ハウツー

スノーボード初心者が怪我するアイスバーン(雪質)!傾斜がキツい上級者コースは危険!

スノーボードは楽しいですよね!もちろん、思う存分楽しんでいただければと思います!ですが、楽しむためには怪我をしないことがとても重要だと思います。

 

怪我することで私生活にも影響が出るため、十分に注意してください。

 

ここでは、初心者に限りませんが怪我することがあるシチュエーションなどまとめていきますので、まだ、その辺りの知識がない方は参考にしていただけたらと思います。

スノーボード初心者が怪我するアイスバーン!

スノーボード初心者が怪我するアイスバーンとありますが、「アイスバーン」は分かりますでしょうか?これは、降り積もった雪が氷のように押し固められた状態の雪面です。

 

その部分はとても硬いために打撲などの怪我を負うこともあり得ます。

 

僕の友人は両手首を骨折したこともあります。アイスバーンを滑るにはとても高い滑走能力が必要です。不要な動きなどを敏感に拾ってしまうバーンのために、滑り慣れている人でも怖いと感じることもあります。

 

かならず、初心者スノーボーダーであれば「手首のプロテクター」を装着することをおすすめします。ゲレンデのコンディションが悪い時は備えておきましょう。

傾斜がキツい上級者コースは危険!

よく目する光景ですが、明らかに初心者レベルの方が上級者コースで悪戦苦闘している姿です。上級者コースは、上級者でも難しいコースのために初心者が行くと大変な目に合うことが殆どです。

 

コースの傾斜も急です。非圧雪な部分もあるゲレンデも存在します。

 

上級者コースで初心者が滑ると板のコントロールができなくなり、木に激突する、滑っている人に突っ込んでいくなどの事故を起こす可能性もありえます。初心者が上級者コースに行くことは避けておきましょう。

安全な雪質は?

安全な雪質ということですが、降雪後のゲレンデもしくは日が差して緩んだ雪面です。雪が降ったあとにゲレンデに行けるかは運次第なところがありますね。

 

アイスバーンだった場合には無理せずに滑って、昼頃になると緩んでくるので、そこで積極的な練習を行うなどすればいいでしょう。

怪我を予防するには?

怪我を予防するには危険なシチュエーションをする、コースを知る以外にもあります。それはプロテクターを装着することです。先ほど紹介した手首のサポーター以外にも、お尻、膝、肘、胴体などの専用プロテクターがあります。

 

初心者であれば、お尻、膝、手首はプロテクターを付けても良いと思います。僕は今でも、お尻と膝はプロテクターを装着しています。

まとめ

スノーボードはとても楽しいスポーツですが、一歩間違えると大けがに繋がる危険なスポーツだということも理解しておきましょう。しっかりと自分のレベルに合ったコースで滑ることを心がけてください。

 

上級者コースは、上級者であれば何とか滑べることができるレベルと理解しておきましょう。

 

アイスバーンも硬くて危険ですので、しっかりと注意してくださいね。プロテクターを利用するなどして怪我予防することも心がけていきましょう!

ABOUT ME
まさやん
年間滑走回数30-50日程度。冬は雪山に篭もりがち。雪解けからはスケボーやSUPに取り組んでいます!
お困りならコチラを参考にしてください!
スノーボードのビンディングの選び方 スノーボード板の選び方スノーボードブーツの選び方
RELATED POST