもちろんですがキッカーでもコントロールしやすいです。

STRATA(ストラータ)は、操作性が良くしっかりと反応するビンディングです。どんなブーツとも相性がよくてオールラウンドに対応できます。イエローカラーのモデルは世界中のライダーに配布して使用してもらってるようですね!

UNIONのビンディング一覧

BURTON

BURTONの説明は不要かもしれませんね。スノーボードのパイオニア企業ですから。その製品のクオリティは世界中のスノーボーダーから絶賛されています。

これまた定番ビンディング!BurtonのジェネシスといえばBURTONホルダーであれば誰もが知るビンディングかもしれません。多くのBURTONユーザーが使用していますが、お値段が少々張るのがいつも悩むところ。その代わり、そのクオリティーはピカイチです!

長年にわたって愛用しているボーダーが多いMalavita(マラビイタ)。ハンモックストラップが特徴的でフィット感がありとてもレスポンスが早いです。ルーズな乗り心地ちを求めるよりかは俊敏で板への反応を機敏にしたい方におすすめできます。

BURTONのビンディング一覧

DRAKE

DRAKE(ドレイク)というと馴染みがない方もいるかもしれませんね。このDRAKEを知る上で切り離すことができないブランドがあります。それは「NORTHWAVE(ノースウェーブ)」です。NORTHWAVEは聞いたことがあるでしょう。イタリアでシューズメーカーとして操業しました。

 

スノーボードブーツを見た職人たちが「フィット感」にこだわったブーツを作りたいと考え1991年にスノーボードのブーツメーカーとして事業をスタートしています。そして、ブーツによりフィットするビンディングも広げたいという想いから「DRAKE BINDING」が誕生しています。

 

NORTHWAVE/DRAKE BINDINGは創業当時からいうと25年以上経過したイタリアを代表するスノーボードメーカーです。その品質はもちろんのこと多くのスノーボーダーに支持されています。

DRAKE BINDINGを代表するビンディングといえばこのSUPERSPORTです。DRAKEのインターナショナルライダーでもある工藤洸平さんも使用しているモデルです。オールマウンテン&フリースタイルということで、どんな使い方でも安定したパフォーマンスを発揮します。

RELOAD(リロード)の特徴としては超軽量設計でとても扱いやすいビンディングです。高いレスポンスを持っていますが、ハイバックは柔らかく、グラトリ向きなビンディングです。これからグラトリに取り組みたいというボーダーにおすすめですね!

 

言うまでもありませんが、NORTHWAVEブーツとDRAKE BINDINGはセットで揃えておきましょう!

DRAKE BINDINGの一覧

FLOW

FLOW(フロー)は、2002年よりビンディングの事業を展開しています。元々は、スノーボードなどのラチェットを開発していました。しかし、ラチェットよりもビンディングその物を開発したいという想いからビンディングを手掛けています。

 

FLOWの特徴としてリアエントリー式というビンディングシステムです。FLOWの特徴としてはビンディングをスムーズにブーツと固定できることです。ストラップがなく、いちいち調整する必要がありません。立った状態で装着できるすごく便利なビンディングです。

NX2 GTは、その中でもハイエンドモデルとなっています!装着の簡単さを考えるとかなり初心者にもおすすめすることできます。小話ですが、FLOWはNIDECKER(ナイデッカー)というブランドに最近吸収合併されています。ブーツは、NIDECKERとDEELUXEが相性が良いです。

SP Binding

SP BindingですがFLOW同様のビンディングシステムを採用しています。リアエントリーだからこそ実現したフィット感が人気の秘密です。ブーツとビンディングが一体となった感覚からとても扱いやすいビンディングが多いです。足裏感覚が非常に良いですね。

BROTHERHOODは、ハイバックの特徴から可動域が広いです。そのため、大きな動きをゆっくりと行うことできます。つまり、グラトリ、パウダーランに向いていることが言えます。

 

かかと部分のパッドは高さを低くしてほぼ良い柔らかさがあります。足裏で雪面を感じられるように開発されていますね。特にグラトリにおてい、雪面を感じ取れることが多きため、グラトリユーザーにもかなりおすすめです!

SP Binding一覧

NITRO

NITRO(ニトロ)は2020年で生誕30年を迎えます!30年前にThomas DelagoとSepp Ardeltの二人のスノーボーダーが立ち上げた小さなブランドでした。今では、多くのライダーが在籍して世界中で活躍しています!板・ビンディング・ブーツと展開しています。世界的に有名なスノーボードメーカーのひとつですね。

NITROには細かく分けると7種類のビンディングがあります。その中でも、初心者から中級者におすすめできるのが、このTeamです。カラーバリエーションも豊富でおしゃれに決めたい人にもおすすめです。ゴールドのビンディングなんていかがですか?w

 

少し硬めのバインディングですが、ジブでも全然使える自由度があります。初心者の方でも、操作性が良いですね。あまり日本ではすすめている人がいないかもしれませんが、その操作性は抜群!NITROで足元をキメていたら、マニアックな方から見ると「渋いね」と言われるかもしれませんよ!

NITROのビンディング一覧

RIDE

RIDE(ライド)といえば、日本人スノーボーダーで世界で活躍している角野友紀選手がスポンサー契約しているメーカーです。世界でも知名度が高いスノーボードメーカーなことは誰もが知るところ。個人的な意見ですが、とても好き嫌いが分かれるのではないでしょうか?

RODEO(ロデオ)はRIDEを代表するビンディングです。角野友紀選手も使用しているモデルです。ベースプレートがアルミのためダイレクトなレスポンス性能を発揮することができます。そのため、機敏な板のコントロールが可能となっています。カントが入っているため膝のポジションをキープさせやすくなっています!

 

広く使うことができますが、個人的にはキッカーなど激しいことをするにはおすすめします。アルミベースな故に、ビンディングが重いためにグラトリには不向きですね。キッカーではとても良い感触です。

EL HEFE(エルヘフェ)はRIDEのビンディングの中で最高級ビンディングです。RIDEの最先端技術・最高級素材を生かした操作性が素晴らしいビンディングです。ストラップはリーバースできます。片面は硬い素材でリスポンスをよくできます。もう片面は、柔らかい素材のためライダーの好みで装着することができます。

RIDEのビンディング一覧

SALOMONO

SALOMONは世界でも知られているスノーボード・スキーブランドです。スノーボードに関しては、板・ビンディング・ブーツを展開しています。国内で人気のあるブランドで多くのプロスノーボーダーとも契約しています。信頼おけるブランドのため、そのクオリティは満足いくものです!

HOLOGRAM(ホログラム)はSALOMONの最新テクノロジーが搭載されているハイエンドモデルのビンディング。SHADOW FITというシステムがさらに進化しています。可動域、柔軟性、サポート力がとてもあり、ビンディングをつけているのか忘れるくらいに、、、それは言いすぎ?w

 

ビンディング全体を見てもオールラウンドでフリースタイルにおいて、かなり高いパフォーマンスを披露してくれます。グラトリやキッカーしたいと思っている人はかなりおすすめですね!

SALOMONのビンディング一覧

YONEX

 

ヨネックスで唯一のビンディングです。ヨネックスのボードとは相性が抜群でしょう。あまり見かけたことがないビンディングですが、じれやすくトゥ・ヒールはクイックな操作性を生み出す他社にはない特徴があります。

YONEXのビンディング一覧

ビンディングの選び方

まず、ビンディングの選び方ですが、さまざまなことを知る必要があります。「システム」「相性」「硬さ」などが基準となります。

ビンディングのシステム

ビンディングにはどのような種類(システム)があるか理解する必要があります。ビンディングの種類は「ストラップ」「リアエントリー」「インステップ」大きく分けてこの3種類です。

ストラップ式

多くのメーカー・ブランドがストラップ式ビンディングをメイン商品としています。ラチェットと呼ばれる金具でブーツを締めあげ固定します。一般的には、このビンディングを選ぶことが殆どになります。他のシステムは興味があればというレベルでOKです。

リアエントリー式

リアエントリーですが、一部のメーカー・ブランドで採用されています。おそらく3ブランドだけだったかと(FLOW、SP Binding、GNU)。それほど採用されているビンディングは多くありませんが、とても便利なシステムです。ストラップ式と比べると以下のメリット・デメリットを上げることができます。

 

メリット

  • 着脱が早い
  • オフトレ施設・室内ゲレンデで重宝
  • 立って装着できる

 

デメリット

  • 重い(ハイバックがアルミ製)
  • リフトから降りる時に引っかかる
  • 強く締められない
  • 雪が詰まると取りづらい
  • パウダーには不向き
  • ブーツが傷みやすい

デメリットが目立ってしまいましたが、リアエントリーのビンディングを選ぶ人は「ヒトリスト」「オフトレ施設・室内ゲレンデ」「ストラップタイプだと足が痛い」これらの人にはおすすめします。

ステップイン式

このステップインのビンディングですが、採用すブーツが少しづつ増えています。上から、カチっとはめるだけで装着できるのでリアエントリー以上に装着がカンタンですね。

 

メリット

  • 着脱がとてもカンタン
  • オフトレ施設・室内ゲレンデで重宝
  • 立って装着できる

 

デメリット

  • お値段が高くなりがち
  • リフト乗車時に外れる

ステップインを僕は選ばない理由としては、高いこともあげられますが、リフト乗車時に外れて板とさよならすることがあるためですwこれは使い方がダメなのですが、リフト乗車時に板の雪を払うためにバンバンとブーツを叩くと外れたのを横で見ました(笑)

ビンディングの相性

ビンディングには相性があります。たとえば、BURTONのビンディングだとBURTONのブーツは相性がいいですよね?同一メーカー内であれば間違いなくビンディング・ブーツはマッチします。これが別のメーカーになるとサイズ感が違う、ハイバックの高さが高さすぎるなどの不具合が起きることがあります。

 

大抵の場合は、問題ないのですが稀にそういったことがあります。あとは、サイズ表記を気に掛ける必要があります。あとえば、ビンディングにブーツ適合サイズM(24~27)と記載があるとします。これは、ビンディングに合うブーツサイズの目安を表しています。

 

そのため、ビンディングサイズがSにブーツ28㎝は装着することができないということです。またブーツは各メーカー・ブランド共に同じサイズだとしても外回りの大きさが異なることも留意する必要があります。

 

殆どの場合は、標記されたサイズに合わせれば問題ありません。気になる方は、実際にショップなどに行き、サイズをわせることをおすすめします。その場合は、そのショップで買うことになるでしょうけどね(笑)

ビンディングの硬さ

上記の「システム」「相性」はとても基本的なことです。それよりも、少しマニアックな話になりますがビンディングの「硬さ」も気にすると良いでしょう。ビンディングにはハイバックとベースプレートと呼ばれるパーツがあります。

 

ハイバックはブーツを支える背の部分、ベースプレートは板とビンディングが接するプレートのことですね。その素材の硬さを意識すると良いでしょう。各メーカー・ブランドともに柔らかい・硬いビンディングをラインナップに挙げています。それぞれの特徴を確認しましょう。

 

柔らかいビンディング

  • レスポンスが鈍重
  • 低速でもコントロールしやすい

柔らかいビンディングは足元で自由が利きます。低速でもボードコントロールしやすく、初心者やグラトリ向きともいえます。キッカーでは、ポークなどの大胆な空中姿勢を表現しやすいです。パウダーでも楽に板を扱うことができます。

 

硬いビンディング

  • レスポンスが機敏
  • 微妙なエッジ操作が可能

ビンディングが硬いとボードへパワーをダイレクトに伝えることができます。そのため、ハイスピードでも力をボードに伝えやすいです。確実に操作を行えるため足元の安定感も増します。カービング・ハーフパイプなどの絶妙なエッジコントロールが必要なときに有効です。また低速時には余計な力もボードに与えるため逆エッジなどを招くこともあるので注意してください。

さいごに。

ここではスノーボードのビンディングメーカー・ブランドを10社、その中から16のビンディングを紹介しました。どの商品も一流品ばかりです。

 

また、ブーツの選び方として最後にどのようなことを気にすればいいのかもまとめました。どのようにして遊びたいかしっかいと考えてからビンディングを選びましょう!知れば知るほど悩んでいくのがスノーボードですので、しっかりと悩んでくださいね!