グラトリをするときにボード、ビンディング、ブーツそれぞれどれがいいのか気になりますね。初心者の方は、どんなブーツを選べば良いのか分からないこともあることでしょう。ここでは、グラトリに向いているブーツをランキングしていきます!

 

僕の好き嫌いや実際に使用した感想も交えていきます。履いたことがないブーツに関しては友人やメーカーの人から聞いた話などで判断していきますね!

 

ひとことにブーツといってもいろいろあるので、しっかりと自分のタイプに合ったモノを選んでいきましょう!おすすめのブーツを紹介した後に、どのような基準で選べばいいのかも解説していきます!

グラトリ向きブーツランキング

ブーツも多種多様ですから、個人的な意見が大きく分かれるところです。そのため、一部の意見としてご参考いただければ幸いです!

7th.DEELUXE – Original

クラシックレースを使用したこのモデルは、全方向への柔らかく自由自在なフレックスを実現。柔らかい動きで山全体を流すサーフスタイルを可能にする、大人の為のフリーライドブーツ。

足裏感覚が鋭いスケートフレックスソールはとても歩きやすく、かかと部分にSLYTECHが内蔵されており衝撃吸収に優れている。フリーライディング・フリースタイルに適応。

ザ・スケーターのブーツといった感じです。歩きやすいくらいソフトなフレックスです。足裏感覚がめちゃくちゃ良いので、グラトリにかなりおすすめできるブーツです。

 

とても柔らかいブーツです。僕には柔らかすぎて不安になるくらいですね(笑)グラトリしかしない、ジバー(ジブする人)にはかなりおすすめできるブーツであることは確かです!

サイズ感 ジャスト
硬さ(柔1-硬5) 1
重さ(軽1-重10) 4
ホールド 4

6th.ROME – INFERNO

このインフェルノはダブルBOAブーツです。そのためフィット感の調整がカンタンにできますね。軽量なためグラトリにおすすめできます。

 

フレックスもROMEの中では柔らかい部類になります。

 

コアなファンが多いため、マニアックな方から支持を集めています。世界で活躍するROMEライダーは、このインフェルノを選んでいる人が多いです。

サイズ感 普通
硬さ(柔1-硬5) 2
重さ(軽1-重10) 4
ホールド 5

5th.SALOMON – LAUNCH

サロモンの中でも柔らか目のブーツになります。サロモンといえば、F4、マラミュート、シナプスなど固いブーツのイメージがありますが、もちろん柔らかいグラトリ向けにおすすめできる商品もあります。

 

このLAUNCHはZONE LOCKというシステムが採用されています。すね部分と足首から指先まで、この2箇所でそれぞれブーツの締めつけを調整で、力がない女性でも簡単にブーツを絞めることが可能です。

 

なんといっても、LAUNCHのおすすめできるところは、この高性能に対してその価格にあります。とてもお手頃な値段のブーツなので健闘してみる価値はあるでしょう。ちなみに、型落ちともなればかなりお得に購入できますね。ただ、数量限定なので商品が無くなっていたら、ごめんなさい!

4th.BURTON – ION

すべての分野でバーを高く設定することは、これまでのレスポンシブなBurton Ion™ブーツのヘッドラインです。

山全体を激しく充電するライダーのための唯一の選択肢は、ライオンライナーでアップグレードされた積み重ねられたハイテクパッケージの伝説であり、軽量で快適なリバウンドを実現します。

IONはBURTONのブーツの中でも、長年愛され続けているモデルになります。その軽さ、適度なフレックスは愛用者が多いです。

 

グラトリでも選ばれるブーツです。フレックスはミディアムです。足元にゆとりが欲しい人よりは、キッカーもグラトリも、、、いろいろと楽しみたい方におすすめです。

 

このIONはかなり人気な商品のために、シーズン前にして在庫がなくなる可能性があります。お買い求めはお早めに!

サイズ感 普通
硬さ(柔1-硬5) 4
重さ(軽1-重10) 6
ホールド 6

3th.DEELUXE – Cruise

スノーサーファーでもあるレジェンド西田洋介氏監修モデル。Deeluxe社の技術・経験を取り入れた革命的ローエンドモデル。左右非対称設計で膝が内側に入り易く、スケートフレックスソールを搭載したことで足裏感覚が鋭く、操作性が良い。

シングルのレーシングシステムを採用したことで素早く簡単に締め上げることができる。エントリー層からパウダー・フリーライドまで幅広く対応できるオールラウンドモデル。

サイズ感 普通
硬さ(柔1-硬5) 2
重さ(軽1-重10) 4
ホールド 5

2nd.BURTON – Ruler

RULERの特徴としては、締め付け感がとても良いです。つまり足にフィットする感覚が心地いいですね。ブーツの硬さに関しては、やや柔らか目。重さに関しては普通です。

 

グラトリ向けといっていいですが、重さを重視する人には「ROME – INFERNO」の方をおすすめします。

 

普通にグラトリで使う分には全く影響はありません。こだわる人にはというレベルですね!個人的には昨シーズンに使っていたブーツなのでおすすめできます。

サイズ感 普通
硬さ(柔1-硬5) 2
重さ(軽1-重10) 4
ホールド 5

1st.NORTHWAVE – EDGE

NORTHWAVEと聞くと2流ブランド?と感じる人もいるかもしれません。ですが、実はイタリア発祥でスノーボードブーツ作りは30年ほどの老舗ブランドなんですよね!

 

そのブーツのクオリティーは高いモノがあり世界中のライダーに使われています。そのNORTHWAVEの中でも「EDGE(エッジ)」というブーツは特にグラトリにおすすめできます。

 

硬さは柔らか目のフレックス。サイズ感や締め付け具合は普通です。そして、ブーツの重さはやや軽めですね。このブーツの注目ポイントは、インソールになります。他ブランドではペラペラインソールが入っているために、別で買うことが多いです。

 

しかし、NORTHWAVEのEDGEはインソールがしっかりしています。インソールでポジションの安定や衝撃の吸収を高い次元で維持してサポートしてくるのでグラトリにもってこいです。今シーズンは、このブーツを使う予定です。

 

履いて動いた感想ですが、足首の自由が程よい硬さで曲げることができます。踵も浮きづらく足裏の感覚もGOODですね!今シーズンのスノボーが今からとても楽しみになるようなブーツです!なんといっても高性能なのにお手頃価格で嬉しいです!

サイズ感 普通
硬さ(柔1-硬5) 2
重さ(軽1-重10) 4
ホールド 5

グラトリ向きブーツ選び方は?注意すべき3つのポイント!

スノーボードはいろいろな滑りのジャンルがあることから多彩なアイテムが販売されています。ここでは、その多彩な中からグラトリについて考えていきます。

 

グラトリブーツの選び方として思い浮かぶことは「柔らかいブーツ」ですよね?

 

足首の可動がある程度、自由な方がグラトリは行いやすいです。そのため、柔らかいブーツを選ぶことでしょう。間違いではないのですが、他にも注意する点があるのでまとめてみました!

 

ポイントを上げる前に、グラトリを練習するにあたって将来はどんなグラトリを極めたいか想像しておくとブーツ・板・ビンディングは決めやすくなります。

 

そのため、乗り系・弾く系のどちらが良いのか?そのあたりははっきりさせておくと良いでしょう!

①ブーツの硬さ

足首を曲げたり膝を曲げたりする動作の多いグランドトリックはまずブーツには柔らかさが必要になります。ちょうど、足首がある部分のブーツの構造がどうなっているか見る必要がありますね。

 

足首を曲げやすい素材で作られているか?実際に曲げやすいのか?確認する必要があります。足首が動きやすければ、膝の動きもより使えるため、グラトリでは有利になります。曲げやすいとプレス時にも姿勢をキープしやすいですね。

 

よく言われてるいるのは『柔らかいブーツ』ということですが、これもほぼグラトリだけやっていくのか、それともオールマイティに滑るのかで硬さが異なってきます。

 

がっつりグラトリであれば「柔らかいブーツ」、オールマイティに滑るなら「ミディアムよりの柔らか目」です。硬すぎると上体動作が過敏に板に伝わることで思いもしないところでエッジがかかったりすることがあります。

 

バター系であれば柔らかいブーツが必須です。弾く系であればミディアムくらいがおすすめできます。その辺りのバランスをしっかりと確認しておきましょう。

 

また、硬いブーツの場合ちょっとした動きがボードの伝わりやすく思わない動きをすることがあります。つまり硬いブーツは板への力の伝達が早い、レスポンスがとても良いです。カービングなどには硬いブーツが向いています。

 

そんなこともあり、グラトリにおいてはなるべくルーズな反応をしてほしいですよね?先行動作やプレスの固定など足元はルーズな方がトリックが行いやすいことでしょう。そのため、柔らか目のブーツが良いと言われています。

 

柔らかいブーツであればなんでもいいのか?ということですが、そういったワケではありません。自分が行いたトリックにおいてブーツも若干変えていくのが理想となります。2パターンを見ていきましょう!

乗り系でベタベタ攻めるなら超ソフトなブーツを!

グラトリには乗り系(バター)トリックとよばれるトリックがあります。板をバターナイフのように動かすことからきている呼び名です。ボードをスピンさせたり、プレスしたり、いろいろ繋げてトリックを続けたり、、、。テール・ノーズに乗り続けるようなトリックです。

 

この乗り系トリックですが、足元をルーズにしたいです。

 

先行動作が多いことやプレスのときに足首が自由になった方が板のコントロールを行いやすいためです。上半身が多少ぶれても、影響が少なくなるビンディングが向いています。

 

ソフトなブーツということであれば、VANSのブーツがおすすめです。

 

VANSといえばスケートボードの靴で有名なメーカーだと思います。まさにスノボー用のブーツにおいても「スケーターのように」という思いがあり、とても柔らかいブーツとなっています。おすすめこちらのブーツ。

その他には、スノーボードブーツメーカーでもあるDEELUXEからこちらも紹介しておきます!ブーツ専門のメーカーなので、とても信頼におけますね。国内でも人気のあるブランドです。

DEELUXEのブーツに関しては、別の記事でもまとめています。よろしければご参考にしてください!

ミディアムフレックスのブーツでもあり!

グラトリオンリーであれば、ソフトなブーツをおすすめします。しかし。グラトリだけじゃなくてフリーランやキッカーも取り組んでみたいというオールラウンドの考えを持っているのであれば、絶対にミディアムフレックスのブーツをおすすめします。

 

特にキッカーは柔らかいブーツだと着地のときに足首がぐにゃッとなり痛める可能性があります。痛めないにしても大きな衝撃があったときはとても負担になることが想像できますよね?ある程度、足首をサポートしてくることを前提に選んだ方が無難です。

 

フリーランにおいても安定していないバーンを滑っているときにブーツが柔らかいと衝撃をモロに食らってバランスを崩すこともあります。そのため、ソフトなブーツよりもミディアムフレックスのブーツが良いです。

 

使っていればある程度、柔らかくなるんですが初めから柔らかいブーツはさらい柔らかくなるので、、、。ミディアムフレックスでおすすめブーツはこちらです。2つほど、ピックアップしてみました!

②かかとが浮かないか

ブーツの中で足が動かない踵が浮かないことがポイントです。しっかりとフィットすることで自分の体の動きを板に伝えることができるようになります。当たり前化もしれませんが、ブーツが足にフィットすることがかなり重要です。

 

そして、このフィット感を変えてくるのが、インナーブーツになります。これには、ディーラックのブーツのように熱成型で足形を取るようなモノもあります。さらには低温サーモといわれる履いている内にフィットしてくるようなモノもあります。

 

多いのは熱成型されていない一般的なブーツになります。インナーブーツのクッション性によってフィット感がとても変わってきますね。

 

そして、踵の上にくるぶの凹凸がありますよね?そこをホールドして踵が浮かないような仕組みになっているのか?しっかりとホールドしてくれるのかが重要になります。

③足裏の感覚

足の裏で雪面の凹凸をしっかりと感じ取れることです。そうすると技のタイミングなどを合わせやすくなってきます。足裏の感覚まで気にしたことがある人は少ないかもしれません。

 

足裏感覚が非常に良い物は、実際にグランドトリックやりやすいですね。足裏の感覚が良いか確認するには、フラットソールを見れば良いです。ブーツの底がフラットになっているのか?ビンディングに接地する部分が広ければ広いほど、足裏の感覚が良いです。

 

足裏感覚はブーツだけでなくビンディングも影響する部分があります。そのため、ブーツだけで決まることではないのですが、足裏感覚を重視したブーツをご紹介しておきます。ランキングで登場したEDGEです。

さいごに。

グラトリブーツでDEELUXEのIDはどうですか?という相談を受けることがありますが、基本的にはおすすめしません。ある程度堅いブーツなのでグラトリに向いているとはいえないです。

 

どちらかというと、ワンメイク、フリーランなどで効果的です。ただし、熱成型インナーで足にジャストフィットするので、他では味わえないフィット感があることは間違いないです。

 

足裏感覚を重視する方はインソールを検討すると良いでしょう。インソールに関しては「スノーボードにおすすめインソールはシダスやBMZ?滑りが劇的に変わるのか?」を参考にしてください。

 

個人的におすすめするグラトリに向いているブーツは、NORTHWAVEの「EDGE(エッジ)」です。やっぱり性能の割に安くお得な感じがします。

 

履き心地も悪くなく、お手頃価格で手の届きやすいブーツです。予算に余裕があるなら、BURTONのIONがおすすめな人が多いと思います。

 

グラトリにかなり絞ってトレーニングされる方には、 DEELUXEのORIGINALをここでは推薦しておきます!それぞれのスタイルに合わせてブーツを選んでみましょう!