スノーボードで大切になるモノといえばゴーグル。ゴーグルは目を保護するために必ず装着しましょう。雪面は紫外線等が乱反射します。属にいう『雪目』という症状になることもあるので、常時装着することをおすすめします。

 

『雪目』とは光がまぶしくて見づらくなったり、光が強いところでは目が痛くなる症状のことを言います。また、こけたときに顔面強打しても目が保護されますね。ゴーグルは装着しておきましょう。

 

おでこに掛けておくだけはNGです!実は、それがゴーグルを曇らせている原因でもあります。曇らないゴーグルというのはありませんが、曇らせづらい使い方というのはありますので!

 

ここではゴーグル選びの参考になればと思い、スノーボードゴーグルの人気ブランドと、その中でも最もおすすめできるゴーグルをPickUpしました!ぜひご参考にしてください♪

OAKLEY(オークリー)

スノーボードのゴーグルで、まず挙げるべきブランドはやっぱりOAKLEY(オークリー)ですね!スノーボードだけでなくて、スポーツサングラスといえばOAKLEY。それだけスポーツマンにはおなじみのブランドなことでしょう。

 

そのブランドだけあってやっぱり品質は申し分なく高いクオリティーを発揮してくれます!もちろんのこと、お値段もそれなりにしますね!安いモノで良いモノなんて知れていますので、こだわるのであればOAKLEYもおすすめします。その中でも注目するモデルがあります。

 

それは、AirBrake(エアブレイク)というモデルになります。OAKLEYのスノーボードゴーグルの中で最もグレードが高いシリーズです。何といってもレンズ交換の素早さ。フレームについているレバーをカチッと上に上げるだけでレンズの着脱が可能になっています。

 

非常にシンプルにレンズ交換ができるのでレンズ交換を考えている、その日の天気によってレンズを変えたい人にはおすすめです。1枚目のレンズが晴れようなら2枚目のレンズは悪天候用。もちろんこのモデルには、レンズが2枚付いているのでどんな天候でもこのゴーグルを買うことで対応できます。

 

 

このAirBrakeに関しては、ビックエア、スロープスタイルの世界大会で何度も優勝経験があり、現在もトップで活躍しているマーク・マクモリスも使用しているゴーグルです。世界で最も信頼されているゴーグルブランドのひとつと言って良いでしょう!

SMITH(スミス)

SMITH(スミス)といえば国内でも人気があるブランドではないでしょうか?スミスゴーグルの代表的な商品といえば、やっぱりI/Oシリーズですね!そのレンズのクオリティーはオークリーに見劣りしないレベルのモノがあります。

 

個人的にはスミスのI/Oシリーズの方が好みではあります。I/Oシリーズにはいくつかサイズが別れています。I/O・I/OX・I/O7の3種類になります。全てにペアレンズが付属しています。

 

そのため、全天候に対応できるため、別でペアレンズを買う必要がないのも良いですね!詳細については別記事にまとめていますので、そちらをご参照ください♪

DICE(ダイス)

DICE(ダイス)ですが、日本発のゴーグルブランドです。SWANS(スワンズ)というスキーゴーグルなどで有名なブランドの姉妹ブランドになります。国内初ブランドということで、日本人へのフィット感を優先しています。

 

レンズにおいても『ULTRA調光レンズ』という独自の技術を開発しています。これは1枚でナイターからピーカンまでカバーできる超ハイクオリティなレンズになります。ストレスレスなゴーグルと言って良いでしょう。

DRAGON(ドラゴン)

DRAGON(ドラゴン)といえば、『フォトクロミックレンズ』が有名ではないでしょうか?こちらは、先ほどのDICEと同じようなレンズのことです。製品的にはそれ程は大差ないように感じます。

 

そして特徴的なのはスウィフトロックテクノロジーです。これはカンタンにレンズ変更ができるシステムです。詳細に関しては、別記事でまとめていますので、そちらをご参照ください。

さいごに

スノーボードの人気ブランドということで紹介してきました。曇らないゴーグルも紹介したかったのですが、基本的にはどのゴーグルも使い方によっては曇ってしまいます。

 

しっかりと着用すること、使ったあとは自然乾燥させること。この2点を注意すれば曇りづらくなります。おでこにつけておくと、頭から発生する汗の素蒸気でレンズが曇りやすくなるので注意してくださいね。

ネットで買うときの注意事項とは?