スノボーのビンディングは3種類ある

ビンディングはブーツとの

相性がとても大切です。

 

そのため、ブーツが決まってから

選ぶのが鉄則だと知っていますか?

 

まだ、ブーツにが決まっていない方は

ブーツを選びましょう。

 

その理由としてはビンディングと相性が

良いブーツが自分の足に合わないことが

あるかもしれないからです。

 

ビンディングを先に買ったとします。

次にブーツを買おうとするわけですが、

ビンディングに相性がいいブーツを

買いますよね?

 

そのブーツが足に合わなければ、

足に合うブーツを買うことでしょう。

 

そうなると相性が良くないギア同士を

セッティングすることになるため、

それぞれの良さが最大限引き出せません。

 

それだけ重要なことなので覚えておいても

いいかもしれませんね。

 

ここではブーツに関することをまてとめて

解説していきます。じつはビンディングは

3種類あるということを知っていますか?

また、それぞれパーツに名称があるので、

合わせて覚えておくといいですね!

スノボーのビンディングパーツの名称は?

スノボーのビンディングは3種類ある
https://www.jsbc.jp/snowtown/customor/binding/

ビンディングは多くのパーツを

組み合わせることで作られています。

名称を知っておくことで

少しだけマニアックなスノボーの

話ができるでしょう。

 

またヒールカップがあるベースプレート

ですがFLUXというメーカーはその部分が

割れたりした場合は永久保証と唄っています。

 

私も購入して3年経過したビンディングの

ヒールカップが割れたことがありました。

 

購入ショップに持っていきFLUXに申請

してもらった新品ベースプレートが

送られてきたのは今でも覚えています。

 

それからフラックスのビンディングしか

使用していないのは言うまでもなりですね!

FLUXビンディングについては

こちらでまとめています。

フラックスにグラトリでおすすめなビンディングはあるの?

話がずれてしまいましたが

つぎはビンディング3種類について

見ていきましょう。

ストラップ型

スノボーのビンディングは3種類ある

このストラップ型がスノーボードで

とても多い種類になります。

基本的にはこのストラップ型の

ビンディングでいいでしょう。

ストラップ型の特徴、メリット、デメリット

  • 他の種類に比べて種類が多い
  • 種類が多いため好みのカラー、デザインが選べる
  • 流通量が多いためパーツの取替え修理がスムーズ
  • 初心者は、座ったまま装着するためお尻が冷える

リアエントリー型

%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc

近年、着脱が楽だということで、

このリアエントリー型

出てきています。

 

なんといってもストラップ型よりも

楽にブーツを固定できるのが

大きなメリットですね。

リアエントリー型の特徴、メリット、デメリット

  • ストラップ型のホールド感、ステップイン型の手軽さを兼ね備えたビンディング
  • 着脱がスムーズ
  • ブーツとの相性があるため確認が必要
  • 深雪一番乗りにもってこい
  • 立って装着するためお尻が濡れない

ステップイン

スノボーのビンディングは3種類ある

ステップインに関しては、

ハードブーツを使うときに使用します。

ストラップ型の特徴、メリット、デメリット

  • ストラップがなく、踏み込むだけで簡単に装着できる
  • ステップイン用のブーツを選び必要がある
  • ハイクアップ、室内ゲレンデなど、何度もボードを着脱するときに大変便利
  • トゥやヒールが雪面に近く、俊敏な切り替えができる

さいごに。

大きく分けてビンディングの

種類は3つあります。

 

しかし、それぞれの種類の中にも

沢山のメーカーがあります。

メーカーによっては用途別に

種類も別れていますね。

 

その細かな用途の解説は

こちらでまとめていますので、

参考にしてみてください。

グラトリ向きビンディング選び方は?ブーツとビンディングの相性を見てみよう!