【キャンプ】

【保存版】オススメ登山靴と選び方ガイド!初心者向けに徹底解説!

・登山を始めようとしてるけど登山靴は必要?

・いろいろなメーカーの登山靴があるけど、どれがいいの?

・登山靴のサイズって普段履きの靴と同じで良いの?

これから登山を始めようとして初心者の方はさまざまな疑問があると思います。僕も登山を始めようとしていた当初は何が良いのか右も左も分かりませんでした。

とくに登山靴はたくさんのメーカーがさまざまな製品をリリースしているため迷ってしまいます。

この記事では、初心者におすすめな登山靴を紹介してきます。そして、最終的にあなたが登山靴を選べるようになることができます。


登山靴の選び方!初心者向けに徹底解説します。

登山靴の選び方

登山を始めようとするときに「登山靴って必要なのか?」と考えませんでしたか?普段履きしているスニーカーでも代用できると思った人もいるかもしれません。

ですが、登山靴があるということは登山する場合は登山靴が必要になることは大前提として認識してください。間違ってもスニーカーなどで登山はしないでください。怪我リスクが高まります。

登山靴は普段履きのスニーカーよりも頑丈で滑りにくい素材など、山登りに最適化して開発されています。ちなみに、登山靴は総称で種類は大まかに3つに別れています。

ややこしい登山靴の種類

登山靴を探していると横文字がならんだり聞いたことがないシューズを目にしたことがあるかもしれません。登山靴と一言で言っても、実は種類があります。サクッと用語について解説しておきます。

登山靴の種類

ハイキングシューズ:整った歩道を歩くことを想定した登山靴

トレッキングシューズ:自然の中を歩くことを想定した登山靴

マウンテニアリング(アルパイン)シューズ:険しい登山を想定した登山靴

ただし、カテゴリーを分けましたが何か厳格なルールがあるわけではないです。上記は、僕が考える種類別の特徴です。

また、メーカーによっても捉え方が異なり名称が異なることもあります。例えば、ハイキングシューズだと思ってもトレッキングシューズに思える登山靴もあります。

そのため、これから解説していく登山靴の選び方を知ることで、名称に惑わされることなく自分に合う登山靴を選ぶことができるようになります。

登山靴の選び方として挙げる項目は数多くありますが、初心者が注意するべきポイントを挙げて解説してきますね。

【最重要】登山する山を想像しよう!

なぜ「登山する山を想像すること」が最重要なのでしょうか?実は、登る山によって登山靴に求めることが変わってきます。つまりは、目的に合わせて登山靴を選ぶ必要があります。

僕は山の特徴により登山靴を変更しています。そのため、大きく分けて3種類のブーツを持っています。

ただ、初心者が初めから何足も登山靴を購入することは現実的ではありません。そのため、これから挑戦しようとしている山を少し考えてください。調べても問題ありません。

その山の特徴を把握してください。たとえば、岩場、里山歩き、低山、整備された道など、さまざまなシチュエーションがあると思います。

それを把握した前提に以下の選び方を見ていくと自然と自分にフィットする登山靴の全体像が分かるようになります。

カットごとの特徴

登山靴にはカットが以下の3種類があります。ちなみにカットとは足首の高さのことを指しています。

  1. ハイカット
  2. ミドルカット
  3. ローカット

基本的に、登山初心者におすすめなカットはミドルカットです。以下、それぞれのカットのメリット・デメリットを挙げています。

ハイカットのメリット・デメリット

メリット
  • 足首が固定されることで捻挫しづらい
  • 小石や水などが侵入しづらい
  • 難所や雪山では歩きやすい
  • 靴底・つま先が固く丈夫な登山靴が多い
デメリット
  • 着脱しにくい
  • 足の可動域が限定されることで平地が歩きづらい
  • 比較的高価なものが多い
  • 重くて疲れやすい

ローカットのメリット・デメリット

メリット
  • 着脱しやすい
  • 可動域が普段履きと一緒で歩きやすい
  • 安価な物が多い
  • 軽くて疲れにくい
デメリット
  • 足を捻りやすい
  • 小石や水が侵入しやすい
  • 岩場など不安定な場所は不向き
  • 靴底・つま先が弱いことが多い

ミドルカットのメリット・デメリット

さいごにミドルカットですが、ハイカットとローカットの中間に位置しています。登山靴としては、オールラウンドなバランスが最も取れていると考えて良いでしょう。

初心者が始めて購入を考えるならミドルカットの登山靴がおすすめです。

それぞれのカットを比較すると?
ローミドルハイ
軽さ
着脱の容易さ
丈夫さ
捻挫予防
価格面
疲れにくさ

もちろん、この表はザックリとしたイメージとして捉えてください。使用している素材などで、この表と異なることもあります。ただ、大まかには上記のように考えてください。

ソールの固さについて

登山靴のソールの固さについては3種類に分けられています。それぞれ使用に適しているシチュエーションがあるため、購入するときに注意が必要です。

間違えると無駄に疲労が蓄積したり、転倒するリスクが高まります。以下、それぞれのソールの固さごとに適したシチュエーションを挙げておきます。

ソフトソール

舗装された比較的安定した道・ハイキングで気軽に訪れるような場所

ミドル(ミッド)ソール

日帰り登山や低山向き・不安定な岩場も十分歩くことができる

ハードソール

岩稜地帯や重荷での登山向き・ソールが分厚く安定する

防水性と透湿性

登山靴の機能面を見るときに防水性と透湿性は必ずチェックしておきたい項目です。防水性は濡れない、透湿性は蒸れないことを意味します。

ある程度のメーカー・ブランドの製品で価格帯が同程度であれば、素材は違えど防水性と透湿性は比較しても大差なくなります。

それこそ、防水性と透湿性だけで言えば、自分が好きなブランド・デザイン等で決めても問題ありません。

ただ、ゴアテックスという素材を使っている登山靴が好まれる傾向があります。このゴアテックスは、さまざまな製品に使用されています。

とても高い防水性・透湿性を有しています。個人的にはゴアテックスは外せないですね。

価格について

登山靴の価格は本当にピンキリです。同じカットでも、ブランドを比較しても価格差があります。その価格の違いはどこから来るのでしょう?

基本的には、使用している素材によって異なります。特に先ほど挙げたゴアテックスを使っているかどうかでも価格が異なります。

あとは、ブランド価値です。アパレル業界では顕著ですが、登山業界でもブランドは存在します。そのブランド価値により価格が高くなることもあります。

最近の円安傾向で海外ブランドの製品に限らず、日本製品も原材料費高騰によって価格帯が全体的に上昇傾向です。

適切なサイズの合わせ方

登山靴の選び方で大切なポイントを挙げてきました。どのような登山靴が自分に合うか分かってきたかと思います。そうなると、次に気になるのは自分にフィットするサイズが何センチかということです。

結局は、登山靴のサイズが分からないと購入することができません。そのため、登山靴の最適な正しいサイズの合わせ方を解説してきます。

①登山用の靴下を履く

②紐を緩めた状態で靴の内側先端につま先が触れるまで足を入れる

③つま先が内側先端に触れている状態で、かかとに指1本分のゆとりを確認する

④つま先が先端に触れた状態から、かかと寄りに足を移動させる。

⑤つま先側に空間ができたら紐を締めていく。

⑥つま先先端からフィットするように調整する。

上記の6つの手順で登山靴を履いてサイズを合わせてみましょう。おおよそですが、足のサイズ(実測値)より+0.5~1㎝ほどになることが多いです。

僕の場合は、足サイズ26.5㎝で27.5㎝の登山靴を履いています。登山靴は少し余裕があるサイズを選ぶことが原則です。

ぴったりすぎると、つま先が登山靴の内部先端に当たって痛くなることが多々あります。

全体的なフィット感

つま先部分に余裕があるか

足幅・甲高・くるぶしなどあたるところがないか

かかとが浮き上がらないか

初心者でも購入しやすい登山靴

おすすめ登山靴

初心者でも購入しやすくないとおすすめとして紹介できません。そのため何を重視すれば登山初心者でも購入しやすいかといえば「コスパ重視」ですよね?

これから登山を始めるわけですから、いきなりハイエンドで高価なものは買えないと思います。登山靴以外にもさまざま揃える装備品もありますから・・・。

ということで、なるべく安価でおすすめできる登山靴をローカット・ミドルカット・ハイカットごとに紹介していきます。

おすすめなローカットの登山靴

SALOMON「OUTLINE PRISM」はランニングシューズのような柔軟性、ゴアテックス素材の防水性を揃えることでハイキングシューズとしてクオリティーが高いです。険しい登山には使用できませんが、歩道が整備されている低山であれば問題なく使用できます。

おすすめミドルカットの登山靴【初心者向き】

キャラバン「C6_02」は足形が細めの入門者のために設計されています。軽くて歩きやすい初心者にぴったりです。どちらかといえば、ハイキング・キャンプなどライトな使い方と相性が良い登山靴です。

おすすめなハイカットの登山靴

モンベル「ツオロミーブーツ」は夏場の長期縦走やトレッキングに最適な登山靴です。履き心地は良くアッパーもしなやかで全体的にとても履きやすいです。トレールグリッパーというソール素材を使うことで、安定した登山を楽しむことができます。

登山に最適な靴下は?

登山するときの靴下ですが、専用靴下の購入をおすすめします。その理由は、クッション性、速乾性など、普段履きの靴下よりも高機能です。そのため、登山中に足が蒸れにくかった、疲労軽減の効果があります。以下の製品がおすすめです。

余裕があればインソールもご一緒に。

登山靴と一緒に購入したものとして別売りインソールです。それも、しっかりと開発された商品です。

インソールを取り換えることで足のバランス、疲労軽減に役立つことが科学的に立証されています。そのため、足に疲労が伴う登山では購入しておきたいアイテムです。代表的なインソールを1つ紹介しておきます。

登山靴のド定番なブランド

登山靴のド定番なブランド

登山靴にはド定番なブランドが存在しています。どのブランドも定評があり品質も良い登山靴ばかりになります。代表的な登山靴ブランドを紹介していきます。おすすめ登山靴でも挙げたブランドも一部ありますが、ここでも改めて取り上げておきます。

モンベル

モンベルは日本を代表するアウトドア総合メーカーです。大阪市で1975年に創業しています。モンベルクラブショップというモンベル商品のみを取り扱いするお店を国内外に展開しています。それだけ、独自で規格・開発している商品が多く、幅広い世代から支持されている信頼おけるブランドです。

コロンビア

コロンビアは、アメリカのスポーツウェア製造メーカーです。アウトドアウェアを中心に、靴、キャンプ用品、スキーウェア、アウターウェアなどさまざまな製品をリリースしています。

メレル

メレルはアメリカの靴・衣類を製造するメーカーです。日本では丸紅フットウェアが総代理店を担っています。メレルの直営店は、池袋、新宿、二子玉川、吉祥寺、みなとみらい、新浦安、大阪、福岡、酒々井プレミアムアウトレット店を展開しています。

キャラバン

キャラバンは創業60年以上の登山靴メーカーです。そのため、国内に多くのファンがいます。中には、ずっとキャラバンが好きで使い続けている人も少なくないです。日本ブランドですから日本人の足を熟知した開発が行われているため信頼も高く評判も良いです。

サロモン

SALOMONはフランスで創業した世界的なブランドです。現在は親会社が中国企業に買収されています。スキー・スノーボードが事業の中心にありますが、トレイルシューズ、トレッキングシューズなどでも幅広い商品展開を行っています。

ノースフェイス

ノースフェイスはアメリカ発のブランドです。アメリカ北部に広がる登山が難しいノースフェイスを指す言葉が社名となっています。そのため、製品を見ても登山・キャンプなど山に関連するものが多く展開されています。

まとめ

この記事では、登山初心者が自分に合った登山靴を探せるように選び方を解説しました。最後には、個人的に初心者でも購入しやすい価格帯の製品を紹介してきました。

あなたの求める登山靴がどのようなものか、もしくは欲しいと思う登山靴がありましたでしょうか?個人的にはミドルカットでソールがミドルフレックスな登山靴がおすすめです。

少しでも登山靴について知ることができたとしたら幸いです。それでは、あなたの登山ライフがより充実しますように!

スノーボードの選び方
ビンディングの選び方
スノーボードブーツの選び方
スノーボードヘルメットの選び方
おすすめゴーグル
初心者におすすめスノーボード
中上級者向けのスノーボード
グラトリにおすすめなスノーボード
グラトリにおすすめなビンディング一覧
グラトリ
グラトリのおすすめブーツ
オールラウンダーなスノーボード
キッカー・ワンメイクにおすすめなスノーボード
カービングにおすすめなスノーボード