大麻

衝撃のニュースが飛び込んできました。

スノボー強化選手が大麻を吸って日本の協会から実質、除名となりました。

なんと、未成年。

アメリカ、コロラド州の合宿中の出来事だそうです。

パーティーに参加して友人からもらって吸ったとのことですね。

ざんねん!!コロラド州は確かに嗜好品として大麻合法ですが、21歳以上でないと違法になります。

今回の場合は、未成年なのでアウトです。

スノボー強化選手で大麻を吸ったのは誰??

誰が大麻を吸ったかは、協会側が未成年のため伏せています。

それは、伏せたほうがいいでしょう。
ネットでは、早速誰か探している記事がちらちらしています。

誰か正式に分かっていないのに誰だ!!という悪質な記事を書いている人もいるようです(笑)

笑ってしまいましたが、本当にそれはヤバイです。

著名なサイトで発信していますが、名誉毀損で訴えられたらサーバーが誰の契約で、住所はどこで・・・。

簡単に突き止められますよ。

情報発信している人は、そこらへん気をつけましょう。

マジで、やばいことになるから。

スノボー選手が吸った大麻って『悪』なのか?

日本では、コカイン、マリファナ、大麻・・・と一緒にして悪いと言っています。

しかし、コカイン、マリファナは医療用で所持、使用することは認められています。

末期がん患者の痛みを和らげるためです。

コカイン、マリファナは、依存性が高いため使用が医師の適切な指示のもと使用できます。

アメリカで大麻が合法な州があるのはなぜ??

なんで、アメリカの州のなかに大麻が合法な州があるか分かりますか??

それは、人体に対して殆ど害がないからです。

依存度は、たばこ、アルコールよりも低いとされています。

また、医療方面では大きな成果を出しています。

もちろん、ガンが和らぐ、治るという事例も医療学会で取り上げらています。

大麻は日本で禁止されているのか?

日本では、医療用ですら使用することが禁じられています。

なんで禁じられているか・・・・。

それは、日本が戦争に負けたことが大きな原因です。

戦前までの日本は、麻という植物と密接な関係を築いていました。

麻は1年で3メートルほどにも成長します。

さらに、とても強度が強いのでで建材にも使用され、調味料、紙、衣類・・・

多くの製品に使用されていました。

その製品の数、25,000種類以上

 

麻と密接な日本を見たGHQが法律で麻を禁じました。

それは、日本の麻産業を衰退させて、アメリカが築いた石油精製製品を根付かせるためです。

その思惑は思い通り、今の日本をみてみれば分かりますね。

要は、戦争勝利国であるアメリカが敗戦国である日本に対して、都合の良い様に仕向けたのです。

そのせいで、国家、国民を含めてアメリカの思惑通りにことが動いています。

大麻を禁止すことで日本のガン患者をクスリ漬け

大麻を強く日本が禁じている理由としては、ガン産業の利権問題でしょう。

日本のガン産業の市場は9兆円。

その金額は、今なお増え続けています。

もちろん、抗がん剤の新薬の多くがアメリカ企業のものです。

アメリカが稼いで豊かになるために、日本のがん患者が薬漬けにして、日本国から医療費として、金を搾取しているのは言うまでもありません。

 

大麻は、産業製品として大きな可能性があり、医療の面でも大きな可能性があります。

そろそろ気づき始めている人も多いようですが、僕らは情報操作されているという事実。

自分は大丈夫!!と思っている人も深く考えてくださいね・・・。