グラトリ 初心者 板

スノーボードを初めてなれてきた頃に、ゲレンデでカッコよく滑っている人をみて憧れることはよくありますよね。グラトリやキッカー、カービングなど人それぞれ興味を持つスタイルは違うと思います。

 

ここでは、その中でもグラトリについてみていきます!グラトリを始めるぞ!と考えても、どんなスノーボードを買えばいいのか?どんな板がグラトリに向いているか?悩むこともあるかもしれません。

 

ここでは、そんなグラトリ初心者の方に向けた内容で一般的に考えられていることをまとめました。一部、個人的な考えても含めますが、そういった考えもあるんだくらいでお考えください!

グラトリ初心者向きのスノーボードの選び方は!

グラトリ 初心者 板

初心者むけのグラトリ板の選び方ですが、基本的には「柔らかい」「ダブルキャンバーもしくはロッカー」「安価な板」の3つの条件を満たす板が良いでしょう。

 

「柔らかい」については、基本的にはグラトリはボードを曲げて板の反発を使ってトリックを繰り出したり、板を曲げた状態でプレスしたりするようなトリックがあります。板が硬いと曲げることができずにグラトリしづらくなります。

 

「ダブルキャンバーもしくはロッカー」ですが、これを板の形状といいます。ダブルキャンバー、ロッカーに言えることですが、どちらもエッジが雪面に引っ掛かりにくいという特徴があります。おすすめは、ダブルキャンバーですね。

 

「安価な板」については、やはり初めてみてやっぱりキッカーやりたいなとか、カービングしたいなとか、別ジャンルを楽しみたいくなった場合に、おもいっきりグラトリ向きの板で高価な板を買ってしまうと、もう1枚買うことができませんよね。滑れないことは全くありませんが、それでも言い方は寄せちゃってもいいですね!

 

それが嫌な場合には、グラトリもなんでもできるオールラウンドの板を選ぶことになります。なにはともあれ、いきなりめっちゃ高い板を買うべきではないと僕は思います。気合が入っている人は買っても良いと思いますが!

 

基本的には、この3つの要素を見ながら板を検討していけば間違いないでしょう。それでは、初心者向けグラトリ板の紹介していきます!

K2 – WWW

  • 形状:ツインキャンバー
  • シェイプ:ツインチップ
  • フレックス:4
  • レベル:初心者~中上級者向け

K2 SnowboardのWORLD WIDE WEAPON(ワールドワイドウエポン)。グラトリ向きの板として代表的な板になります。初心者にもおすすめできるボードですね。

 

K2の中でグラトリに最も向いていると言っていいでしょう。価格帯もお手頃でおすすめできるボードになります。「柔らかい」「ダブルキャンバーもしくはロッカー」「安価な板」の3つの要素をすべて満たす板になります!

Salomon – Craft

  • 形状:ハイブリットキャンバー
  • シェイプ:ツインチップ
  • フレックス:3
  • レベル:初心者~中級者向け

老舗メーカーのサロモンのクラフト。この板の特徴は、ビンディングの外側がロッカー形状になっていて、プレスがしやすい板です。サロモン独自のシステム、POPSTERが搭載されていることからオーリーがとてもしやすいですね。

 

お値段もさほどしません。型落ちになればだいぶ値下がりするので、初心者やちょっとグラトリに興味ある人にはおすすめできます。「柔らかい」「ダブルキャンバーもしくはロッカー」「安価な板」の3つの要素を満たしています!

RIDE – TWINPIG

  • 形状:ハイブリットキャンバー
  • シェイプ:ツインチップ
  • フレックス:4
  • レベル:中級者~上級者向け

次世代ボードとRIDEの公式WEBでは称されている板になります。RIDEで最も新しいモデルですね。この板の特徴ですが、スケーターの視点で開発が行われています。グラトリにかなりおすすめできます。

 

特に弾く系のトリックが得意。ジブも高レベルでこなせるボードとなっています。個人的には、とても感覚が良い板でした。お値段もそんなに高くないので検討しても良いでしょう。こちらも、もちろん「柔らかい」「ダブルキャンバーもしくはロッカー」「安価な板」3要素満たしています。

FTWO – TNT

  • 形状:ダブルキャンバー
  • シェイプ:ツインチップ
  • フレックス:2
  • レベル:初心者~中上級者向け

FTWOは国産メーカーです。開発者グループがグラトリ大好きな人たちのため、FTWOの板はグラトリ向きが多いです。その中でも『TNT』はグラトリ専用ボードという位置づけです。バター系トリックが大得意!

 

フレックスが2ということで、今回紹介する中でも最も柔らかいボードになります。国産メーカーになるとどうしても値段が高くなりがちですが、定価そもそもが安く、上記で紹介した型落ちボードはかなりお買い得!

 

「柔らかい」「ダブルキャンバーもしくはロッカー」「安価な板」を高いレベルで満たしています。とくに「安価な板」の基準を抜群に満たしています!

さいごに板を比較!

Salomon – Craft K2 – WWW RIDE – TWINPIG FTWO – TNT
初心者 4 4 5 3
価格 5 4 4 4
グラトリ 4 5 3 4
硬さ 3 4 4 2

表を作っていて感じましたが、この4枚については甲乙つけがたいです。それでも、個人的なおすすめは「RIDE – TWINPIG」としておきます!(笑)もちろん、WWWでもいいんですが、グラトリ向き過ぎるため避けました。

 

グラトリ初心者ということは、フリーラン・キッカー様々なことにチャレンジしたくなる時期のため、オールマイティにこなせる板をチョイスしました!これがすべてではありませんが、参考になれば幸いです!