MOSS

【MOSS】CIRCUS(サーカス)評価レビュー!おすすめジャンルは?

この記事ではMOSS「CIRCUS」についてまとめています。とても性能が高いスノーボードですね。スノーボード中級者以上であれば誰もが憧れる板ではないでしょうか?

 

このCIRCUSを調べているということは、どんな特徴があるのか?自分にフィットするボードかを知りたいからですよね?フィットしないボードを使ってもスノーボードは上手くなりません。しっかりとCIRCUSを理解してから考えてみましょう!

MOSS「CIRCUS」まとめると・・・

MOSS「CIRCUS」の評価はグラトリに特化した板になります!弾きトリック、プレストリックでかなり高い性能を発揮していくれます!

ざっくりしたことをお伝えしましたが、さらに詳しいことを知りたい方は以下ご確認くださいね。3分程度読むことができる内容にまとめていますので、ご覧ください!

 

まだ自分に合う板の選び方が分からない人は「スノーボードの板の選び方!失敗しない知識まとめ【保存版】」も参考にしてくださいね!

【MOSS】CIRCUSの評価レビューや硬さは?

【評価基準】

◎・・・バッチリ!とてもおすすめ!
○・・・おすすめ!そこそこ対応可能!
△・・・ちょっと使いづらさがある
✕・・・不向きだけど無理ではない
ー・・・難あり

【LEVEL区分】

初心者・初級者・中級者・上級者・最上級者

形状シェイプ
キャンバーツイン
Board FLEX
Soft 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Hard
LEVEL
中級者・上級者
スタイル
フリーランパウダー
カービングジブ
グラトリ(弾き系)グラトリ(バター系)
キッカーハーフパイプ
size
139cm 149cm 153cm 157cm

これまでにないボトムシステムを設計した進化系トリックボードCIRCUS。ノーズ、テール部分に独立キャンバーがあり、マニュアル系のトリックや弾きを容易にさせる。

さらに足下にあるキャンバーは中心部をフラットで繋ぎ、キャンバーピークを二つにする事であらゆる体勢からの操作にも対応、それでいてシングルキャンバーのようなパワフルなオーリーも可能になっている。

絶妙にバランスよく融合されたキャンバーシステムは新たなトリックを生みだすマジックボードだ。

【MOSS】CIRCUSのシステム

MOSS「CIRCUS」にはさまざまな技術・素材が使用されています。そのあたりをまとてめています。それを知ることで板の特徴がより分かってきますよ!

CORE:POPLAR X

ポプラにXウッドを組み合わせたナチュラルライトコア。軽くしなやかなポプラ材をベースにさらに軽量なXウッドをプラス。軽快さと反発を融合したコア。

アウトライン(ベント):ツイン

ノーズ、テールを同じ長さに設定。回転慣性も高く、空中バランスもとりやすい。パークやグラトリ、スピントリックなどに最適なシェイプ。

シェイプ:EQUAL

前後対象なのでスウィングウエイトとバランスが均等でスイッチでの操作性能が高いシェイプ。

SIDEWALLSLANT:KNIFE

最も鋭角なサイドウォール。雪面に食い込むうにキレていく。簡単にエッジをかませる事が出来るのでカービング感覚を覚えるのにも最適。

BOTTOM TYPE:CIRCUSCAMBER

通常のキャンバーと両足元にある2つのキャンバーとノーズ・テールにもキャンバーを設計。5つのキャンバーをもつ特殊形状。

RUNNING BASE:ISO SPEED GRAPHITE

920万分子量のシンタードベース。CODワックス浸透率が良く様々な雪質に万能で滑走性とメンテナンス性に優れている。

【MOSS】CIRCUSの評価

20代男性
20代男性
グラトリメインに取り組んでいますが、TOTO ブラック SFとかなり悩みました!だけど、ツインな面を評価して、このCIRCUSにしています。言うまでもなくグラトリではその性能を最大限発揮することができてめっちゃ楽しいですよ!

【MOSS】CIRCUSの型落ち

MOSS「CIRCUS」は型落ちがとてもお得に購入することができます。型落ちといっても性能が大きく変わっているかといえば気にするレベルで変わることはありません。

基本となるところは大きく変えていくことはほぼないと考えて良いでしょう。以下、型落ちを探すことができますので、参考になれば幸いです。

この記事ではMOSS「CIRCUS」についてまとめました!ほかの記事でもMOSSのスノーボードを取り上げていますので、参考になれば幸いです(^^)

お困りならコチラを参考にしてください!
スノーボードのビンディングの選び方 スノーボード板の選び方スノーボードブーツの選び方