スノボーの板は柔らかさ

「柔らかいボードは初心者に最適。」

「初心者にふさわしい板は柔らかい板」

 

これは大抵のショップ定員さんや

スノーボード雑誌に書かれていることで

初心者へのセオリーです。

 

僕はスノーボード歴は長いですが

スノーボードを始める友人には

柔らかい板を必ずおすすめしています。

 

柔らわかい⇒しなりやす⇒

板を操作しやすい

この法則が当てはまるからです。

どうしてスノボーの板は柔らか目がいいのか?

スノボーの板は柔らかさ

 

初心者には柔らか目なボードが

良いのは操作性がいいからです。

あくまでも初心者にとっては

操作性が良いということですね。

 

当たり前ですが初心者の場合は、

初心者はどこを動かせばいいか、

板がどのように動くのか

全く経験がない状態ですね。

 

基本動作を知っていても実際いきなり

操作することは難しいでしょう。

そこでふさわしいのが柔らかい板です。

 

柔らかいボードというのは滑りへの

影響が比較的軽く済みます。

 

つまり初心者が無理な態勢になった時、

ボードへ変な力が伝わりにくいという

ことが言えます。

 

しかしながら、硬いボートと比べたら

ということを忘れないで下さいね。

柔らかいボードでもコケますから!

初心者が硬めのボードではダメな理由とは?

スノボーの板は柔らかさ柔らかい板に比べるとある意味硬い板は

操作がかなり向上します。

なぜかというと力の伝達が早いため、

板の反応も早いということですね。

 

つまり初心者の人が硬い板に乗ると

急にボードが反応して体の対応が

全く追いつかない事態になります。

こうなるとあとは転倒する事しか

できないため危険になります。

柔らかさと滑りやさは比例?トリックはしやすい?

スノボーの板は柔らかさ

これらのことを踏まえて言えることは

初心者の場合は柔らかさと滑りやすさ

トリックは比例して行いやすいです。

 

しかしながらある程度滑り慣れた人

柔らかいボードが滑りやすいとは、

必ずしも言えることではないですね。

 

トリックに関してもプレス系トリックは

行いやすくてもボードの反発を利用する

トリックについてはとてもやりづらいと

いうことがいえます。

 

グラトリ族であったりジブを中心とした

スタイルの人には柔らかいボードが良い

という人が多いように思います。

 

さいごに。

初心者は柔らかめのボードを強く

おすすめします。

 

ボードが柔らかいことで基本的には

操作性や滑りやすさが向上します。

プレス系であればグラトリしやすく

グラトリ族には好まれていることが

多いですね。

 

初心者が購入する使用する初めの板は

柔らかいボードにしておきましょう。

 

関連記事

⇒グラトリ板のおすすめランキング/MEN’S

⇒ グラトリ板のおすすめランキング/WOMEN’s

⇒【必見】グラトリ板の選び方!

⇒【お得】型落ちを買うにはどのショップ?