【ゴーグル】

スノーボードゴーグルはなぜ必要か?付ける理由を解説!

この記事では、スノーボードゴーグルなしはNG!なぜ付ける必要がある理由について解説していきます。よくゲレンデではおでこにゴーグルを付けて滑っている人を見かけますよね?

 

スノーボードゴーグルを付けると普段と比べて視野も狭まります。ゴーグルが曇ることもありますね。だからといってゴーグルを付けないという選択はあまりおすすめしません。

 

この記事では、スノーボードゴーグルを付ける必要がある理由についてお伝えしていきます。とても重要なアイテムのため絶対に無下にしてはいけないですよ、ゴーグルは!

スノーボードゴーグルなしはNG!付ける理由は?

スノーボードゴーグルなしはNG

スキー・スノーボードに欠かすことができないですが、どうしてか知っていますか?大きく3つの役割があるので、理解しておく必要があります。そうするとゴーグルの重要性が伝わるかと思います。おでこに付けるものではないことが分かってくるはずです。

スノーボードゴーグルの役割①視界の確保

スノーボードの最大の目的ですが「視界の確保」です。当たり前のことすぎますよね。晴れのている日は太陽の光がより眩しく感じます。

 

ゴーグルを付けていないと眩しすぎて視界がはっきりと確保できないこともあります。寒いときにはゴーグルを外すと寒すぎて涙が出て視界がぼやけることも少なくないですね。

 

そのような外の天候に対応して視界を確保するためにもゴーグルの装着は必要になります。

スノーボードゴーグルの役割②目の保護

次に挙げるのは、スノーボードゴーグルは目を保護するためです。雪山では紫外線がとても強いです。空から降り注ぐ紫外線と雪に反射した紫外線のダブルパンチになります。

 

裸眼で目に紫外線を浴びすぎてしまうと角膜が傷つくこともあります。そのため雪目になることもあるので要注意です。

 

雪目(雪眼炎)とは「結膜の充血」「目がゴロゴロする」「涙が出る」「目が痛くてまぶしい」という症状が目にあらわれます。

スノーボードゴーグルの役割③顔の保護

これは経験した人にしか分からないことですが、顔面を雪面から守るためです。大きな転倒をした時に顔を雪面に擦ることや強打することがあります。

 

その時に顔を守ってくれるという重要な役割があります。サングラスの場合はレンズ破損したときには危ないため初心者にはあまりおすすめできません。

スノーボードゴーグルなしはNG!なぜ付ける必要がある理由のまとめ

この記事ではスノーボードゴーグルなしはNG!なぜ付ける必要がある理由について解説しました。スノーボードゴーグルは目を守るために必ず必要になります。

 

おでこに飾るのではなくて、しっかりと装着してくださいね。別の記事で、スノーボードゴーグルの選び方を確認していない方は参考にしてください。

 

それではあなたのスノーボードライフがより良いものになりますように^^

Snowboardhackの運営者
フリーランスなスノーボーダー
スノーボード歴13年・スキー歴10年。よく行くゲレンデはメガヒラ・ハチ北。21-22シーズンは長野県下スキー場を全滑走を目標に画策中!
\ Follow me /