SALOMON

【SALOMON】HUCK KNIFEとPROの評価やレビュー!詳細スペックも!

SALOMONの中でもHUCK KNIFEという板についてスペックやレビューをまとめています。SALOMONは板の本当にたくさんの種類があって26種類ありますwなんとあのBURTONよりも豊富なラインナップになっているとは驚きですね!

 

この記事ではHUCK KNIFEがどんな板なのが理解を深めることができます。あなたにフィットするのか?HUCK KNIFEの評価やスペックについて見ていきましょう!この記事ではより深いところまでHUCK KNIFEを知ることができます。

記事の内容
  • HUCK KNIFEのスペックや評価
  • HUCK KNIFEに乗るべき人
  • HUCK KNIFEのセットアップ(ビンディング・ブーツ)

まだ自分に合う板の選び方が分からない人は「スノーボードの板の選び方!失敗しない知識まとめ【保存版】」も参考にしてくださいね!

【SALOMON】HUCK KNIFE詳細スペック

パークを制するパフォーマンス

優れた反発性と反応性をもたらす Quad Camber と、素早い動きを可能にする EQ Rad サイドカットを採用。ライディングの楽しさが実感できるボードです。

Pop

足下は厚く、ビンディングの外側は薄めにした Popster のコアプロファイルを採用。自然なスナップと反発力を最大限に引き出しています。

敏捷性

EQ Rad は、Equalizer の 3 本の直線と Radial を組み合わせた構造で、正確にコントロールして遊べる優れたサイドカットです。

レギュラー
レスポンス良い
反発普通
浮力やや弱い
フレックス普通
HUCK KNIFEの詳細スペック

Quad Camber
キャンバーのアグレッシブな特性に、ノーズとテールのロッカー構造をプラス。これによって、パウダーでの軽快な滑りと敏捷性を得ることができます。Quad Camber は、異なる半径を組み合わせているため、通常のキャンバー構造よりも活動域が広く、しかも反応性と反発力はまったく引けを取りません。

EQ Rad
Equalizer のストレートラインと Radial ラインを組み合わせた構造で、素早い取り回しが可能。ライドの楽しさを追求しました。

Popster
適所に配置された様々な厚さのウッドコアプロファイル。ウッドの自然なスナップと反発力を最大限に引き出します。スケートボードのキックテールが、スノーボードに組み込まれたような感覚です。

True Twin
フリースタイル専用:ノーズとテールの長さが等しく、コアの形状やフレックスが対称で、ビンディングは真ん中に配置されています。

Triax
すべてのライダーのための、ボードの耐久性と寿命を向上させるファイバー構造のコア。

BA MD
中密度のヨーロッパ製ファイバーグラス。軽量で、ボードの寿命と品質を長期間安定的に保つことができます。

Aspen SLCT
品質や重量のバラつきをなくすために、手作業で選別した木製芯材を使用しています。

Sintered
スタンダードなシンタードベース素材の滑走面。丈夫な滑走面と優秀なワックス浸透力で、品質と滑りの適切なバランスを実現しています。
ミディアムストーン仕上げ
シンタードベースの滑りを向上させる、荒さ中程度の組成の仕上げです。寒い朝のパウダーから春先のぼた雪まで、各種雪質でハイスピード滑走を楽しめます。

フリースタイル EB
ビンディング間に 3 度、サイドカットの有効エッジには 2 度の角度を付け、ノーズとテールはフラットにすることで、優れたエッジホールドを実現し、レール接触時の衝撃吸収力も高めています。

4×2 インサート

Slingshot サイドウォール
カーボンシールを使うことで、ボードに伝わる力を溜めたり解放したりすることができます。足の下部分の反応性も得られます。

SALOMON HUCK KNIFEの評価

【評価基準】

◎・・・バッチリ!とてもおすすめ!
○・・・おすすめ!そこそこ対応可能!
△・・・ちょっと使いづらさがある
✕・・・不向きだけど無理ではない
ー・・・難あり

グラトリジブキッカー
ハーフパイプフリーランカービング
ビギナーパウダーオールラウンド

HUCK KNIFEはとても幅広いライダーに支持されていますが、最も支持を集める層はパークメインに取り組んでいる層です。HUCK KNIFEはSALOMONのスノーボードの中でもパークにとても向いています!

SALOMON HUCK KNIFEのレビュー

SALOMONの板の中でも完成度が高い板です。パークでの相棒として選ばれることも多いですね。とても扱いやすく癖がなく乗りこなしやすいです。パークでは絶大な安定感があり、安心して乗ることができます。

SALOMON HUCK KNIFEの価格について

HUCK KNIFEの定価は「63,000円(税抜)」です。

板のクオリティーと比べるとかなりお値打ち価格な定価になっています。ショップに寄っては早期割などで安くなっていることもありますね。生産数が比較的多いため、シーズンオフで型落ちがあることもあります。サイズがあれば、それでも良いかなっと考えている人はぜひHUCK KNIFEを探してみましょう!

HUCK KNIFE PROとの違いは?

実は、HUCK KNIFEにはPROがあります。いわゆるプロ仕様ということですね。結局のところ何が違うのか?ですが、通常のHUCK KNIFEよりPROの方がかなり軽量化されています。

もちろん、ボードの仕様が違いっています。板内部が大きく違い超軽量の Ghost Green Core と Damplifier Lite(コルク材を使用したハニカム構造のノーズインサート)を組み合わせることで足裏感覚がとても優れていて、反発や衝撃吸収性にも優れています。

さらにソール部分についてもより高級な仕上がりとなっていますね。要するにHUCK KNIFEの性能をより高次元に仕上げた上位モデルということです。どちらが良いかといえば中上級者であればPROを検討してもいいかなっと!

HUCK KNIFE PROの詳細仕様

Quad Camber
キャンバーのアグレッシブな特性に、ノーズとテールのロッカー構造をプラス。これによって、パウダーでの軽快な滑りと敏捷性を得ることができます。Quad Camber は、異なる半径を組み合わせているため、通常のキャンバー構造よりも活動域が広く、しかも反応性と反発力はまったく引けを取りません。

EQ Rad
Equalizer のストレートラインと Radial ラインを組み合わせた構造で、素早い取り回しが可能。ライドの楽しさを追求しました。

Popster Booster
Popster のノーズとテールに向けてカーボン繊維を放射線状に縫い込み、ボードの反発力を最大限に引き出しました。足元から伝わるパワーを実感。

True Twin
フリースタイル専用:ノーズとテールの長さが等しく、コアの形状やフレックスが対称で、ビンディングは真ん中に配置されています。

Triax
すべてのライダーのための、ボードの耐久性と寿命を向上させるファイバー構造のコア。

BA MD
中密度のヨーロッパ製ファイバーグラス。軽量で、ボードの寿命と品質を長期間安定的に保つことができます。

Damplifier Lite
軽量素材にハニカムとコルクを組み合わせ、ノーズとテールの適所に配置することで、浮力をアップ。慣性力を抑えることでステアリングとコントロール性能を高め、より優れた衝撃吸収性と耐衝撃性を実現しています。

Ghost Green Core
Ghost Green Core は、非常に軽いポロウニア材の特性を最大限に活かし、軽量化と最高の反発力を実現した芯材です。

Sintered EG
新雪から春先のぼた雪まで、コンディションを問わずスピード感溢れるライドが楽しめます。ワックス浸透力を高めるシンタードベース素材を使用し、ガリウム補強で耐衝撃性をアップ。さらに、瞬発力を高める Electra 仕上げを施しています。

ミディアムストーン仕上げ
シンタードベースの滑りを向上させる、荒さ中程度の組成の仕上げです。寒い朝のパウダーから春先のぼた雪まで、各種雪質でハイスピード滑走を楽しめます。

フリースタイル EB
ビンディング間に 3 度、サイドカットの有効エッジには 2 度の角度を付け、ノーズとテールはフラットにすることで、優れたエッジホールドを実現し、レール接触時の衝撃吸収力も高めています。

4×2 インサート
Gunslinger サイドウォール
Slingshot の技術を集結した最高峰。カーボンシールをボード全長に走らせることで、Bode Merrill も満足の反応性と衝撃吸収力を得ています。

グラトリジブキッカー
ハーフパイプフリーランカービング
ビギナーパウダーオールラウンド

以上、SALOMONのHUCK KNIFEとPROについてまとめました!よりよいスノーボードライフを送れることを願っています。ありがとうございました(*^^*)

お困りならコチラを参考にしてください!
スノーボードのビンディングの選び方 スノーボード板の選び方スノーボードブーツの選び方