banner_Burton

バートンの板は

よくゲレンデで見かけますね。

 

さすが業界ナンバーワンだけあって

シェアは高いみたいですね。

 

そんなバートンですが、

グラトリにおすすめできる板が

あります。

 

しかし!最初に注意してもらいたい

ことがあります。

 

バートンは海外メーカーのため、

外国人向けに板が設計されています。

 

そのため、国産メーカーの

柔らかい板と比べると硬い。

 

しかし!

板はへたるものです。

使っていくうちに柔らかくなるので

心配ないでしょう。

 

どうしてもはじめが硬い板は嫌だ!!

という人には、

バートンの板はおすすめしません。

 

それでは、バートンのグラトリ板を

見ていきます。

バートンのグラトリ板で初心者におすすめはコレ!!

バートンのグラトリ板で

初心者におすすめといことですが、

ターンがスライドターンの

初心者が対象です。

Clash

burton-clash

Clash(クラッシュ)は、

グラトリ初心者におすすめする、

グラトリ板の1枚の中に

上げることができます。

 

ダブルキャンバーが主流の中、

ロッカーボードですが、

根強いファンがいるようです。

 

初めは硬いかなっと

感じる人もいるようですが、

使っていくうちに柔らかくなります。

 

なんか愛着がわきますね!!

 

若干、硬いだけあって、

オーリーの高さは国産の

グラトリ板に比べると高いですね。

 

しっかり板の反発を使って

オーリーができます。

 

また、ジブの入門編の板としても

おすすめできます。

グラトリ、ジブ向けの板ですね。

 

キッカーも飛ぶこともできますが、

他のバートンの板と比べると、

ロッカーなため安定感は落ちます。

 

しかし!全然キッカーが

飛べなくな困る・・・という

レベルではありません。

 

パークでなんでもこなす板と

言ってもいいでしょう。

スペック

形状:ロッカー

シェイプ:ディレクショナル(3~6mm)

テールに若干センターが寄っています。

サイズ:145 151 155 160W

Blunt(ブラント)

burton-blunt

Clashと同じロッカーボードです。

Clashとの違いですが、

シェイプに違いがあります。

 

ブラントの形状は、

ツインチップシェイプ。

 

ビンディングをつけると

左右対称の長さになります。

 

そのため左右対称、スイッチでも

メインスタンスと同じ感覚で

滑ることができます。

 

硬さもは、ソフトフレックスなので

低速で抜群の扱いやすさです。

 

グラトリよし、ジブよし、キッカーも

10m未満なら問題ない!!

という感じで使えます。

 

Clashと悩んでいるなら、

ディレクショナルと

ツインチップの違いで

選べばでしょう。

 

ディレクショナルとツインとは??

 

簡単にいうと

Clashのディレクショナルシェイプは

本当に初心者。

 

 ブラントのツインチップは

初心者から抜け出せそう!!

という感じです。

 

どちらもグラトリに向いている

おすすめする1枚ではあります。

スペック

形状:ロッカー

シェイプ:ツインチップ

サイズ:147 150 154 157 156w 159w 163w

関連記事

⇒ グラトリ板のランキング/MEN’S

⇒ グラトリ板のランキング/WOMEN’s

⇒ グラトリブーツおすすめは??

⇒ 型落ちを買うにはどのショップ?