ブーツ

スノーボードブーツの選び方【サイズで失敗しないために】 

この記事ではスノーボードブーツの選び方を書いています。自分に合ったブーツが分からないという人も多いと思います。

 

あなたがもしそのまま適当なブーツ、適当なサイズを買ってしまうと足が痛くなったり、のちのち買い替えるようなことになるかもしれませんね。

 

ザックリとまとめると、スノーボードブーツには選び方の順序があります。

  1. スノーボードブーツのタイプ
  2. 取り組むジャンルで種類や特徴で絞る
  3. スノーボードブーツの適正サイズ
  4. スノーボードブーツを履いて確かめるポイント

スノーボードブーツの選び方について知ることで、大きく失敗することもないでしょう。この記事でスノーボードブーツの選び方の必須知識を知ることができます。

スノーボードブーツの選び方

スノーボードブーツの選び方

ビンディングの役割とは板とブーツを固定するものなのはもちろんですが、最も重要なことは『力を板に伝えること』です。

 

ブーツとビンディングの相性が悪いと思ったように板を扱うことができません。折角、良い板を買ったのに性能を発揮できないことになります。また、衝撃を和らげる役目もありますので、とても重要ですね!

 

スノーボードブーツの種類には大きく分けて「紐」「クイックレース」「BOA」の3種類に分けることができます。それはでそれぞれの特徴を見ていきましょう。

紐タイプ

スノーボードブーツ紐タイプ

紐タイプのブーツはノーボード発祥時から使われているブーツ。昔からスノーボードをされている方は、BOAシステムやクイックレースなどの最近になって開発されたものより、こちらを選ぶ方も多いです。

 

紐を締め直すことが面倒でなければ、部分部分の締め具合を調節できます。

 

紐は自分で締め上げるためブーツの締め具合を調整しやすいというメリットがあります。他システムのブーツで足が痛くなるという人は紐ブーツに戻る人が多いです。

 

ある程度力がないとしっかりブーツをしっかり締めることができません。女性だとあまり力がないので、紐タイプは向かないことが多いです。

クイックレース

スノーボードブーツのクイックレース

クイックレースタイプは一般のスニーカーと似ています。スニーカーと同じように、手で紐(クイックレース)を締め上げる基本的なモデルです。

 

紐を引っ張るだけで締まるスピードレースタイプもあります。このタイプのブーツは力がなくても締め上げることができるため女性でもカンタンに締めることができます。

 

上部、下部の調節ができるので、フィット感がよく多くのユーザーに支持されています。DEELUXEのクイックレースブーツがとても流行っていますね。おすすめを紹介しておきます。

BOA

スノーボードボアブーツ

クイックレースと人気を分けるのが、このBOAブーツ。ダイヤルを回してワイヤーを巻き上げることでブーツを足にフィットさせる仕組みです。

 

クイックレースより素早く締め上げれます。いちいち紐を締め直したりすることが面倒な人にはオススメです!

 

ブーツ紐の締め上げに力はいらないので3種類の中で最も女性にもおすすめできます。昔は、締め付けの細部の調整が難しかったですが、今は、足首から先、足首から脛の部分の2か所で締め付けが調整できる2BOAのシステムもあります。

スノーボードブーツは取り組むジャンルで変わる!

スノーボードブーツを選び方ですが、はじめに取り組むジャンルを決めると絞りやすいです。

  • キッカー
  • ハーフパイプ
  • スノーボードクロス
  • グラトリ
  • フリーラン
  • カービング
  • パウダー
  • アルペン
  • ジブ
  • オールマウンテン

よくサイズとかブランドとか、、、解説していることがありますが、自分がスノーボードで取り組みたいことに合わせるのが大前提としていることを理解しておきましょう!

 

そして、そのジャンルの中にも、どういったスタイルで選ぶのかでブーツが変わってきます。ジャンルひとつを取ったとしても、好みやスタイルで変わってくるので奥が深いですよ。

 

また、初心者はジャンルと言われても何をしたいか分からないということが多いでしょうからフリーラン向けのブーツを選ぶようになります。

 

ということですべてに解説すると大変なことになるので主要なものを選びました!

  • グラトリ
  • キッカー
  • ハーフパイプ
  • フリーラン
  • カービング

これらに分けてどのタイプが向ているのか?どんな特徴が適正なのか解説していきます。

グラトリ

グラトリには、「柔らかいブーツ」を選ぶことになります。硬くてもミディアムまでです。その理由としては、足元にルーズさが欲しいためです。たとえば、乗り系と呼ばれるスタイルは足元をルーズにして上半身のブレの影響を抑える必要があります。

 

ですが、同じグラトリでも弾き系と呼ばれるスタイルは、板の反発を素早く使いために乗り系向きのブーツよりも少し硬めを選択していきます。この違いはかなりこだわりがある人が分ける選び方なので、通常はそこまで厳密に選ばなくても問題ないです!

 

ざっくりと柔らかいブーツであればグラトリはOKです!

 

ブーツのシステムとしては、紐や2BOAがおすすめとなります。部分的に硬く絞めたり緩めにしたり調節できるものがいいでしょう。

グラトリ向けブーツの特徴
  • ブーツの硬さは柔らかめ
  • 紐や2BOA

キッカー

キッカーのブーツ選びですが、基本的にはある程度は硬さがあるブーツがおすすめです。その理由は、ランディング(着地)です。

 

ランディング時には足に大きな負荷がかかります。その負荷をサポートする上でブーツが硬い方がサポート力が上がります。

 

ただし、ガッチガッチのブーツが良いというとわけでもありません。ランディングの面でいえばキッカーサイズによっても考え方は変わります、小さいキッカーであれば硬いブーツでなくても十分です。

 

ブーツが硬いとアプローチのタイミングで敏感に反応しすぎて思ったラインが描けないこともあります。上半身のちょっとした動きで板が反応しすぎてしまうこともありますよ。

 

ここの考え方は、それぞれの好みによるところです。僕の場合はスケボーで足首を何度も捻挫しているため、キッカー向けであれば硬いブーツを選びます。

 

ブーツのシステムとしては、シューレスやBOAが良いです。ここの部分は好みもあると思います。紐タイプを選択することは、それほどありません。

 

どれが良いか分からない場合はあまり気にする部分ではありませんのでブーツの硬さを中心にして問題ないでしょう。

キッカー向けブーツの特徴
  • 硬さは基本的にミドル~ハード(飛ぶキッカーサイズにもよる)
  • シューレスやBOA

ハーフパイプ

ハーフパイプの場合ですが、これは否応なしに硬いブーツの一択です。国際ブランド(Burton、K2、サロモンなど)にはハーフパイプ向けに作られているブーツがあります。相当硬いです!ブーツを履いてつま先立ちして全体重を乗せても曲がらないくらい硬いですw

 

それも見ていて分かりますが、ハーフパイプは足首に相当な負担がかかります。強いサポートがないと足首を怪我することになります。そのため、必ず硬いブーツ選ぶことになりますね。カービングでぎゅんぎゅんやっている人もこれくらい硬いブーツが良い人もいます。

 

ブーツのシステムとしてはシューレスです。硬く足首を固定する必要があるので、がっちりと締め付けることができるシステムが良いです。

ハーフパイプ向けブーツの特徴
  • ガチガチのハードなブーツ
  • シューレス

フリーラン

フリーランですが、簡単にいうといろいろやりたい人です!普通に滑っていてグラトリしたり、地形で遊んだり、キッカーを飛んだり、ジブに入ったり、、、大抵の人がこれになると思います!

 

この場合はすべてを包括できるブーツが良いでしょう。ブーツはミディアムフレックスがおすすめです。柔らかい、硬いに寄り過ぎるとやっぱり使いづらさを感じてしまうことになるでしょう。かといって滑れないとかはないのでw

 

ブーツのシステムとしては、BOA・シューレスがおすすめです。この辺りはあまりこだわる必要がありません。ブーツを占めるときにガチガチに絞めないことですね。それだけ注意すれば大丈夫でしょう。

フリーラン向けブーツの特徴
  • 硬さはミディアム
  • BOA・シューレス

カービング

カービングにおていではアルペンはハードブーツになります(普段僕たちが使っているブーツはソフトブーツともいいます)。スキーブーツのような作りになっています。スノーボードも形・長さが通常の物と違います。スノーボードをアルペンボードで始める人はほぼいないでしょう。

 

ソフトブーツでカービングする場合には、グラトリを取り入れる、がっつりターンを楽しむ場合で多少ブーツの選択が異なります。

 

ミディアムからハードという幅の中で選びますが、グラトリも組み込んでいく場合はミディアム、ターンをがっつりという場合はハードなブーツを選ぶようになります。シューレスタイプを選ぶことが多いです。

カービング向けブーツの特徴
  • 硬さはミディアム~ハード
  • シューレスタイプ

ここまできたら、自分に合っているブーツのタイプ・特徴が分かってきたと思います。そしてここからがブーツ選びで難しいところになってきます。

スノーボードブーツの適正サイズの選び方

初めてスノーボードブーツを買うときには実際に履いて選ぶ方が良いですね。サイズ的には、実際自身の足のサイズを測ってください。今履いている靴のサイズを参考にするよりも正確です。

 

足のサイズ+5mmが適正サイズです。

 

ただ、ブーツについては横幅・甲の幅もあるため、一概にサイズだけでは判断しづらいです。同じ規格でブーツを各ブランドが作っているわけではないので、それぞれでサイズ感が少し違うのは仕方ないですね。

 

その他にも以下、選ぶポイントをまとめいます!

スノーボードブーツ履いて選ぶ

スノーボードをブーツを選ぶときには、しっかりと選び方のポイントを知っておく必要があります。ボード、ビンディング、ブーツの中で、個人的に最も重要だと考えているのはブーツです。

 

直接、肌に触れる部分であるため、履き心地が悪いと全てをダメにしてしまいます。足に合わず痛みを伴うこともあります!

 

慎重にブーツは選ぶ方が良いと思います。それでは、ブーツ選びの7つのポイントを挙げていきます。が、その目に用意しておく物があります。

 

ブーツを吐くときにはスノーボード用のソックスを用意しておきましょう。普段のソックスだと感覚が違いますので、用意しておくことをおすすめします!履き方もコツがあるので、こちらの動画をご覧ください。

①ブーツの横幅

普段履いている靴と同じでスノーボードブーツも、メーカーによってブーツの幅が異なります。足に対して窮屈でないブーツを選びましょう。

②つま先の状態

つま先がブーツに当たって痛くないか確かめましょう。まずは、普段履いている靴のサイズでブーツを選んでみましょう。そこから前後5㎜のブーツでどれがフィットするか選んでいきます。

③締めた状態でかかとが浮かないか?

ブーツを締めた状態でかかとが浮かないか確かめてください。これはかなり重要な項目とないます。かかとが浮く状態だと板に力が伝わりずらくなります。最悪の場合は転倒した際にブーツが脱げます(笑)

④体重をかけた時に痛みがないか?

ブーツを締めた状態で前後、左右に体重をかけてください。このときに痛みがないか確認しましょう。

⑤足の甲がいたいくないか?

ブーツを締めたときに足の甲に痛みがないか確認してください。ブーツの中には「JAPAN FIT」という甲高な人向けのブーツも存在します。

⑥硬さは問題ないか?

ブーツの硬さは問題ないか?グラトリであれば柔らかめ、カービング重視なら硬めなど目安はあります。自分が行いたいスタイルで決めていきましょう。硬さについて参考記事はこちら。

⑦長時間履いて痛みがでないか?

これはなかなか難しいですが長時間履いて痛みがでないか確かめます。仲の良いショップの店員であれば大丈夫でしょうが、、、。これはできればでOKです!

ブーツの選び方ではビンディングとの相性も重要

ブーツとビンディングとの相性も重要です。これから上げる5つのことを注意すれば問題ないので、参考にしててください。

①ブーツとヒールカップの相性は?

グラトリ向きビンディング選び方出典:snowjp.net

ヒールカップとブーツのかかと部分がぴったり収まっているか確認しましょう。ここの部分がきついとブーツを痛めたり、かかとが圧迫され足が痛くなる事もあります。

 

反対に、ヒールカップが大き過ぎるとブーツがカポカポします。そして力がボードに伝わりづらくなります。

②ブーツがベースプレートに収まっている?

ヒールカップとの相性を確認したら、次はブーツがベースプレートに収まっているか確認しましょう。特にビンディングが小さいとつま先が出てしまいビンディングの淵に乗ってしまいます。

 

これは、滑走の妨げになったり、ブーツが早く痛む原因になります。ヒールカップは前後に動かせるので、その部分で調節をしていきましょう。

③ビンディングのハイバックを見てみよう!

ハイバックのねじって硬さ(フレックス)を確認。ハイバックをもっておもいっきりねじれこんでみましょう!蛇口をひねるようなイメージです。このフレックスが何に関係するのか?実は足回りの自由さに関係があります。

 

つまりは、遊び方によって選択が変わってきます。初心者、グラトリ、ジャンプなどで遊びたい方は、自由が効くフレックスの柔らかいハイバックが良いでしょう。

 

逆にフレックスの硬い物は、身体の動きを素早く伝えるためスピードの出ている時ときのボードコントロールの操作性は抜群です。ただし、低速時では扱いづらく感じると思います。

高すぎるハイバックは注意。

ハイバックは、短ければ自由度が増し、長ければホールド感が増します。短い方はグラトリ、ジブなどに効果を発揮します。長い方はフリーラン、ターンなどに効果を発揮します。

④ビンディング自体の硬さは?

これは見た目では分かりません。カタログを見たり店員に聞く方がいいでしょう。カタログにはFLEX1~5またはFLEX1~10など表記があります。1がもっとも柔らかいです。またsoft、medium、hardというような表現も見かけます。

 

ビンディングは使用している素材によって硬度が異なります。硬いビンディングは、パワーをよりボードに伝えやすくその分疲れやすいです。ボードコントロールも難しく上級者向けと言えます。全体的に柔らかいビンディングは、遊びも効き初心者に向いています。

 

固めのブーツを買ってしまった人は、柔らかめのビンディングを合わせるのも良いですね。ストラップ素材、ホールド感を見るついでに、ストラップの素材も見てみましょう。ここの素材は、実はホールド感に関係してきます。

 

ストラップの素材が薄すぎるとストラップが当たっている感があり、最悪の場合は足の甲が痛くなることもあります。太めの素材で低反発の物が、足首を優しく包みます。ノンストレスで滑走できるでしょう。

⑤ブーツとビンディングの相性が良いメーカーは?

当たり前のことですが、同じ開発下で制作されている同メーカーの製品に関しては相性抜群です!他メーカーだと相性が悪いのかというと、そんなことはありませので、ご安心ください。まずは、開発下が同じという意味では下記のメーカーは相性がいいです。

  • DEELUXE×UNION
  • NITRO×RAIDEN
  • NORTHWAVE×DRAKE

これからのブランドはブランド名が違いますが、同系統開発下で制作されているためブーツ・ビンディングの相性は比較的良いです。もちろん、これ以外のメーカー・ブランド同士でも全く問題あいません。

 

メーカーを気にするよりもビンディングとブーツのサイズを合わせることや滑りのスタイルに合ったブーツ・ビンディングなのか?というそういった相性を考えた方が良いですね!

 

サイズに関してはメーカーより表示されているSMLなどを参考にしてサイズを確認すればおおよそ問題ありません。

 

ということで、この記事ではスノーボードブーツの選び方を解説しました。初心者向けのおすすめビンディングは「スノーボードブーツ初心者におすすめ10選【20-21】」でまとめています。

 

それでは、あなたのスノーボードライフがより充実するものになるように願っています!

ABOUT ME
まさやん
年間滑走回数30-50日程度。冬は雪山に篭もりがち。雪解けからはスケボーやSUPに取り組んでいます!
RELATED POST