今シーズンはじめてだいせんホワイトリゾートで滑ることができました。中国地方では昨シーズンにつづいてゲレンデの雪不足が続いています。今回のシーズン最強寒波のお陰で何とか雪が積もったようですね。

 

この寒波が来る前は奥美濃方面すら雪がない状態でした。今シーズンも昨シーズンにつづいてゲレンデには致命的です。やっとホームゲレンデで滑ることができて嬉しい!

だいせんホワイトリゾート

だいせんホワイトリゾート

だいせんホワイトリゾートとは鳥取県にあります。鳥取市側ではなくて西側にある米子方面にあります。米子といえば境港の松葉ガニ、水木しげるロード、皆生温泉などが有名ですね。

 

その南側にある大山にゲレンデがあります。大山の姿は富士山のような綺麗な形をしているので、別名「伯耆富士(ほうきふじ)」と呼ばれています。

 

中国地方では2番めに大きなゲレンデです。因みに1番大きいゲレンデは島根県になる瑞穂ハイランド。だいせんホワイトリゾートの特徴としては、ゲレンデから日本海が眺めれます。

 

弓ヶ浜海岸の曲線が綺麗に見えるロケーションが特徴的です。国立公園内にゲレンデがあるのですが、それは全国でも数えるほどでしょうか?

だいせんホワイトリゾートのコース、雪質は?

大山国際

大阪から東に住んでいる人は中国地方にゲレンデがあることを知らない人もいます。信越方面に住んでいる人は、西側でゲレンデがいくつもあることを聞くと驚く人がいるくらい雪が全く降らないイメージだそうです(笑)そのイメージは間違っていませんが、、、。この写真くらいは雪は降りますよ(笑)

 

まぁ、でも気温は高いことが多いのですね。ゲレンデの標高が1000メートルほど高さがありますが、雪質はあまり良くないことが多いです。ガリガリアイスバーンは当たり前で昼前には雪面は溶けて荒れ果てることもよくあることです。いや、それが西日本は普通ですね!

 

だいせんホワイトリゾートのコースについては、半日もあれば全てのコースを滑ることができるくらいの規模です。信越のようにロングで多彩とは言えません。しかし、他の中国地方のゲレンデでに比べるとかなり充実しています。

宿泊施設もしっかりある?

大山しろがね

気になる宿泊施設ですが、しっかりあります。さすがに前日予約はとまではいきませんが、2週間程度であれば比較的予約を取れるホテルや旅館が見つかるはずです。どの宿も徒歩でだいせんホワイトリゾートの入り口となるリフトまで歩いていけるでしょう。

 

宿街はそれほど大きくなく個人まりしています。宿によってはゲレンデ目の前の宿もありますね。恐らくスキー場の中にあるような気がします(笑)大山ビューハイツはゲレンデ徒歩0分ですね!国民宿舎なので料金もお手頃になります。

スノーボードパークは?

スノーボードパークもあります。JIB、キッカーがありますが、積雪が少ない時は出ていないことも・・・。ですが基本はディガーさんが頑張って配置してくれています。キッカーに関しては2017シーズンより設置位置が変わり、あまりいい感じではありません。あのスペースでは5mキッカーが限界でしょう。

2017-2018はセンター4リフトが運休か?

そして、最悪なことが囁かれています。それは、だいせんスキー場で最も標高が高い地点へ行けるセンター4というフード付きのリフトがシーズン通して運休する可能性が出てきています。

 

その理由としては、経営難とうことです。中国地方スキー連盟の元にセンター4リフトを運休するという連絡があったようで、運休する可能性は大いにありそうです。

 

そのため、初心者はまだ良いですが、上級者の利用者は減るでしょうね。なぜ?経営難になりつつあるのか?ということですが、来場者数が減ったことが一番の理由でしょう。

 

昨シーズンの暖冬のあおりをモロに喰らったようですね。それと、人口降雪機の導入も大きな痛手ではないでしょうか?あの増設機は空気通に霧状の水を放出して外気温で凍らせる機会です。あの設備投資もそこそこデカいはず。

さいごに。

だいせんホワイトリゾートは、どちらかと言えばファミリー層向けのゲレンデです。しかしながら、上級者も楽しめるコースもあります・・・あると思います。僕は何度も行っているので、、、。BCも気軽にアクセスできるポイントもいくつかありますよ。これからハイシーズンしっかり滑り倒しましょう!!