etc

スノーボードバックパック(リュック)おすすめ10選

この記事ではスノーボードのバックパック(リュック)についておすすめな10アイテムを紹介しています。どんなバックパックが流行っているのか?人気があるのか?分からないかもしれません。

 

どうせならしっかりとしたバックパックを選ぶことで快適なスノーボードライフを過ごしたいですよね?この記事では、そんなバックパックについて知ることができます。幅広いブランドから特のおすすめを選んでいます!

 

少なくとも、ここで取り上げている10アイテムを選べば間違いありません!サクッと5分くらいで読むことができるので、是非参考にしてくださいね^^

 

最後には選び方についてまとめているので良ければ御覧ください!これまでバックパックを10個以上買ってきた僕が選び方を解説していきます。

【簡単なプロフィール】管理人:まさやん

  • スノーボード歴は13年(ある大会でエアー部門3位)
  • 長野で住み込み篭り経験あり
  • オフはスケボー、サップを楽しむ
  • 実は二児のパパ(笑)

スノーボードバックパック(リュック)おすすめ10選

スノーボードのバックパックですが、せっかく購入するのであれば人気ブランドやおしゃれなものが良いですよね?数あるブランド・製品の中から特に人気が高いモデルを挙げていきます!

スノーボード、冬山登山に特化したバックパックもありますが、ここでは普段使いでも便利なバックパックを中心に紹介していきます。手の届きやすい価格という点も考えています!

TINDER PACK【BURTON】

タテ×ヨコ×奥行52cm×32cm×16cm
容量25L
重量0.8kg
特徴■セパレートのパッド付きパソコン収納スペース
■ドローコードのメインエントリー
■内側ジップメッシュポケット

BOOHEL PACK【eb’s】

タテ×ヨコ×奥行53cm×34cm×30cm
容量54L
重量-kg
特徴■ヘルメット、ブーツ、ウェアなど個別に収納可能
■ ショルダーベルトを固定する、チェストストラップ付き
■ 裏地は水気と汚れに強いPVCコーティング

GP-011【pirarucu】

タテ×ヨコ×奥行60cm×33cm×13cm
容量25L
重量1.0kg
特徴■完全防水仕様

HELI PACK【DAKINE】

タテ×ヨコ×奥行53cm×30cm×10cm
容量0.7L
重量0.7kg
特徴■スノーボード/スキーキャリー
■ハイドレーション/ラップトップスリーブ
■シャベルキャリー
■レスキューホイッスル機能付き

BIG SHOT【NORTH FACE】

タテ×ヨコ×奥行55cm×35cm×26cm
容量L32
重量-kg
特徴■ハイドレーションスリーブとオーガナイザーつき
■ジッパーつきの縦型フロントポケット
■サイドにメッシュのボトルポケット
■リフレクターライトループ

Waterproof Backpack【GALLIUM】

タテ×ヨコ×奥行49cm×29cm×22cm
容量-L
重量-kg
特徴■完全防水仕様

SMALL LANDLOCK【NIXON】

タテ×ヨコ×奥行43cm×28cm×13cm
容量16L
重量0.5kg
特徴■メインルームに直結するファスナー有り
■チェストベルト

PU8020【Columbia】

タテ×ヨコ×奥行50cm×33cm×18cm
容量30L
重量0.91kg
特徴■メインルーム…上下2層式
■前面…ファスナーポケット×1
■内側…クッション材入りオープンポケット×1(中は仕切り×4)、オープンポケット×1

Mod Tech Dry Bag【VOLCOM】

タテ×ヨコ×奥行69cm×27cm×18cm
容量25L
重量-kg
特徴■完全防水仕様

SEA STASH II【QUIKSILVER】

タテ×ヨコ×奥行70cm×35cm×21cm
容量35L
重量-kg
特徴■防水/耐久性撥水
■ボトルホルダー
■ウエットスーツ収納可

スノーボードバックパック(リュック)の選び方

スノーボードのバックパックを選ぶときに注意したいことがいくつかあります。この項目ではバックパックの選び方についてまとめていきますね。バックパックを背負って滑る場合に注意することを挙げていきます。

しっかりと固定ができる

バックパックを常に背負って滑る場合にはしっかりと固定ができるバックパックにしましょう。バスト、チェストにベルトが付いているバックパックがとても良いです。というのも、スノーボードは激しい動きになるため、バックパックが体に密着している状態でないとバランスを崩すことがあります。

大き過ぎるものはNG

サイズ的に大きすぎるものはNGです。30Lくらいまで限度と考えると良いですね。大きすぎるとぶっちゃけかなり邪魔になります。リフトに乗るときも背負ったまま乗ることができません。滑るときには背負っていない、木に吊るしているという場合には気にする必要はありませんね~。

背中にパッドが入っている

ここで挙げたバックパックは全て背中にパッドが入っていますが、購入するときの注意点として背中にパッドが入っているものを選びましょう。転倒したときにバックの中身に負担が掛からない、転倒時の衝撃を吸収してくれる効果もあります。

バックパックのおすすめサイズは?

スバり!バックパックのおすすめサイズですが20-25Lがとても扱いやすいです。滑るときあまり気になりません。そして、そこそこの容量ですから荷物も詰め込むことができます。それを考慮しておすすめバックパックを挙げるなら以下2点です。

ATLAS【DAKAIN】

Day Hiker【BURTON】

以上、バックパックについておすすめアイテムを紹介してきました!

ABOUT ME
まさやん
年間滑走回数30-50日程度。冬は雪山に篭もりがち。雪解けからはスケボーやSUPに取り組んでいます!
お困りならコチラを参考にしてください!
スノーボードのビンディングの選び方 スノーボード板の選び方スノーボードブーツの選び方
RELATED POST