ボード

【BURTON】Deep Thinker(ディープシンカー)評価とレビュー詳細スペックも!

BURTONの中でもDeep Thinker(ディープシンカー)という板についてスペックやレビューをまとめています。BURTONは板の種類がたくさんあるので選ぶのが大変ですよね。ざっと細かく分けるとメンズで20種類以上はあるので(笑)

 

この記事ではDeep Thinkerがどんな板なのが理解を深めることができます。Deep Thinkerの評価やスペックについて見ていきましょう!

記事の内容
  • Deep Thinkerのスペックや評価
  • Deep Thinkerに乗るべき人
  • Deep Thinkerのセットアップ(ビンディング・ブーツ)

BURTONの他の板について知りたい場合は「準備中」の記事をご参照ください。

【BURTON】Deep Thinker(ディープシンカー)詳細スペック

ボードサイズ154157160157W160W163W
推奨体重54-82kg68-91kg82-118kg+68-91kg82-118kg+82-118 kg+
ウエスト幅248mm252mm255mm260mm263mm265mm
セットバック-25-25-25-25-25-25
バインディングサイズMM/LLLLL
ランニングレングス1115mm1145mm1175mm1140mm1170mm1200mm
サイドカット半径7.2m7.4m7.6m7.4m7.6m7.8m
サイドカット深度21.5mm22.0mm22.6mm22.0mm22.5mm23.1mm
推奨スタンス530mm560mm560mm560mm560mm560mm
ノーズ幅294.4mm299.6mm303.8mm307.4mm311.6mm314.7mm
テール幅287.4mm292.6mm296.8mm300.4mm304.6mm307.7mm
有効エッジ1160mm1190mm1220mm1185mm1215mm1245mm

Deep Thinkerスペック①ディレクショナルキャンバー

進行方向のロッカー形状がノーズを浮かせ、両足下のキャンバー形状が勢いと安定性を提供するので、様々なコンディションで鋭いターンを可能にします。

Deep Thinkerスペック②DIRECTIONAL

昔ながらのスノーボードシェイプ。ノーズが若干長めで、短めに設計されたテールには強い反発力が秘められています。高い浮力と地形や雪質を問わないオールラウンドな適応力が持ち味です。

【7mmテイパー】
ノーズがテールよりも太いボードシェイプはテイパードシェイプと呼ばれ、ターンの入りと抜けをスムーズにし、高速ライディングでの安定性とパウダーでの浮力を向上します。テイパーの度合いはボードによって異なります。

Deep Thinkerスペック③スーパーフライⅡ™ 700gコア

反発力と強度のアップ、ウェイト削減のため、コアの特定エリアに強くて軽いウッドを使用しています。

Deep Thinkerスペック④デュアルゾーン™ EGD™

トウ&ヒールエッジ沿いの木目をウッドコアに対して垂直に走らせ、正確なエッジグリップと耐久性を実現します。

Deep Thinkerスペック⑤Squeezebox

Burtonで最も多様性に富んだコアプロファイル、Squeezeboxは、パワフルな厚いコアとフレキシブルな薄いコアをバランス良く持たせることで、ポップ感と全体的なパフォーマンスを向上します。足裏から発するエネルギーが外側に伝達され、ノーズとテールにパワーを供給し、ボードの安定性や操作性が高まるのです。

Deep Thinkerスペック⑥カーボンハイライト45°

カーボンハイライトはファイバーグラスの各層を最適化します。ノーズからテールにかけてカーボンレイヤーをプラスすることで重量を軽減し、さらにトーションのフィールを微調整することで異なるライディング特性を生み出します。

60°の角度でファイバーグラスを配列することで操作性と自由度を向上させ、45°の角度でファイバーグラスを配列することでレスポンスを高めます。ハイボルテージ搭載モデルではさらなるカーボンレイヤーを追加し、より一層の反発力と軽量化を実現します。

BURTON Deep Thinkerの評価

【評価基準】

◎・・・バッチリ!とてもおすすめ!
○・・・おすすめ!そこそこ対応可能!
△・・・ちょっと使いづらさがある
✕・・・不向きだけど無理ではない
ー・・・難あり

グラトリジブキッカー
ハーフパイプフリーランカービング
ビギナーパウダーオールラウンド

Deep Thinkerはダニー・デービス好きにおすすめ!位置付けはパウダーボード!

BURTON Deep Thinkerのレビュー

BURTONの板の中でも異彩を放っているかもしれませんね。プロスノーボーダーで数々の大会で好成績を収めてきたダニー・デービスの相棒として制作されたディープシンカー。パウダーボードにもかかわらず、山全体を滑れるように仕上げています。個人的には少々オールラウンドで使うには扱いづらさがありましたが、慣れないシェイプだったためです。慣れると問題なく使用できそうです。その癖自体が面白い板だと感じました。もちろん、ダニー・デービスのファンであれば、これ一択!

BURTON Deep Thinkerの価格について

Deep Thinkerの定価は「84,000円(税別)」です。

BURTONのDeep Thinkerは人気モデルのため生産数量は普通です。そのためシーズンオフになると必ず型落ちを見かけます。定価よりもかなりお値打ち価格になっているため、最新モデルという強いこだわりがないなら、充分過ぎますね!

セットアップにおすすめなビンディングとブーツ

BURTONですからセットアップのビンディングとブーツは同じBURTONから選ぶ方が無難ですね。数ある中でも以下の製品をおすすめします。

以上、BURTONのDeep Thinkerについてまとめました!よりよいスノーボードライフを送れることを願っています。ありがとうございました(*^^*)

ABOUT ME
まさやん
年間滑走回数30-50日程度。冬は雪山に篭もりがち。雪解けからはスケボーやSUPに取り組んでいます!
お困りならコチラを参考にしてください!
スノーボードのビンディングの選び方 スノーボード板の選び方スノーボードブーツの選び方
RELATED POST