平昌オリンピック

この記事を書いているのは、

リオオリンピック真っ只中です(笑)

 

オリンピックつながりで

記事を書いているのですが、

リオオリンピックも

結構ひどいことになっていますね。

 

強盗、窃盗、銃撃戦・・・

考えられない事件が起きています。

 

しかし、平昌オリンピックでも違う意味で考えられないことが。

もう、代替地を考えないといけないくらいのレベルでヤバイみたいです。

平昌オリンピックが中止になったときの代替地。

平昌オリンピック高速モノレール
建設中の鉄道が崩壊。

この平昌オリンピックが平昌で行えずに

中止した場合にどうしたらいいか。

代替地をあらかじめ決めておくことが必要になります。

実は候補に日本も検討されていたという情報があります。

 

冬季長野オリンピックを成功させた

という実績もあり、長野、札幌が候補に上がっていました。

が、結局のところは国際スキー連盟(FIS)が

オーストリアと定めています。

なんで代替地を定めたか。

これは、本当に平昌でオリンピックが中止される可能性があるからです。

万が一ってことではなく、ほんとうにありえる話。

 

15年2月の段階で、

ジャン・フランコ・カスパー会長が

会場の様子を見て唖然

 

15年12月中旬でアルペン競技場の

進捗率は53.7%。

五輪組織委が実施可能とみる

60%に達していないようですね。

 

どうやら周りの環境問題で

着工に1年の遅れがあった

ようです。

 

いまだ、韓国の組織員は

強気な姿勢でいるようですが、

それが続くのはいつまでことか。

 

ほんとうに、中止になれば

韓国が世界中に赤っ恥を

晒すことになりかねない。

という韓国国民の声も上がっているようです。

 

あるいみ2018年平昌オリンピックが楽しみです。

近所だから見に行きたいですけどね。

オーストリアになるってしまうと、、、

さすがに気軽に見に行けるところではないですもんね。