BURTON

BURTONメンズ板の全種類まとめ!特徴についても【2020-21最新】

この記事ではバートンのメンズ板について特徴をまとめています。なんと全種類(細かく分けると20種類以上)を網羅しています。そのため、この記事を読むことで、BURTONの板についてさらに詳しくなることができます。

 

またBURTONの板を検討している人には、どれが自分に合っているのか?ということも分かるようになっています。僕も始めたころはどれも一緒に見えました(笑)

 

だけど、それぞれ特徴があるため、自分に合っている板を選ぶことが上達する上でとても重要になります。このまとめが少しでも参考になれば嬉しいです!

 

これであなたもBURTONの板を完全網羅していきましょう。5分程度で読める内容になっていますので、しばしお付き合いくださいね^^

BURTONメンズ板のほぼ全種類まとめ!

BURTONにはたくさんの板の種類があります。ほぼ全てを網羅しています(スプリットボードは省いています)。BURTONの板の特徴についても触れていますので参考になれば幸いです!

 

その前にBURTONの板を購入するときに必ず知っておかないと失敗してしまう知識があります。それを知らない方は絶対に「【BURTON】ビンディングのEST・The Cannel・Re:Flexとは?」を確認しておいてくださいね。

 

BURTONの板は同じモデルで形状が違うため多数になります。基本的には「板の名称+形状」という表記になっていますので!

【BURTON】Kilroy 3D

ジャンルパーク
レベル中級者・上級者・エキスパート

BURTON「3D Kilroy」は、中級者以上のパークをメインに滑る人におすすめな板です。フレックスはやや柔らかいため、ジブにとても強いですね。

 

「3D構造」がノーズとテールに施されています。そのため特徴としてルーズな反応になる板です。

【BURTON】Kilroy Twin Camber

ジャンルパーク
レベル中級者

BURTON「Kilroy Twin Camber」のおすすめジャンルはパークになります。フレックスも柔らかめ。オーソドックスなキャンバーボードです。

3Dよりも扱いやすいため、初級者から本格的にパークに取り組む人におすすめです。

【BURTON】Kilroy Pow Camber

ジャンルパウダー
レベル中級者・上級者

BURTON「Kilroy Pow Camber」のおすすめはパウダーです。パウダーランの事を最も考えたKilroyシリーズの板になります。フレックスは普通です。

 

パウダーボードは高価になりがちですが、かなり価格を抑えたパウダーボードとなっています。これでパウダー専用に板を買う勇気が出ますよね!

 

このKilroyシリーズについて「Kilroy(キルロイの評価とレビュー詳細スペックも!3種類あるので注意」でさらに詳しいことをまとめています。

【BURTON】Custom Camber

ジャンルオールマウンテン
レベル中級者・上級者

BURTONを代表する板といえば「Custom」。適正ジャンルはオールマウンテンとオールマイティな仕上がりとなっています。フレックスは普通。

 

特徴としては高反発で軽量な板なところです。そのため安定したキッカー、フリーランを楽しむことができます。グラトリは少し難ありですね。グラトリメインで考えるなら別の選択肢になります。

 

CUSTOMについては「【BURTON】CUSTOMの評価とレビュー詳細スペックも!」で詳しく解説しています。

【BURTON】Custom Flying V

ジャンルオールマウンテン
レベル中級者・上級者

BURTON「CUSTOM Flying V」はオールマウンテンでオールジャンルに対応できます。CUSTOMとの違いは「Flying V」という形状です。Flying Vのため、エッジの掛かりが軽減されています。フレックスも若干柔らかい設定です。

 

そのためCUSTOMよりも板は扱いやすいです。バチバチにキャンバー形状でエッジを立てたいよりは、それよりはルーズな乗り方を求めている方は「Flying V」を選ぶと良いですね!

【BURTON】Custom Twin Off-Axis

ジャンルオールマウンテン
レベル中級者・上級者

BURTON「CUSTOM Off-Axis Camber」ですが、まず「Off-Axis」について解説する必要があります。このOff-Axisですがダッグスタンス向けのコア材(ボードの材料)です。

 

そのため、スタンスをダッグスタンスにする人がCUSTOMを選ぶ場合は「Off-Axis Camber」を選びます!「ダッグスタンス?って」となる方は「スノーボードカービングのスタンス幅とアングルについて」を参照してください。

 

ここまで細分化できるBURTONの財力が半端ないし、探究心もすごいですwさらに詳しいことは「【BURTON】Custom Twinの評価とレビュー詳細スペックも!」も参考にしてください。

【BURTON】Custom X

ジャンルオールマウンテン
レベル上級者

BURTON「Custom X」についてはオールマウンテンですが、板のフレックスは硬いため、パウダー・カービング・フリーラン・カービング・キッカーにおすすめです。

 

BURTONの中でもエキスパートレベルの方が選択肢に上げるべき板でしょう。とくにカービング性能について申し分ないですね。ただ、お値段が・・・です(笑)

 

Custom Xの特徴については「【BURTON】Custom Xの評価とレビュー詳細スペックも!性質が異なる2種類」でさらに詳しく解説しています!

【BURTON】Custom X Flying V

ジャンルパウダー
レベル中級者・上級者

BURTON「Custom X Flying V」については「Flying V」という形状が「CUSTOM X」とことなります。「Flying V」の方がエッジのヌケ感がありますね。

 

好みによるところもありますがビックキッカーはFlying Vにすることが多いです。ラントリする予定がある方もFlying Vになります。こちらも好みによりますが、、、(笑)

 

「CUSTOM X Flying V」の特徴については「【BURTON】Custom Xの評価とレビュー詳細スペックも!性質が異なるFlying V」でさらに詳しく解説しています!

【BURTON】Descendant

ジャンルパーク
レベル中級者

BURTON「Descendant」はパークに向いています。特徴としてはソフトなフレックスでジブでは力を発揮しますね。グラトリにも十分対応できる性能です。

 

フリースタイル色が強く、レギュラーでもスイッチでも同様の操作性があるためとても扱いやすいです!

 

Descendantについてさらに詳しく知りたい場合は「【BURTON】Descendantの評価は?」もご覧ください。

【BURTON】Family Tree Hometown Hero

ジャンルパウダー
レベル中級者・上級者

BURTON「Family Tree Hometown Hero」はBURTON本社の社員が近くの山を滑るために作ったボードです(笑)特徴としてはパウダーランに強い性能を発揮するボードになります。

【BURTON】Family Tree Sensei

ジャンルパウダー
レベルエキスパート

BURTON「Family Tree Sensei」はかなり遊び心があるパウダーボードです。なんといっても長さが170cmとロングでナローな滑りを楽しむことができます!独特な滑りを楽しみたい方におすすめですが、相当なマニアックな方でないと手を出すことはないでしょう(笑)

【BURTON】Family Tree Straight Chuter

ジャンルパーク
レベル上級者・エキスパート

BURTON「Family Tree Straight Chuter」は最もパウダーに性能が偏っている中の1枚という認識でOKです!この板のレベルなると普通の人は買わないですよねwよっぽどの物好きでパウダーLOVE溢れかえっている方におすすめです!

【BURTON】Fish 3D Directional

ジャンルパウダー
レベル上級者・エキスパート

BURTON「Fish 3D Directional」の特徴は操作性がとても良いパウダーボードです。フレックスはやや柔らかめで設定されているためナローな感じも楽しむことができます。ダブルスワローテールはボードを最大限に操作性を向上させています!

【BURTON】Flight Attendant

ジャンルパウダー
レベル中級者・上級者

BURTON「Flight Attendant」はオールマウンテン・パウダーに強い板です。特徴はディレクション形状でバランスが取れた板ですね。地形を遊ぶために作られたフリーラン板といっても過言ではありません。

フリーランで遊び倒したい方におすすめです。フレックスが多少固めなためある程度、板のコントロールができる人が検討しておきましょう!

【BURTON】Free Thinker

ジャンルオールラウンド
レベル中級者・上級者

BURTON「Free Thinker」はダニー・デービスの相棒として有名な板ですね!フレックスはやや固めに仕上がっています。オールラウンダーな板で、カービング、キッカー、ジブ、パウダーとかなり幅広いジャンルで性能を発揮できる板となっています。

 

さらに詳しいことは「【BURTON】Deep Thinker(ディープシンカー)評価とレビュー詳細スペックも!」を参考にしてください。

【BURTON】Instigator

ジャンルオールマウンテン
レベル初心者

BURTON「Instigator」はBURTON板の中でも最も初心者のために制作されています。形状がフラットのためエッジ掛かりが軽減されているため逆エッジが少なくなります。フレックスもソフトでとても扱いやすい板です。

【BURTON】Name Dropper

ジャンルパーク
レベル中級者

BURTON「Name Dropper」の特徴としてはパーク向けの性能ということです。ダックスタンスにマッチするように設計されているためパークでダックスタンスであればとても扱いやすいマッチする板になります。フレックスはソフトのためジブではかなり効果的!

 

ソフトだけでキャンバーでの反発もしっかりと受けることができるパークでは性能を発揮することができます。パーク専門の方は検討するべき1枚となっています。

 

詳しいことは「【BURTON】Name Dropperの評価とレビュー詳細スペックも!」にまとめていますので、ご覧くださいね!

【BURTON】Paramount

ジャンルパーク
レベル中級者・上級者

BURTON「Paramount」の特徴はジブが得意なボードです。パーク向けに制作されていますが、その中でもジブに相性がバッチリ!というのも、ソフトなフレックス、キャンバー、ツインというオーソドックスなパークボードの要素を満たしています。

 

これからパークに取り組もうとしているスノーボーダーにおすすめします。さらも詳しくは「【BURTON】グラトリ向きのおすすめ板はParamount?」よりご確認ください。

【BURTON】Process

ジャンルオールマウンテン
レベル中級者

BURTON「Process」はトップライダーでもあるマーク・マクモリス乗っているボードです。フリースタイルの遊びやすさと地形を問わず発揮される高い機能性な仕上がりになっています!

 

【BURTON】PROCESSの評価レビューやスペックは?マークマクモリス使用!」この記事でさらに詳しく解説しています。

【BURTON】Process Flying V

ジャンルパーク
レベル中級者・上級者

BURTON「Process Flying V」の「Flying V」はいわゆるダブルキャンバーです。そのためかキャンバーモデルのProcessよりも、エッジ掛かりが軽減されています。これはどちらが良いというのはなくて、自分に合った形状を選ぶようにしていきましょう!

 

そのあたりも含めて「【BURTON】PROCESSの評価レビューやスペックは?マークマクモリス使用!」でさらに詳しく解説しています。

【BURTON】Skeleton Key

ジャンルオールマウンテン
レベル上級者

BURTON「Skeleton Key」の特徴としてはディレクションツインのシェイプで、ウエスト幅が他のモデルと比べて広めに設定されています。オールマウンテンですがパウダーも同じレベルで対応できる面白い設計の板になっています。

 

さらに詳しいことは「【BURTON】Skeleton Keyの評価とレビュー詳細スペックも!」をご確認くださいね!

 

ということでBURTONのメンズ向きの板について全て取り上げてきました!あなたにぴったりな1枚が見つかると良いですね!

お困りならコチラを参考にしてください!
スノーボードのビンディングの選び方 スノーボード板の選び方スノーボードブーツの選び方