Nike(ナイキ/Nike Snowboarding)が、スノーボード業界へ参入したのは、まだ記憶に新しいと思います。

日本ではまだ始まったばかりで、これから期待をしていたところなんですが、、、、なぜか終わってしまいました。

長期に渡り巨額な投資をしてきたが、十分な利益を生み出せなかったようで、スケートボードでの事業拡大を目指すようです。

商品ラインナップとしては2014-2015が最終モデルとなるようです。

かろうじでなぜか、ゴーグルのみは今後も事業を展開していくとのこと。

 NIKE 最後のスノーボードMOVIE

NIKEは先日、ウェブ ムービー プロジェクト「EMERGENCE(エマージェンス)」の第1弾を発表したばかりです。

これがNIKEとして最後のムービーシリーズになるでしょう。

「Sage Kotsenburg(セージ・コッツェンバーグ)」

ソチオリンピックの男子スロープスタイルで見事優勝したセージのトークを交えながらの約3分間のフルムービーが公開されています。

NIKEのスノーボード事業参入の始まりは・・・・?

日本ではここ数年にNIKEがスノーボード業界に参入してきたように感じますが、そもそもは2000年にナイキのアウトドアブランド「Nike ACG」として参入しています。

当時、「チャックフリップ」や「ダブルバックフリップ」を唯一メイクできるライダーとしてハーフパイプのトップに君臨していた大物ライダー、マイク・マイケルチャックをチームに加えたメンバーでPR活動をしていました。

そして、横乗りメーカーとして当時有名であったCounter Culture(カウンターカルチャー)と提携して製造ラインを確保していました。

日本でも石川健二、福山正和、そして後にX-TRAIL JAM IN TOKYO DOMEでの活躍で一気にスターダムに駆け上がった鈴木 伯といったトップライダーを獲得したことが記憶にある人もいるのではないのでしょうか??

2002年に入るとトップ サーフ アパレル ブランドのHurley International(ハーレー インターナショナル)を買収しました。NIKEを横乗りの総合ブランドとして確立させようとしていたようですね。

しかし、その思惑通りには行かないでNike ACGは衰退していく一方でした。そんな中、コアなスノーボードメーカーが人気が出てきており、スノーボードバブル時代にNIKEのような総合ブランドは受け入れられなかったようですね。

 2008年には、バイク、サーフ、スノー、スケート、ウェイク、インラインの6つのシーンをサポートしているとして【NIKE6.0】として各事業に大きな投資をしています。images

アウターウェアラインにも力を入れました。

バンクーバーオリンピック銀メダリストのピートゥ・ピロイネン(Peetu Piiroinen)、ダニー・キャス(Danny Kass)、ホルダー・ヘルガソン(Halldor Helgason)らビッグネームを次々と獲得していきます。

更には、大会にも積極的に冠スポンサーとして看板を掲げ、プロモーション活動にも全力を注ぎました。

その結果もあってか、FacebookではBURTONの3倍以上のフォロワーがいました。

NIKE6.0は大いに成功しているように思いました。

NIKEは近年、巨額投資に失敗して撤退したケースがあります。

1989年頃にNIKEのマリンブランドAQUA GEAR」を展開するも3年後には完全撤退。

近年では、2011年にサーフ事業に参入して数々のビッグネームを獲得しましたが、2年後の2013年には撤退しています。

企業である限り、赤字事業は撤退しなければなりません。

そのため、不採算事業は例外なく中止していくのは仕方ないことですね。

スノーボード事業も例がではないようですね。

TOYOTA BIG AIRも同じことが言えますね。

NIKE 最後のスノーカタログ


▲左右の矢印でページめくり、中央をクリックすると全画面モード表示