スノーボードはいろいろな滑りのジャンルがあることから多彩なアイテムが販売されています。ここでは、その多彩な中からグラトリについて考えていきます。

 

グラトリブーツの選び方はある程度考えることが決まっています。基本的な考え方は、ジブにも同じことが言えます。ここでは、グラトリ向きのブーツを選ぶときに一般的に言われている硬さのことをまとめてみました!

グラトリのブーツは硬さで選ぶのか?

グラトリ向きのブーツを選ぶときには「ブーツの硬さ」を気にすることになります。グラトリに向きのブーツの硬さは『柔らか目』が間違いなくいいでしょう。

 

 

たとえば、硬いブーツの場合ちょっとした動きがボードの伝わりやすく思わない動きをすることがあります。つまり硬いブーツは板への力の伝達が早い、レスポンスがとても良いです。カービングなどには硬いブーツが向いています。

 

しかし、グラトリにおいてはなるべくルーズな反応をしてほしいですよね?先行動作やプレスの固定など足元はルーズな方がトリックが行いやすいことでしょう。そのため、柔らか目のブーツが良いと言われています。

 

柔らかいブーツであればなんでもいいのか?ということですが、そういったワケではありません。自分が行いたトリックにおいてブーツも若干変えていくのが理想となります。2パターンを見ていきましょう!

バター系でベタベタ攻めるなら超ソフトなブーツを!

グラトリにはバター系トリックとよばれるトリックがあります。板をバターナイフのように動かすことからきている呼び名です。ボードをスピンさせたり、プレスしたり、いろいろ繋げてトリックを続けたり、、、。

 

このバター系トリックですが、足元をルーズにしたいです。先行動作が多いことやプレスのときに足首が自由になった方が板のコントロールを行いやすいですからね。

 

ソフトなブーツということであれば、VANSのブーツがおすすめです。VANSといえばスケートボードの靴で有名なメーカーだと思います。まさにスノボー用のブーツにおいても「スケーターのように」という思いがあり、とても柔らかいブーツとなっています。おすすめこちらのブーツ。

Vans – Mantra Black Snowboard Boots

created by Rinker

あとはスノーボードブーツメーカーでもあるDEELUXEからこちらも紹介しておきます!

ミディアムフレックスのブーツでもあり!

グラトリオンリーであれば、ソフトなブーツをおすすめします。しかし。グラトリだけじゃなくてフリーランやキッカーも取り組んでみたいというオールラウンドの考えを持っているのであれば、絶対にミディアムフレックスのブーツをおすすめします。

 

キッカーは特にですが、柔らかいブーツだと着地のときに足首がぐにゃッとなり痛める可能性があります。痛めないにしても大きな衝撃があったときはとても負担になることが想像できますよね?

 

フリーランにおいても安定していないバーンを滑っているときにブーツが柔らかいと衝撃をモロに食らってバランスを崩すこともあります。そのため、ソフトなブーツよりもミディアムフレックスのブーツが良いです。

 

使っていればある程度、柔らかくなるんですが初めから柔らかいブーツはさらい柔らかくなるので、、、。ミディアムフレックスでおすすめブーツはこちらです。2つほど、ピックアップしてみました!

さいごに。

スノーボードのグラトリ向きのブーツは硬さで選ぶのか?ですが、そのとおり硬さで選びます。柔らか目のブーツが良いのはもちろんですが、ガッツリグラトリをやっていくのか?それともオールマイティにやっていくのか?で選ぶブーツの硬さも変わってきます。

 

自分がどれほどグラトリをやっていくのか考えてからブーツの硬さを決めていきましょう。ここではブーツの硬さに注目していますが、他にもブーツを見極める点があります。詳細については、こちらで書いているので合わせてお読みください。

この記事も読まれています。

グラトリ板おすすめランキング2018-19!最新人気板を調査!

011(ゼロワン)グラトリおすすめ板は?初心者はフラットキングやXFly?

フラックスでグラトリにおすすめビンディングは?DSやXFの評判は?

スキー場のバイトは超おすすめ!求人の探し方や人気先ランキングを調査!