ボード

【011artistic(ゼロワン)】BALANCE&SPIN&LIMITEDの評判や価格について

この記事では011artistic(ゼロワン)のBALANCE(バランス)シリーズについてまとめています。それぞれ特徴が異なっているため、比較もしています。もちろん、評判や価格についても調べています。

なかなか高価な板ではありますが、毎年予約が早い段階で締め切られるので、早めの購入を検討することをおすすめします。9月頃にはショップに寄っては売り切れますので、ご注意ください!

より自分にフィットする板を選ぶことで上達も左右するため、しっかりと検討していきましょう。この記事を読むことで、よりBALANCEシリーズについて知ることができます。

【簡単なプロフィール】管理人:まさやん

  • スノーボード歴は13年(ある大会でエアー部門3位)
  • 長野で住み込み篭り経験あり
  • オフはスケボー、サップを楽しむ
  • 実は二児のパパ(笑)

【011artistic】BALANCE&SPIN&LIMITEDの評判

011artisticのBALANCEには3種類あります。BALANCE・SPIN・LIMITEDです。BALANCEとBALANCE-LIMITEDは性能は同じですがグラフィックデザインが異なります。そのためまとめて紹介しておきます!

BALANCE&BALANCE-LIMITED

011artistic-BALANCE画像:BALANCE

【評価基準】

◎・・・バッチリ!とてもおすすめ!
○・・・おすすめ!そこそこ対応可能!
△・・・ちょっと使いづらさがある
✕・・・不向きだけど無理ではない
ー・・・難あり

形状シェイプ
ハイブリッドキャンバーツインチップ
Board FLEX
Soft 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Hard
LEVEL
中級者・上級者
スタイル
フリーランパウダー
カービングジブ
グラトリ(弾き系)グラトリ(バター系)
キッカーハーフパイプ
size
148cm 149cm 150cm 151cm 152cm 153cm

全てのユーザーに新たなトリックの扉を開く

少し細めのウエストにすることでエッジの切り返しが抜群なシェイプです。また、トリックとターンのキレを増す為に2段階のサイドカーブを採用しました。ボードセンターは強めに、スタンスの外側に向けては緩めのサイドカーブにすることでエッジのグリップ力が増し、技のキレとスピードをキープできます。スイングウェイトが軽く高速スピントリックにも威力を発揮します。

BALANCE-SPIN

【評価基準】

◎・・・バッチリ!とてもおすすめ!
○・・・おすすめ!そこそこ対応可能!
△・・・ちょっと使いづらさがある
✕・・・不向きだけど無理ではない
ー・・・難あり

形状シェイプ
ダブルキャンバーツインチップ
Board FLEX
Soft 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Hard
LEVEL
初心者・初級者・中級者・上級者
スタイル
フリーランパウダー
カービングジブ
グラトリ(弾き系)グラトリ(バター系)
キッカーハーフパイプ
size
148.5cm 151cm 152cm 153cm 154cm

 ルーズとホップによるバランス革命

柔らかめのボードフレックスはSPIN CAMBER(スピンキャンバー)をよりルーズに楽しくしてくれます。トリックもカーブも両立した2段階サイドカーブによるクイックな操作性を実現。

ターンやオーリーといったホップ感を最小限のパワーで最大限に生かします。BALANCE SPINに乗ることでパウダースノーからコーンスノーまで疲れ知らずに1日楽しめます。

BALANCE(LIMITED)・SPINを比較

BALANCE(LIMITED)BALANCE-SPIN
形状(ベント)ハイブリッドキャンバーダブルキャンバー
ビベリングありあり
コンベックスハイグレードハイグレード

BALANCEとBALANCE-SPINの違いですが、それは形状です。それ以外はほとんど同じです。そのため、違いは形状の性質になります。

BALANCEで採用されているハイブリッドキャンバーですがキャンバーの性質を強く持っています。それは、板の反発が強い、ターン時のエッジングがしやすいなどを挙げることができます。

そのため、グラトリでも弾き系の板の反発を利用して高く飛び上がるトリックに相性がとても良いです。ほかにもキッカーにも充分使用することができるため、グラトリ・キッカーとさまざま取り組みたいユーザーにおすすめです!

BALANCE-SPINで採用されているのはダブルキャンバーです。そのため、ハイブリッドキャンバーに比べるとエッジかかりが減少します。つまり、ドライブなど板を回しやすく扱いやすくなります。ロッカー要素もあるためプレスもBALANCEより行いやすいです。

ただ、板の反発はハイブリッドキャンバーには劣るため、プレス系トリックなどをメインに取り組みたいグラトリユーザーにおすすめです。BALANCE-SPINの方がグラトリに特化しているイメージを持っておけばいいでしょう!

【まとめると・・・】

BALANCEは、グラトリ・キッカー・カービングなど幅広いことに取り組みたいユーザー向け

BALANCE-SPINは、グラトリに特化しているためグラトリメインに取り組むユーザー向け

僕なりの考えをまとめてみました。どちらが自分の取り組むスタイルに向いているかで選んでみましょう!初めから自分にフィットする板をバッチリと買うことは難しいかもしれませんが、いろいろと乗ってみて自分に馴染む板を探していくといいですよ^^

それでは、BALANCEシリーズについてまとめてみました!

ABOUT ME
まさやん
年間滑走回数30-50日程度。冬は雪山に篭もりがち。雪解けからはスケボーやSUPに取り組んでいます!
お困りならコチラを参考にしてください!
スノーボードのビンディングの選び方 スノーボード板の選び方スノーボードブーツの選び方
RELATED POST