グラトリ

【UNION】グラトリ向きおすすめのビンディングを評価!FORECEやCONTACTPRO?

ビンディングのメーカーでとても人気のあるユニオン。デザインがとてもかっこよく、使用している人も多いのではないでしょうか?この記事ではUNIONビンディングでグラトリにおすすめを紹介していきます。

 

様々なメーカーでグラトリ向きのビンディングを知りたい場合は「グラトリ向き知っておくべきビンディング10選【最新版】」をご確認ください!

 

UNIONはビンディング専門のメーカーだけあってクオリティーは抜群に良いです。

 

それもすべての制作工程を自社で行っているからですね。なんと唯一、商品の開発から出荷までを自社工場で行っています。大抵が委託業者に任せたりします。UNIONはそこまで徹底的に拘って製品を生み出しています。

 

相性の悪いブーツもなく、ブーツとの相性は考えずに購入していいでしょう。そんなユニオンですが、グラトリのビンディングにはどのビンディングが適しているのか調べてみました!

UNIONでグラトリ向きのビンディングは?

それでは、UNIONでグラトリに向いているビンディングを紹介していきます。UNIONの場合はビンディングのベースプレート(ブーツが接する面)の種類が豊富です。

 

その特徴でグラトリ向きなのか見ていく必要があります。基本的には柔らかいベースプレートがグラトリに向いています。

 

そして、もうひとつ大切なポイントとしてはハイバックの硬さです。もちろんグラトリなのでハイバックは柔らか目がいいです。それを考えてUNIONの中で見ていきます!

FLITE PRO

スペック
  • フライトデュラフレックス
  • サーモフォームドEVA
  • エクストゥルーデッド3Dアルミニウム
  • CP1
  • ウルトラグリップ
  • アルミニウムラチェット

FLITE PRO(フライトプロ)の特徴ですが、この価格帯では業界最軽量です!グラトリするときに足元をどれだけ軽くできるか、ということを重視するユーザーにはおすすめできます。

 

とにかく、軽くて柔らかいビンディングを探している方にはフィットするビンディングです!フリースタイルにいろいろな滑り方を楽しみたいという人にも最適なモデル。

CONTACT PRO

スペック
  • CP3デュラフレックスST
  • サーモフォームドEVA
  • エクストゥルーデッド3Dアルミニウム
  • CP3
  • クラシックライト
  • ウルトラグリップ
  • アルミニウムラチェット
  • クイックアジャスト

ハイバックが柔らかくて、とても自由度が高いビンディングです。UNIONの中ではトータル的に見ても最も柔らかいビンディングですね。

 

2018-19より価格が下がり以前よりはコストパフォーマンスが良くなりました。

 

ベース部分が全面的にブッシングで覆われています。そしてミニディスクを採用しているので、ボードのフレックスを最大限に生かすことができる構造になっています。

 

ブッシングには特殊素材(THERMOFORMED EVA)を採用したことで快適な操作性と衝撃吸収が実現しています。

 

また、限界まで軽量化したハイバックのデザインも特徴的ですね。柔らかい使い心地でパークからパウダーまで幅広く対応。ボードフレックスを感じながら板を繊細にコントロールしたい人におすすめのモデルですね。ユニオン最軽量は「FLITE PRO」ですが。

STRATA

スペック
  • ステージ6 ダイレクトインジェクト
  • デュラフレックスST
  • フューズドバポライト
  • エクストゥルーデッド3Dアルミニウム
  • 新開発ストラータ
  • フォーマ
  • ウルトラグリップ
  • ヘックスフラッド

STRATA(ストラータ)はベースプレートのラバーソールにブッシング素材を使うことで高い振動吸収性を持っています。足裏が疲れづらいです。ただ、グラトリ向けかというと、ストラータよりもコンタクトプロの方がおすすめですね!

まとめ

ユニオンの商品の中でグラトリ向けなのはCONTACT PROもしくはFLITE PROになります。ハイバックが柔らかいことから、足元の自由度が高くなります。そのため、先行動作でなるべく長く我慢することが可能です。

 

グラトリもしたいけどオールマイティに滑りたいなと考えている方はSTRATAもしくはFORECEという選択になります。

ABOUT ME
まさやん
年間滑走回数30-50日程度。冬は雪山に篭もりがち。雪解けからはスケボーやSUPに取り組んでいます!