ボード

【011artistic(ゼロワン)】DOUBLE(FLY&SPIN)の評判や価格について

011artisticDOUBLE

この記事では011artistic(ゼロワン)のDOUBLEシリーズFLY(フライ)とSPIN(スピン)についてまとめています。評判や価格もですが、性能などマニアックなところまで見ていきます。

011といえばグラトリ上級者に定番の板ですが、高価なこともで知らえていますね。そのため、購入を検討されている方は、しっかりと違いを理解して買わないと、とても残念なことになりかねません!高い板なので型落ちを検討するのも手ですよね~

この記事で011artisticのDOUBLE(FLY&SPIN)についてより知ることができます。

【簡単なプロフィール】管理人:まさやん

  • スノーボード歴は13年(ある大会でエアー部門3位)
  • 長野で住み込み篭り経験あり
  • オフはスケボー、サップを楽しむ
  • 実は二児のパパ(笑)

【011artistic(ゼロワン)】DOUBLE(FLY&SPIN)の評判や価格について

まずはDOUBLE FLYから見ていきましょう!ちなみにDOUBLE FLYは2020-21シーズンより新たにリリースされていますので、確認必須ですよ~^^

DOUBLE FLYの評判と価格

【評価基準】

◎・・・バッチリ!とてもおすすめ!
○・・・おすすめ!そこそこ対応可能!
△・・・ちょっと使いづらさがある
?・・・不向きだけど無理ではない
ー・・・難あり

形状シェイプ
ハイブリッドキャンバーツインチップ
Board FLEX
Soft 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Hard
LEVEL
初心者・初級者・中級者・上級者
スタイル
フリーランパウダー
カービングジブ
グラトリ(弾き系)グラトリ(バター系)
キッカーハーフパイプ
size
148.5cm 150cm 151cm 152cm 154cm 156cm

定価:88,000円

『DOUBLEからDOUBLE FLYにアップグレード』

ソフトフレックス&トーションバランスで全てのユーザーを虜にする操作性は011の歴史です。今期から芯材を超軽量フォームコア(サーフボードに使われている素材)に変更することで最軽量化に成功しました。ソフトなトーション(ねじれ)でスタイルを出し、全くクセが無く弾けるDOUBLE FLYでゲレンデを自由に操れます。

DOUBLE SPINの評判と価格

【評価基準】

◎・・・バッチリ!とてもおすすめ!
○・・・おすすめ!そこそこ対応可能!
△・・・ちょっと使いづらさがある
✕・・・不向きだけど無理ではない
ー・・・難あり

形状シェイプ
ダブルキャンバーツインチップ
Board FLEX
Soft 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Hard
LEVEL
初心者・初級者・中級者・上級者
スタイル
フリーランパウダー
カービングジブ
グラトリ(弾き系)グラトリ(バター系)
キッカーハーフパイプ
size
148.5cm 151cm 152cm 153cm 154cm

定価:86,200円

『反則レベルの翼性能』

アウトラインはDOUBLE FLYでもキャンバーとは違うエッジプレッシャーを軽減した乗り味。ダブルキャンバーの翼の反り上がりを反則レベルの最大限に上げました。コントロールが非常に軽く浮遊感溢れるフラットトリックも容易です。また、コンベックス形状は011の中では最も強く設定され、雪面への抵抗が極めて少ないソール形状で縦にも横にも軽い操作性は圧巻です。

011artisticのDOUBLE FLYとSPINを比較

011artisticのDOUBLEのFLYとSPINには大きく異なる点があります。以下比較表を作りました。

FLYSPIN
形状(ベント)ハイブリッドキャンバーダブルキャンバー
ビベリングなしあり
コンベックスハイグレードスーパーハイグレード

形状については、FLYはハイブリットキャンバーです。イメージ的にはほぼキャンバーと理解しておけば問題ありません。それに対してSPINの方はエッジのかかりが軽減できるダブルキャンバー形状です。そのため、ひっかかりが少ないのはSPINですね。逆に弾き系トリックはFLYの方が性能が高いです。

ビベリングとはエッジを丸めるダリングとは異なりエッジの角度を調整することによりエッジの効きはそのままで抵抗を大幅に軽減することです。ダリングとは異なるのでしっかりと理解しておきましょう。ダリングしたスノーボードはゲレンデで使わないでくださいね(笑)このビベリングはSPINに施されています。

コンベックスとは、以下の画像のようにソールに丸みをもたせる加工のことを言います。

想像しても分かる通り、コンベックスが施されているとスピンしやすくなります。FLYよりもより丸みを帯びたスーパーハイグレードがSPINには搭載されています。

【まとめると・・・】

SPINはグラトリよりに特化したスノーボードを求めるユーザー向け

FLYは反発を活かすグラトリ、オールラウンドに滑りたいユーザー向け

SPINとFLYでは性能が違うのであやふやな認識で買わないようにしましょう!自分に合ったスタイルはどちらなのか?という面で選ぶようにしてくださいね。

 

それでは、DOUBLE(FLY&FLY)についてまとめました!

ABOUT ME
まさやん
年間滑走回数30-50日程度。冬は雪山に篭もりがち。雪解けからはスケボーやSUPに取り組んでいます!
お困りならコチラを参考にしてください!
スノーボードのビンディングの選び方 スノーボード板の選び方スノーボードブーツの選び方
RELATED POST