pilot_bigair_01

非常に残念なお知らせとなります。

以前、こちらの記事で大会断念か?っという記事を書いていました。

それが現実となったようです。

 

TOYOTA BIG AIR公式サイト
http://www.toyota-bigair.jp/

 

TOYOTA BIG AIR公式facebook
https://www.facebook.com/TOYOTABIGAIR

 

ホームページ等で正式に大会断念との知らせがきました。

しかし、北海道さっぽろ雪祭りでTOYOTA BIG AIRの予選として行われていた「白い恋人PARK AIR」。

 

自体は、イベントとして残るようですね。

日本で唯一の大きな国際大会がなくなることは、とても残念に思います。

日本スノーボード会における大きな損失となることは間違いないでしょう。

 

余談ですが、白い恋人PARK AIR 2015に友人が出場していました!!

ここで過去のTOYOTA BIG AIRを振り返ってみます。

TOYOTA BIG AIRとは??

TOYOTA BIG AIRとは、スノーボードでストレートジャンプを競う賞金大会です。

1997年から2014年まで札幌ドームで開催されました。

2011年の15回大会までは、屋外で行っていました。

 

そのため、天気の影響をモロに受けた年もあります。

2012年の16回大会からは、札幌ドームで行われました。

風や天候の影響を受けないため、アリーナ上に高さ36mのストレートジャンプキッカーを設置するようになります。

TOYOTA BIG AIRの賞金は??

賞金はドルで与えられます!!

 

賞金総額 10万ドル (約1230万円)

優勝 2万5000ドル (約300万円)

準優勝 1万3000ドル (約160万円)

3位-4位 9000ドル (約110万円)

5位-8位  5000ドル (約62万円)

9位-16位  3000ドル (約37万円)

 

国内では優勝賞金が最高金額でした。

スノーボードは日本ではマイナースポーツなので他のスポーツと比べると賞金は低いかもしれません。

国内大会は、優勝しても30万円程度の賞金が多いようです。

そのため、国内でプロスノーボーダーとして、スノーボードのみで生活することができるのはほんのひと握りですね。

過去の優勝者に日本人は??

日本では、スノーボードがマイナースポーツなので、海外選手に比べると劣る部分が多いです。

残念ながらTOYOTA BIG AIR史上で、日本人が優勝することなく大会が閉ざされました。

とても悲しいですね。

 

今の角野友基プロが出れば優勝狙えるのに・・・・。

角野友基プロとは??

 

今までの日本人選手の主な成績は、第2回大会で吉村成史、第12回大会で山本真丈がスーパーファイナルで3位に到達。

第17回大会では、日本勢歴代最高記録となるスーパーファイナル2位で、山根俊樹準優勝。

まとめ

TOYOTA BIG AIRは、2014年18回大会で幕を閉じました。

優勝賞金が300万円程度と国内最高賞金金額でした。

 

過去、日本人が優勝することはありませんでした。

海外勢が強すぎますね!!

関連記事

⇒ グラトリ板のおすすめランキング/WOMEN’s

⇒ スノーボードの通販サイト。型落ちを買うにはどのショップ?

⇒ グラトリブーツおすすめは??