出典:SURF&SNOW – ぐるなび

グラトリを初めたばかりの時に悩むことがあります。それは、ボードのセッティングです!具体的にいうと、スタンス(両足の幅)、アングルまたはスタンス角度(ビンディング角度)のことです。

 

初心者の中には、これをを全く気にせずに滑っている人がいます。そもそも、そんなこと知らないよ!っていう人も多いのではと思うこともありますが!

 

特に教えてもらわずに我流でやっている人の中によく見かけます。スタンス、アングルが違うだけでグラトリの上達も変わってきます。ここでしっかり知識を身につけて頂ければ幸いです!

 

そして、プロや女子に適しているセッティングから、身長に対してのセッティングも数値も見ていきましょう!

グラトリのアングル(角度)について

上記画像がなにか分かりますか?これは「ディスクプレート」というビンディングとボードを固定する部品になります。メーカーによって止め方や素材が異なったりしますが、このような見た目をしています。

 

そして、このディスクプレートで固定したときの傾きの角度のことをアングルと呼びます。右足、左足で細かく角度の調整を行えます。

 

アングルに関しては奥が深くて、どんな滑りをメインにするのか?キッカー・ジブ・グラトリ・カービングなどで傾き方を変えるのが一般的です。

 

グラトリのアングルには『ダックスタンス』と呼ばれるセッティングを基本とします。ダックとはアヒルという意味ですが、そのスタンスがアヒルの足のようなスタンスだ!ということから由来しています。

 

ダックスタンスですが、左右のアングルを同じ度数を外側に開く状態のことをいいます。両足のつま先部分が外側を向いた状態です。具体的な数値の例を挙げると、たとえば『6度、-6度』というアングルのセッティングのことを指します。

アングルの角度が違うと?

さらにアングルについて話を深めていきましょう!アングルの角度が違うと、どうのような変化が起きるのか知っているとセッティングするときいに想像しやすくなります。

 

両足アングルの角度が外側に開いていけば行くほど、先行動作を入れやすくなります。体が開いている分、先行動作が板に伝わる速度が遅くなり粘ることができますね。逆に、ターンのときには板を踏みずらくなる傾向があります。

 

グラトリのときには、絶対にしないセッティングですが、つま先がどちらも進行方向に向いているアングルはレースやカービングなどで使われます。このセッティングは板を踏みやすくとてもターンしやすいです。

 

話が逸れましたが、グラトリに向いているのはダックスタンスです。アングルに関しては『前足6~25°』『後足-3~20°』の間で組み合わせるのが一般的です。ダックスタンスであれば、『9°、-9°』がおすすめです。

 

しかし、自分の好みもあるのでいろいろと試行錯誤していくことで上達に繋がります。それがスノーボード、グラトリの一つの楽しみ方だとも思って頂けたら嬉しいです。それだけ追求すると本当に細かいことがありますのでw

グラトリに向ているスタンス幅は?

アングルの角度が決まると次に考えるべきことがあります。それは、スタンス幅です。スタンス幅とは、ビンディングを取り付ける位置をどうするか?ということです。

 

このスタンス幅ですが、かなり好みがあるのでいろいろとお試しすることをおすすめします。一般的にいわれていることは『だいたい肩幅くらいが良い』です。グラトリにおていは『肩幅より少し広めにすること』が多いです。

 

グラトリのスタンス幅は個人差がありますので、具体的な数値を挙げますが参考にして頂ければ、というぐらいで聞いておいてください。男性は58cm程度、女性は52cm程度と考えてもらえればと思います。

 

これは通常のスタンス幅よりも若干広めになります。肩幅より少し広めなイメージです。スタンス幅を広くとることで、どっしりと板を踏むことができるので安定感が増します。

 

さらに、スタイルが出しやすくなることやアンディー系、スピン系のトリックを行いやすくなる傾向があります。しかし、プレス系は若干やりずらく感じる人もいるようです。

 

そして、スタンス幅が広くなればなるほどオーリーがかけづらくなることは覚えておきましょう。このあたりは個人差があるところなので、滑りながら試していって自分に合ったスタンス幅を探していきましょう。

プロと身長170㎝や女子の参考数値は?

スノーボードにはプロという存在がいますが、グラトリでプロになれるわけではありません。スノーボードのプロというのは、全日本スキー連盟(SAJ)や日本スノーボード協会(JSBA)が定める大会で上位に進出するなどの条件を見えたせばライセンスが与えられます。

 

そのライセンスがいわゆるプロライセンスです。そのため、サッカーとか野球とかのプロとは違います。ライセンス制なのでスノボーダーとして滑りだけで生計建てている日本人は片手いれば良い方です。

 

・・・と、関係ないことですがwグラトリのプロはいないので、上手い人のスタンス幅やアングルを見ていきましょう!身長170㎝の方や女性にも参考になる人を選んでみました!

ショーン・ホワイト

出典:写真:Getty Images

身長:175㎝

スタンス幅:23インチ(58.42cm)

スタンス角度:前12度、後-3度

ジェレミー・ジョーンズ

出典:adventuresportsnetwork.com

身長:173㎝

スタンス幅:24.5インチ(62.23cm)

スタンス角度:前15度、後-9度

国母 和宏

身長:162㎝

スタンス幅:22インチ(55.88cm)

スタンス角度:前21度、後-15度

内山ミエ

身長:161㎝

スタンス幅:53㎝

スタンス角度:15、-6

Saechika

身長:170㎝

スタンス幅:50㎝

スタンス角度:6、-6

さいごに。

あれこれいってきましたが、結局は自分にしっくりくるスタンス幅、アングルを見つけないといけません。基本的な幅で試しに滑ってみて感覚を知ることから始まります。いろいろ試行錯誤しながらみんな見つけていくものなので、それを楽しみましょう!

この記事も読まれています。

ダブルキャンバーボードとは?メリットとデメリットは?おすすめ板を紹介!

グラトリ板の人気ランキングは?2018-19売れ筋の板をチェック!

011(ゼロワン)グラトリおすすめ板は?初心者はフラットキングやXFly?

グラトリ板おすすめランキング2018-19!最新人気板を調査!

グラトリのビンディングおすすめランキング2018-19最新版!