スノーボード初心者の服装

この記事書いているのは9月です。

最近はだんだんと過ごしやすい時期が

続いていますね。

 

明け方は寒くてそろそろTシャツだと

無理な感じになってきています。

寒いところだと、もう長袖だ!

という場所もあるでしょうがw

 

そんな冬の気配がすぐそこまできている

感じがしています。

秋になると冬支度するわけですが、

スノーバーダーはうずうずしていますw

 

今期は年明けには冬季オリンピックが

あるということで更にボードが高まり

人気が出ることは間違いないでしょう!

 

そんな流行りにのってスノボーを始める

人に注意した方が良いことを伝えれたら

と思い、この記事を書いていきます!

 

それは初心者が失敗しない服装は?と

いうことでウェアの下に何を切るか?

ということについて話していきます。

スノーボード初心者が失敗しない服装は?

スノーボード初心者の服装

まず、大前提に基本的にはスノボーは

スノーウェアを着ることをおすすめ

しています。

 

よくゲレンデにパーカー姿を見ますが

晴れた天気のいい日はそれでもいいです。

天候が悪くなったときのことを考えて、

パーカーを着ている人がウェアも一緒に

持ってきているはずです。

 

初心者であればウェアがおすすめです。

とりあえずウェアを着ていれば大丈夫。

と大前提のことはこれくらいにして、

そのウェアの下に着る服装はどうです?

意識したことがありますか?

スノーボーダーが着るべきインナーウェアは?

あまりインナーウェアのことまでは

気にした事がない人が多いですよね?

 

このインナーウェアですが、ようは、

アウターのスノーウェアでは防げない

寒さを防寒するためだと考えればOK!

 

そのため自身が持っているウェアに

合わせて選択する方がいいでしょう。

ウェアが薄めの生地の場合であれば

インナーウェアはパーカーでもOK。

 

中綿が入っている様なウェアだと

本当に肌着だけでもOKという人も

いるくらいですからね。

 

その日の天候によっても大きく違い

一概にどれが良いとは言えません。

 

しかし、これだけ着たら暑いかも?

というくらいを基準で着ておくと

いいでしょうね。

暑ければ脱げば良いだけですからねw

 

これもいいとして僕が伝えたいことは

肌着についてなんですよね!

 

ヒートテックでいいじゃん!

って思った人多いんじゃないですか?

てかヒートテック着て滑っているし!

という人も多いでしょう。

 

しかし、ヒートテックは雪山という

シチュエーションを考えたときには

あまり良い肌着だとは言えません。

スノボーで肌着がヒートテックだとダメ理由は?

スノーボード初心者の服装

ヒートテックが雪山の肌着として

向いていない理由はヒートテック

の性能に理由があります。

 

ヒートテックの素材は以下の通り。

  • 34%ポリエステル
  • 34%レーヨン
  • 27%アクリル
  • 5%ポリウレタン

この素材の中で注目するべきは、

レーヨンというぞ材ですね。

このレーヨンという素材の特徴は

「肌触りが良く感じられる」

という大きな利点があります。

 

しかし吸水性が高いという性質も

兼ね備えているために大量の汗を

かいた場合には吸水しなくなると

いう可能性があります。

 

要は、乾くのが遅いという特徴が

あるということですね。

言えば気温の影響で汗冷えを起こし、

体温の低下につながるという、、、。

 

日本のゲレンデでは早々ないですが

遭難したときや怪我をして動けない

といったことになれば体温の低下が

致命的になることがありえます。

 

ちなみにヒートテックの速乾性は

綿以下という実験データがあり、

結構勘違いしている人が多いと

僕は思っています。

 

ヒートテックは日常生活において

快適に着れることを考えてるため

スポーツでの性能は考えていない

ということです。

 

それじゃ、どんなインナーがいいの?

ということですが僕が雪山に行くとき

使用している肌着を紹介しておきます。

 

僕が使っている肌着はジオライン

こちらの肌着ですがあの登山で有名な

モンベルが制作している商品ですね。

 

つまり山登り特に冬山を登る人は、

ヒートテックを着ているというのは

かなり素人感を丸出しだということ。

いまは山登りの話はしていませんがw

 

今年の冬はアウターだけに捕らわれず

肌着のことも考えてみませんか?

意外と奥深い肌着の世界があるかもです!