BURTON(バートン)の板はよくゲレンデで見かけますね。さすが業界ナンバーワンだけあってシェアは高いみたいです。さすがスノーボードを開発したパイオニアですね!そんなバートンですが、グラトリにおすすめできる板があるのでしょうか?・・・ありますよ、もちろん!

 

しかし!最初に注意してもらいたいことがあります。BURTONは海外メーカーのため、外国人向けに板が設計されています。といっても、量販店で売られている板は海外ブランドが多いですけどね!

 

そのため、国産メーカーの板と比べると若干硬めというイメージがあります。しかし、板は使えば使う程、へたって柔らかくなります。使っていくうちに柔らかくなるので心配ないでしょう。

 

どうしても硬い板は嫌だ!!という人には、バートンの板はおすすめしませんがグラトリに向いている板であれば、そもそも柔らかい板なので心配は必要なと思います。それでは、バートンのグラトリ板を見ていきます。

グラトリ向きのBURTONおすすめ板を紹介する前に!

Burtonでグラトリに向いている板といえば、いくつかありますが代表的な板を紹介していきます!ロッカーボードやバブルキャンバーがグラトリには向いている考えましょう。

 

ただし、ロッカーボードはグラトリはプレス系が好きな人、もしくは初心者の方おすすめです。ダブルキャンバーに関しては、弾く系のトリックに取り組む人、オールマイティにこなしたい人におすすめします。

 

グラトリにおすすめできると一言に言っても、自分のやりたいことやレベルによって選ぶ板が変わってきますので、今一度、自分がどんな滑りをしたいか確かめておきましょう!それじゃ、板の紹介していきます!

Clash(クラッシュ)

Clash(クラッシュ)は、グラトリ初心者におすすめする、グラトリ板の1枚の中に上げることができます。ダブルキャンバーが主流の中、ロッカーボードですが、根強いファンがいるようです。初めは硬いかなっと感じる人もいるようですが、使っていくうちに柔らかくなります。なんか愛着がわきますね!!

 

若干、硬いだけあって、オーリーの高さは国産のグラトリ板に比べると高いですね。しっかり板の反発を使ってオーリーができます。また、ジブの入門編の板としてもおすすめできます。グラトリ、ジブ向けの板ですね。

 

キッカーも飛ぶこともできますが、他のバートンの板と比べるとロッカーなため安定感は落ちます。しかし!全然キッカーが飛べなくな困る・・・というレベルではありません。パークでなんでもこなす板と言ってもいいでしょう。

 

・・・とここまで説明しておいてですが、このClashは今では廃盤となっているために、型落ちで入手するしかできなボードとなっています!そのため、ほしい人で見かけたら即買いおすすめします!これまでBurtonでロッカーと言えばこの板だったのでご紹介しました!

Descendant

そして次に紹介していくのがDescendant(ディケンダント)です。こちらの板ですが、とても安価な価格帯でスノーボードビギナーにもおすすめしています。板のフレックスは柔らかめでとても操作性がいいです。形状はピュアポップキャンバーでロッカーよりもおすすめできますね。

 

シェイプはツインチップということで左右対称なボードです。オーソドックスなスペックということがいえるでしょう。このモデルは長年リリースされているのでそのクオリティは問題ないですね!グラトリもキッカーも難なくこなすことができるでしょう。

 

ただし、高速で滑る際には板が柔らかい分、暴れる可能性が高いため向いていないと言えますが滑れないことはないです。すべてを完ぺきに満たせる板はありませんので、自分の中で譲れないポイントを考えて選べばいいでしょう。

Name Dropper

Name Dropper(ネームドロッパー)ですが、こちらもグラトリにおすすめになります。こちらもピュアポップキャンバーということでグラトリしやすい形状であることは間違いないです。

 

試乗会でBurtonの板は殆ど乗ったことがあるのですが、プレスとスライド系のグラトリはこの NameDropperが最もやりやすかったです。スライドターンが安定してできている初心者が次に買う板としてもおすすめできる感じです!

Process

Process(プロセス)はオールラウンドボードです。軽量化とポップさが昨シーズンよりも強化されています。フリースタイルの遊びやすさと地形を問わず発揮される高い機能性が高いボードです。

 

フレックスも柔らか目ということでグラトリにもおすすめです。ピュアポップキャンバーで扱いやすさもあります。個人的には、今回紹介する中で最も好きな板ですね!

Paramount

 

Paramount(パラマウント)は反発も良く安定性の高いアークライドからオールラウンド使うことができる板です。ボードのウエストが少し太めの設定になっていることから滑走時に安定感があります。

 

オーリー、ノーリーのときに板を安定させやすいメリットありますね。パークからフリーランまで安定して使える板です。

 

こちらの形状はキャンバーのために、これまで紹介したピュアポップキャンパーよりもエッジの引っ掛かりはあります。グラトリで板の反発を重視する人にはおすすめの1枚となります。

さいごに。

ここまで4種類(Clash除く)を紹介していきました。僕がBurtonの中でも最もグラトリにおすすめするのは、Name Dropperです。しっかりと板の反発が欲しい場合は間違いなくParamountを選びます!

 

Burton以外にもグラトリに向いているボードはたくさんあるので吟味してみてくださいね!

この記事も読まれています。

011(ゼロワン)グラトリおすすめ板は?初心者はフラットキングやXFly?

グラトリ板でFLOWでおすすめはVERVE?評判は?フローを完全解説!

Salomon(サロモン)グラトリ板は?Craft(クラフト)やvillain(ヴィレイン)の評価は?

WWW(K2)グラトリ板として最適!2018-19モデルや型落ち激安板は?

グラトリガールズにおすすめ板やサイズは?安くてお得なボードは?