スノーボード

オールラウンドに滑れるスノーボードのおすすめや選び方は?注意すべきポイントも!

スノーボードの板を選ぶときに最も悩んでしまうのは、ボード選びだと思います!ブランド、グラフィックデザイン、形状など選ぶ視点はさまざまあります。選ぶときに重要なのは自分にあったボードを選ぶことですね。

 

初心者、初級者、中級者であれば自分が取り組みたいジャンルを絞ってボードを選びましょう!といってもなかなか選ぶことは難しいと思います。やっぱりキッカーもグラトリもフリーランもいろいろしてみたいという考えがありますよね!

 

そこで、ここではスノーボードの板でもオールラウンドに使える板を紹介していきます!これ1本あればオールマイティに取り組める幅広いジャンルに適応するモノを探しました!それとオールラウンドに遊べる板の選び方も解説していきます!

オールラウンドに板の選び方は?注意すべきポイントも!

オールラウンドに使えるボードと言っても「何を基準にして選べば良いのか分からない」と思うかもしれませんが、ハイエンドモデルの板を避ければ、ほとんど問題ありません!

 

ハイエンドモデルの板を買った場合には、何かしら特化した性能になっていることが多いためにオールラウンドにこなせないことがあります。具体的にどのようなポイントを注意してみるべきか見ていきましょう!

板の長さについて

板の長さについては、そこまで基準を変える必要はないでしょう。オールラウンドの板を意識する場合は身長マイナス20㎝前後の板で良いでしょう。長すぎ・短すぎは扱いにくくなるため、避けてください。

板の硬さについて

板の硬さについては、硬いほど操作性が難しくシビアになってきます。柔らかいほど、板の操作はルーズになっていく傾向があります。また、柔らかすぎると荒れたバーンでは板がバタつくことで操作がむずかいしくなります。これらのことを考慮してオールラウンドに使用するならミディアム(普通)程度の硬さが良いでしょう。

板のシェイプについて

シェイプについては、ツインチップが良いです。ディレクショナルツインなど左右が対象でないシェイプについてはオールラウンドではなくて、カービングなどに特化していることが殆どです。

板の形状(ベント)について

板の形状については、キャンバー・ダブルキャンバーの3種類が良いです。キャンバーはスノーボードおいては基本となります。キッカー・グラトリ・カービングでも用いられる形状です。ダブルキャンバーは、キャンバーとロッカーが融合した形状。そのため、なんでもこなすことができる形状です。ダブルキャンバーの方がキャンバーよりもオールラウンド向けですね。

オールラウンドの基準は?

これらのことを考えると以下のようにオールラウンド板の基準をまとめることができます。

  • 長さ:身長マイナス20㎝前後
  • 硬さ:普通(ミディアム)
  • シェイプ:ツインチップ
  • 形状(ベント):ダブルキャンバーもしくはキャンバー

このような特徴を持つ板がオールラウンドに滑ることができます。それはで、これらの傾向を持つおすすめするオールラウンドを見ていきましょう!

おすすめオールラウンドボードは?

紹介するボードは極端にグラトリに向いていたり、キッカーに向いている、ハーフパイプ向きというようなボードは登場してきません。そのため、どれを選んでもオールマイティにこなせる板になります。とりあえず、いろいろと取り組みたい人におすすめ板を挙げてみました。

ALLIAN – PRISM(プリズム)

まず、はじめに紹介するボードはALLIAN(アライアン)のPRISM(プリズム)になります。メンズとレディースでボードが分かれているのでお間違えの無いように!名前からして分かると思いますけどね。

 

このプリズムですが、シェイプはツインチップ(左右対称)、形状はハイキャンバー(通常のキャンバー)、フレックスはミディアムより少し柔らか目というスペックになります。

 

もうこの条件を聞いただけでオールラウンドに使える板ですね。オールマイティに滑れる板は同じような特徴を持っていますので覚えておくと良いかもしれません。

 

ALLIANの特徴にはなりますが、とてもソールが滑ります。それもソールにはNANO CARBON 999という技術が使われていることで快適な滑りを実現しています。国内でもかなり有名な板で多くの日本人プロスノーボーダーが利用しています。

RIDE – TWINPIG

僕がよく使用していたメーカーでもあるRIDE。DH(ディーエイチ)という名品があったのですが廃盤となり涙したことを今でも忘れません(笑)そお後継としてヘリックスという板がリリースされていますが、ここで紹介するのはTWINPIGです!

 

TWINPIGですがハイブリットキャンバー(ダブルキャンバー)、ツインチップ、フレックスもミドルフレックスでオールマイティに使える板です。RIDEの中でも最もオールラウンドに使えると思います。試乗会で乗った感じはそんなイメージでしたね。

 

乗った感じですと、フレックスはミドルでも柔らかめの印象です。動作に関してもナローでルーズな感じで乗り方にもおすすめできますね!キッカーを飛んだ感じも違和感なく、ランディングが多少荒れていてもしっかりとしていました。

K2 Snowboarding – AFTERBLACK

K2の中でもフリースタイルパフォーマンスに特化したボードになります。キャンバー形状が安定性と反発力を、そして程よい柔らかさのロ ッカーノーズ&テールがボードに柔軟性とレスポンスを与えます。

 

AFTERBLACK(アフターブラック)は本当にオールマイティでハーフパイプでもジブでもキッカーでもこなせます。まさにフリースタイルという言葉がぴったりですね!

Salomon – ASSASSIN

Salomon(サロモン)のASSASSIN(アサシン)はハイブリットキャンバーです。シェイプはディレクショナルツイン、フレックスはやや柔らか目です。フリーランが最も適しているジャンルですが、グラトリ、ジブ、カービング、キッカーでも性能を発揮します。

 

高い次元でどのジャンルもこなせるオールラウンドボードとして人気がありますね。1枚で幅広いジャンルで滑りやすい板を選ぶのであれば、このASSASSINはおすすめです!

 

個人的な意見ですが、ここで紹介したオールラウンドに乗れる板で最も癖がない板がこのASSASSIN(アサシン)という印象です。

さいごに。

オールラウンドに滑れる板を紹介していきました。僕がブランドをチョイスしたので好きなメーカーよりになってしまいましたが、その中からオールラウンドを選んだの間違いないでしょう。ビギナーのステップとしても十分に良い板なのでおすすめですね!

ABOUT ME
まさやん
年間滑走回数30-50日程度。冬は雪山に篭もりがち。雪解けからはスケボーやSUPに取り組んでいます!