グラトリ

グラトリ180ができない!やり方やコツを知れば簡単です!

この記事ではグラトリ180ができない!とお悩みの方にやり方やコツを動画と一緒に紹介しています。やり方やコツを掴んで1度できてしまうと、カンタンにできてしまいます。しっかりと練習することで身につきますよ。

紹介するトリック
  • フロントサイド180
  • バックサイド180
  • ノーリー180
  • バックサイドノーリー180

180トリックはグラトリでも基礎的なトリックのため。今後の上達にも影響を与えます。やり方・コツを掴んでもらえたら嬉しいですね!

 

グラトリを上達するためにも、それなりの板やビンディング・ブーツをそれ得る必要があります。以下の記事でまとめているので、参考にしてくださいね!

グラトリ180ができない!やり方・コツを解説!

グラトリ180ができない!といっても、180のトリックにも種類があります。

  • フロントサイド180
  • バックサイト180
  • ノーリー180
  • バックサイドノーリー180

それぞれ違いが分かるでしょうか?「フロントサイド180・バックサイド180」は板のテール部分を起点にオーリーの勢いで回すトリックです。逆に「ノーリー」はノーズ部分を起点にノーリーで飛び上がり回すトリックですね。

 

・・・と言われましても動画で解説しろよ。ということです(笑)ちなみに難易度はバックサイドノーリー180>ノーリー180>バックサイド180≧フロントサイド180です!

【グラトリ】フロントサイド180

ひとによって分かれますが、このフロントサイド、このあとに解説するバックサイドは得意不得意が出てきます。どちらか回しやすい方があります。まずはトリックしやすい方を練習すると良いですね。

  • 面でオーリーすること
  • 手の先行動作を意識すること
  • 目線は進行方向にむけたまま

【グラトリ】バックサイド180

  • 薄くトゥーエッジをかける
  • しっかりとオーリーする
  • 目線は後方

【グラトリ】ノーリー180

90度までスライドさせて残りは飛び上がる

回すときに胸は真正面(一緒に回すと180度で止まらない)

【グラトリ】バックサイドノーリー180

  • ノーリーと同時に上半身を回転方向へ絞る
  • 絞りを開放して下半身を回し込む

グラトリ180トリックはコツを掴めばカンタンです!

各種180ですが、グラトリにおいても基本的なトリックとなります。この動作を元に繰り出すトリックはとても多いためしっかりと練習しておきましょう。

 

コツですが、板の反発を上手く利用すること、回そうと意識しすぎないことです。

 

はじめは難しいかもしれませんが、ひとつひとつクリアしていきましょう。これが初めの一歩、、、というよりオーリー、ノーリーができない人はできるようになってから挑戦しましょう!

ABOUT ME
まさやん
年間滑走回数30-50日程度。冬は雪山に篭もりがち。雪解けからはスケボーやSUPに取り組んでいます!
RELATED POST