【スケートボード】

スケボーの選び方は種類を決めて絞る!おすすめ製品も紹介していきます!

最近は、スケボーを始めたいと思っている方も増えてきました。東京五輪2020で堀米選手が優勝したこともあって興味がある人も多いと思います。

  • スケボーにチャンレジしたいけど、どれが良いの?
  • 初心者なので選び方が知りたいけどよく分からない、、、
  • 結局のところ、おすすめってどんなもの?

というようなスケボー初心者に向けて、全くの素人でも分かりやすい解説と共に、どんなスケボーを購入したら良いのか?具体的な製品も紹介していきます。

 

この記事を読み終わるころにどの製品にするか、もしくはスケボーの選び方が分かるようになっているはずです。結論からいえば、用途を絞って種類を決めればカンタンに決まります!大半の方がストリートスケートになりますね。それではさっそくスケボーの選び方やおすすめ製品を紹介していきます。

スケートボードは3種類ある

スケートボードといっても実は以下の3種類に分けることができます。

  1. ストリートスケート
  2. ロングスケート
  3. クルーザー

それぞれ楽しむシチュエーションや用途が変わってきます。どれが良いか決めるためにも、さらに詳しくそれぞれを見ていきます。

ストリートスケート

ストリートスケートは、堀米選手が金メダルを獲得したストリート、平野歩夢選手が出場したパークで使用されるスケボーになります。

 

通常、よく巷で目にするスケートボードがストリートスケートと呼ばれる種類になります。多くの方がこのストリートスケートを選ぶことになります。初心者の方はコンプリートと呼ばれる全てがセットになっている既製品の購入がおすすめですね。

ロングスケート

ロングスケートは、板がストリートスケートよりも長く基本的には滑りだけを楽しむ仕様となっています。ストリートスケートよりも乗りやすく初心者の方でも割と乗ることができる場合は多いです。

 

長さがあるため安定感がありますからね。ターンを楽しむこともできます。ソフトウィールを使用しているため地面のグリップ力も強いです。極めるとダンスするような滑りもできますね。

クルーザー

クルーザーはスピードのみに重点を置いている種類になります。基本的にはストリートスケートよりも板が短く、ソフトウィールを使用して乗り心地が良いです。

 

とにかく速いスピードでクルージングを楽しむための用途になります。ロングスケートよりもクイックなターンや動きが可能です。個人的にも3つの中で最もクセが強いと思っています。代表的な製品としては「Penny(ペニー)」が挙げられます。

スケートボードのデッキの長さ・幅の選び方

スケートボードには大きく分けて3種類あることを解説しましたが、板を選ぶときに重要なことがあります。それは「長さ・幅」です。この長さ・幅については全て(ストリート・ロングスケート・クルーザー)共通する考え方をします。

長い・幅広
  • 安定感がある
  • クイックな動きは苦手
短い・幅狭
  • 小回りが効く
  • 機敏な動作ができる

ストリートスケートの長さ

長さ・幅にバラエティがあるのはそのためです。ストリート系のスケートボードの場合には、ざっくりとした選び方は男性は8.0~8.2inch、女性は7.5~7.75inchが平均的なサイズとなっています。

7.5~7.75 inch
  • 細くて回しやすいが、安定感△
  • 力の無い方でも回しやすい
  • 主に女性や子供がメイン
7.8~7.9 inch
  • やや太めで安定感重視
  • クイックな動きを好むスケーターに人気のサイズ
8.0~8.12 inch
  • 今流行の太めのサイズ
  • 安定感○
  • スタンスが整えやすく、スピードがつけやすい
8.2~8.5 inch
  • 体格の大きい方向きのワイドサイズ
  • Rからストリートまでオールラウンドに楽しめる

ロングスケートの長さ

一般的に33インチ(83.82cm)以上がロングスケートと呼ばれています。長いほど安定感が増しますが、長すぎると操作性が難しくなります。

 

オールドスクール、プールデッキ、クルーザーデッキ、サーフスタイルデッキ、ダウンヒルデッキ、フリーライドデッキなど、さまざまな種類があるため、個人的には用途をハッキリさせてから購入することをおすすめします。

 

初心者の方が「スケート始めました!」といって購入することは滅多にないと思います。経験者であればまずおすすめはしませんね。

クルーザーの長さ

クルーザーは街乗りを快適に行うためウィールが柔らかい素材を使っていることが特徴的です。多少荒れたアスファルトでも滑走することができます。

 

このクルーザーも長さがさまざまありますが、一般的には22~26インチのミニクルーザーを選ぶことになります。クルーザーを選ぶ場合はPENNYが有名な商品になりますね。

スケートボードのトラック

スケートボードのトラックは同じように見えますが、実はいろいろと個々に特徴があります。その違いを知ることで自分が求めるスタイルに合わせることができます。大きく分けると「HIGH」「MIDDLE」「LOW」とトラックの高さで分けることができます。

 

デッキの長さによっても推奨されるトラックが違うため、個別で選んで組むときには、デッキとトラックの関係性の知識は必要不可欠となります。

 

各メーカーで数値が異なるため共通した基準はありません。そのためトラックのブランドで推奨されている数値を参考に選んでいくことになります。詳しいことは、ストリートスケートボードのトラックサイズにまとめています。

スケートボードのウィール

スケボーのウィールには大きく分けて2種類あります。一般的なストリートスケートボードに使用されているハードウィール、クルーザーボード向けのソフトウィールに分けることができます。以下が、それぞれの用途別の目安になります。

【ウィールの用途別目安】

ストリート・パーク:ハードウィール(硬さ99A以上/直径52-54mm)

クルーザー:ソフトウィール(硬さ97A以下/直径56-60mm)

ウィールについても奥が深くまとめることが多いため、ウィールの選び方でまとめています。より詳細にウィールの選び方もこだわりたい方の参考になれば嬉しいです。

スケートボードのベアリング

スケートボードのベアリングについては多種あります。そのため詳細なことは別にまとめていますが、注目するべき点はABEC(エイベック)というベアリングの回転しやすさを表す規格です。ABEC3・ABEC5・ABEC7の3つが一般的な規格。

 

スケボー初心者、トリック重視の場合は、滑りすぎると扱いづらいためABEC3。トリックよりもランプ・クルージング等を楽しみたい方はABEC7以上。どんなジャンルでも対応したい場合はABEC5。というように僕は選んでいます。

 

他の記事で、奥が深いためベアリングについても選び方やおすすめベアリングを一挙に紹介しています。

スケートボードのデッキテープ

ストリートスケートボードのデッキテープはいろいろとあります。デザイン性が高いもの、通常よりもヤスリが強くてグリップが強いものなどです。基本的には通常のデッキテープで問題ありません。グリップが気になる方、デザイン性を重視したい方は好みで変えています。

おすすめのコンプリートセット

スケートボードはそれぞれのパーツを購入して組み上げる必要があります。それだと初心者では分からないことあるため、全てがセットになっているコンプリートされているスケボーをまず購入することをおすすめします。

 

ホームセンターで売っているような3000円などの格安よりもショップなどで売っているしっかりとしたメーカーのコンプリートをおすすめします。丈夫さ、扱いやすさ、滑りやすさなど全く違うスケボーになっています。

ストリートスケートのコンプリートセット

ロングスケートのコンプリートセット

クルーザーのコンプリートセット

まとめ

この記事ではスケボーの選び方をまとめてきました。基本的にはストリートスケートを選ぶ人が多いと思いますね。ストリートスケートでなれてきたらロングスケート・クルーザーも楽しいですから!それでは安全第一でスケボーを楽しみましょう!

スノーボードの選び方
ビンディングの選び方
スノーボードブーツの選び方
スノーボードヘルメットの選び方
おすすめゴーグル
初心者におすすめスノーボード
中上級者向けのスノーボード
グラトリにおすすめなスノーボード
グラトリにおすすめなビンディング一覧
グラトリのおすすめブーツ
オールラウンダーなスノーボード
キッカー・ワンメイクにおすすめなスノーボード
カービングにおすすめなスノーボード
BURTONのビンディング一覧
FLUXのビンディング一覧
UNIONのビンディング一覧



フリーランスなスノーボーダー
まさやん
フリーランスなスノーボーダーとして年間50日以上滑走しています。中国・近畿地方の山々がホームゲレンデ!1週間単位で長野・新潟にも遠征することもよくあります。
\ Follow me /